fc2ブログ

重単5175(FC2版)

ED75,DD51中心の鉄道写真&鉄道模型 &たまにネコ

ED75 764 [機番シリーズNo.150-1]

Posted by Toyohara Yamato on   0 

いつも”重単5175”をご訪問頂きありがとうございます。
今日はED75機番シリーズNo.150、764号機その1です。機番シリーズ記事150機目を迎えました😁。700番台後期形の1両、色々活躍の姿が見られました。

ED75 764[秋] 1975年落成[東芝] 
国鉄時代はずっと秋田所属で活躍し、国鉄民営化ではJR東日本へ継承されました。

199108[N126-01]四ツ小屋1001
最初の撮影はいきなり花形運用、”寝台特急あけぼの”の先頭、24系寝台車を引き連れてやって来ました。左奥にすれ違ったキハ40系首都圏色の顔がチラっと写っています。
1991/08 奥羽本線(以下同様) 四ツ小屋-秋田 1001レ 

199206[N162-02]鶴ヶ坂637
陽の長い時期、12系2000番台の客レを牽引です。車掌室を編成内側へ持って行くため?のよく見られたオハフ逆向き連結、青森の行先表示がカマ次位に来ました。ずっと秋田所属なんですがこの時区名札が入っていなかった..???
1992/06 大釈迦-鶴ヶ坂 637レ

199209[N168-05]鶴ヶ坂621
霧の中をやって来た朝一番の下り列車です。秋口など朝は真っ白って多かった記憶があります。どうやって撮影したか覚えていませんが、雰囲気は雰囲気かな?
1992/09 大釈迦-鶴ヶ坂 621レ

199211[N175-12]鶴ヶ坂626
秋深まった朝、50系の普通客車列車を牽引して来ます。この機関車も高圧碍子が白くなったり緑に戻ったりしていました😁。
1992/11 鶴ヶ坂-大釈迦 626レ

199703[B0125S-07]前山5684
奥羽本線客レが廃止になった後も秋田所属でなかなか撮影の機会が無かったんですが、4年ぶりに姿を見ることができました。硫酸タキ5750を中心に組成された貨物列車です。ドン曇りの殺風景でしたが、銀色のパンタグラフが存在感でした。
1997/03 鷹ノ巣-前山 5684レ

199706[B0176-12]森岳5684
あけぼのが新津経由、EF81牽引に変わってから、硫酸貨物列車撮影には随分行きました。小ぶりの黒タキロング編成は魅力的でした。

199706[B0177-02]森岳5684
同じ列車を振り向きざまにもう1発、画面下の沼では名物じゅんさい栽培がおこなわれていたと思います。前4両はタキ29300とタキ5750若番が2両づつでした。
1997/06 北金岡-森岳 5684レ (2枚とも)

199707[B0193-05]八郎潟5674
緑の絨毯の中を行きます。奥の方には八郎潟に寒風山を望む..逆光なんですけどこういう雰囲気 好きでした。
1997/07 鯉川-八郎潟 5684レ

199707[B0197S-12]鯉川5684
記事後半は硫酸貨物オンパレードです。この場所も好きなポイントでした。晴れ渡った青空を入れてワイドに撮影していました。

199707[B0199S-01]鯉川5684
振り向きざまの流しです。架線柱の位置が..😅、なんですが、銀パンの秋田車、良かったです。
1997/07 鹿渡-鯉川 5684レ (2枚とも)

199707[B0199S-08]大久保5684
羽後飯塚の駅で長時間停車があったので、その先でもう1度撮影です。夕方の光線になっていました。上2枚と同じ日の撮影、鯉川の撮影では開いていなかった乗務員室ドアが開けっぱなしで走っています。機関士さん暑かった..?😁。
1997/07 羽後飯塚-大久保 5684レ

秋田所属時代の写真はここまでです。転属後の写真は次回に...

最後までご覧いただきありがとうございました。

鉄道模型記事についてはAmebloの方へUpとさせていただきます。
Ameblo版も合わせてご覧いただければ幸いです。

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 写真ブログ 鉄道風景写真へ にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ Blog村へ
 
鉄道コム 鉄道.comへ    

スポンサーサイト



35年前 乗り放題切符で初の北東北撮影行

Posted by Toyohara Yamato on   0 

いつも”重単5175”をご訪問頂きありがとうございます。
今日は35年前の今頃の写真をUpしてみたいと思います。国鉄民営化でJRが発足してまもなく、初めて白河を越えて北東北まで足を延ばし列車撮影に行った時のものです。ナナゴーは”機番シリーズ”でUpしていますのでそれ以外の写真中心で行きたいと思います。特記以外撮影は全て1987年5月 東北本線です。

2205DSC_0166.jpg
最初に切符の話です。JR東日本創立記念ということで格安の乗り放題 EE切符が発売され利用していました。逆にこれがあったから”遠出”出来たんだと思います。立派な冊子、切符に見えませんね。

