FC2ブログ

重単5175(FC2版)

ED75,DD51中心の鉄道写真&鉄道模型 &たまにネコ

N-Gauge KATO E6系新幹線 併結運転開始/グリーン車座席は青??

Posted by Toyohara Yamato on   0 

こんにちは。
今日はNゲージ鉄道模型、入線したての東北、秋田新幹線E6系”こまち”車両の整備内容をもう少し書きたいと思います。E5系との併結試運転も始めています。

2105DSC_8957.jpg
KATOの10-1566,1567 製品はよく出来ていると思いますが、1点これはおかしいと思ったのが写真の11号車=グリーン車です。どうして座席が真っ青になっちゃったんだろう?
VG券(ビューカードのグリーン車利用券)を使って乗ったことがありますが青じゃなかった筈、実車の室内はブラウン系でしょ??

2105DSC_8960.jpg
早速対応です。白色系をスプレー塗装の上、TAMIYAのエナメルXF-57”バフ”を筆塗り塗装しました。単色で表現するならこんなイメージかなー?485系などでやった座席シール再現も..とも思ったのですが、先頭の座席、背もたれの上の方しか無いんですよね。ライトスイッチ(DCCではライト制御基板)が入る出っ張りがあるので。ここの処理をどうしよう?
DCCライト基板は定番のFL-12 最近標準の最初からハンダ付け対応です。不慮の焼損事故が起きないように..

2105DSC_8972.jpg
ライトのOn/Offは通常テンキーの”0”ボタンで制御しますが、E5系との併結部は”3”ボタンで制御するようにプログラミングしました。これで1,17号車は点灯、10,11号車は消灯という併結運転時のライト状態が再現できます。具体的にはCV64="00"→"01"へ設定変更です。E5系の10号車も同じようにプログラムしなおしました。

2105DSC_8967.jpg
電動車はEM-13基板を挿し込むだけのお手軽仕様ですが、、
E5系とE6系、実車に合わせて編成を組むとDCC基板が左右逆、互いに逆方向へ走り出してしまいます。これもプログラミングにより方向を合わせています。E5系のCV29=”38”に対しE6系は”39”これで同方向に走ってくれます。
DCCアドレスは”1628”(電動車E628→”イー628”)E5系と同じく設定しました(笑)。FL-12ライト基板も同地アドレス、CV29の設定を変えて前照灯、尾灯、進行方向に合わせて正しく点灯するようにしています。

2105DSC_8976.jpg
前回書いた低速域での室内灯チラつき対策は、透明で見えにくいですが矢印の部分に両面テープを貼って、集電銅板を床下パーツに接着固定してみました。これが一定の効果を上げる模様、高速域走行にも支障は無さそうです。
通常の車両に付いているウェイトが一切なし、車体が軽いわけですよねー。
中央部の窪みにウェイトを入れたら坂で空転したので、今は取り外しています。
チラつき対策として完全では無いですが、ウェイト増をやれない以上これで一杯かなー。

2105DSC_8987.jpg
だいたいの整備を終えてE5系との併結運転も開始です。次回書きますがこの連結面をちょっと細工していたりして(笑)。

Ameblo版へE5系+E6系の低速域併結試運転動画を載せています。
↑リンクになっています。ご覧いただければ幸いです。

東北新幹線”はやぶさ、こまち”大宮-東京間はこの位の速度かな?、E5系が前ですから上り列車設定です。E6系の室内灯チラつきは収まっているかと。

連結面ライトを消灯した上で、E5系のDCCアドレス”1525”にE6系の”1628”をMU=載せるような形で重連総括制御、のような運転です。
今回はここまで、もう少し弄りつつ高速試運転も行っています。どうやら併結でも実速度換算の”爆走”行けそうです(笑)。この話は次の機会に..

最後までご覧いただきありがとうございました。

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ Blog村へ
 
鉄道コム 鉄道.comへ   
関連記事
スポンサーサイト



Toyohara Yamato

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。