2205DSC_0168.jpg
切符本体は冊子末尾に挟み込む形、新幹線も含めJR東日本乗り放題で破格の10000円、お得感満載でした。

2205DSC_0167.jpg
その後長く発売されたウィークエンドフリー切符や3連休パスの走りだったと思います。どこへ行ってもオーケーの行き当たりばったりを楽しめる切符は良かった、気まぐれテッチャン撮影行には最適でした。なお、今年10月にJR東日本パスの発売があるようですね。久々の全線乗り放題切符、再び定着するといいな~。

198705[N019-02]福島マヤ34A
当時は贅沢に思えた新幹線乗車で福島へ降り立ちました。いきなりレア車両とご対面、高速軌道試験車マヤ34でした。

198705[N019-05]越河522M
普通列車で初の越河へ、築堤を行く455系です。堂々の9連ですが、急行?ではなく普通列車です。グリーンライナー化が進んでいましたが、あずき色の”急行色”も残っていました。
越河-貝田 522M

198705[N019-10]越河試9aaa
福島で見たと思われる”マヤ検”、ED75 740が牽引して来ました。貝田-越河 列番不詳

198705[N019-12]一ノ関333D
越河の撮影を終えて普通列車、新幹線と乗り継いで一ノ関へ。キハ28,58系と50系の普通列車が”縦列”で停まっていました。キハの方は大船渡線の列車、先頭はキハ28 501と読めます。パノラマウィンドウのキハ28はレアだったと思います。JRのシールが貼られた以外は国鉄のまま でした。自分は奥に停まっている東北本線普通へ、初の50系乗車だったと思います。
一ノ関駅 333D/1535レ

198705[N019-24]盛岡1947D
初の50系”客レ”を楽しんで盛岡へ、花輪線のキハ52 147と対面です。白い”髭”が生えていましたが年季を感じる車両でした。 盛岡駅 1947D

198705[N019-25]盛岡3013M
田沢湖線の特急”たざわ”、オリジナルの485系でした。何もかも初撮影(そりゃそうですが..笑)、新鮮でした。 盛岡駅 3013M

198705[N019-26]盛岡
2日目の朝、DE15 1525が50系6連、12系2000番台4連を牽引して入って来ました。客レ2本分をまとめて駅まで持ってきた入換列車でしょうね。ナンバープレート有のDE15でした。
この後花輪線へ入る始発乗車で好摩へ向かっています。

198705[N020-08]好摩3065
好摩ではどんどんやって来るナナゴーを中心に撮影しています。”ED75機番シリーズ”記事で最初の撮影が1987/05っていうのが多いんですが、この撮影行では越河も含め、実に26両のナナゴー初撮影を果たしています。一ノ関以北は普通列車もナナゴー牽引だったもありますが、JR化後全171両のうち26両を2日間で は凄かったかも..😁。写真もその1例、ED75 1002です。好摩-岩手川口 3065レ

ED75 1002 [機番シリーズNo.123]


198705[N020-12]好摩1003M
盛岡以北の運転になっていた特急はつかり、583系も定期列車が結構あったようです。JNRマークもしっかり残っていました。 好摩-岩手川口 1003M

198705[N020-10]好摩9aaaM
これもゴッパーサンですが”青春”?? JR東日本創立記念列車とのメモがありますが、詳細不明です。岩手川口-好摩

198705[N020-17]好摩3928D
好摩は花輪線との分岐駅、少し歩いて行けば花輪線列車も撮影出来ます。キハ28/58国鉄色の3連、まだまだ国鉄が色濃く残っていました。花輪線 東大更-好摩 3928D

[N020-E]8705_盛岡1539
2日間の撮影を終えての帰りがけに盛岡で撮影したED75 716です。この機番も初撮影でしたが、94年に事故廃車になってしまい、2回しか撮影出来なかった機関車です。盛岡駅 1539レ

ED75 716[機番シリーズ017]


写真の質は兎も角、ナナゴー中心に多くの車両に出会えホクホクで帰りの新幹線に乗車しました。この後何度となく通うことになる北東北撮影行の始まりでした。あれから丁度35年です。

最後までご覧いただきありがとうございました。

鉄道模型記事についてはAmebloの方へUpとさせていただきます。
Ameblo版も合わせてご覧いただければ幸いです。

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 写真ブログ 鉄道風景写真へ にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ Blog村へ
 
鉄道コム 鉄道.comへ    

ED75 146 [機番シリーズNo.149]

Posted by Toyohara Yamato on   0 

いつも”重単5175”をご訪問頂きありがとうございます。
今日はED75機番シリーズの第149回 146号機です。撮影機会は少なかったですが、客レの牽引に活躍した姿を捉えていました。

ED75 146 [福]→[長]→[盛] 1968年落成[三菱] →[青] 1974~ →[盛] 1975~ →[青] 1978~ →[盛] 1982~ →[青] 1986~
国鉄時代は方々を転々とした機関車でした。落成した1968年には福島、長町、盛岡と2度も所属が変わっていたようです。その後も盛岡/青森 所属がコロコロ変わって国鉄民営化を迎え、JR東日本へ継承されます。

198904[N039-09]平泉1528
50系客レを牽引する姿を流していたのが最初の撮影でした。 の区名札が入っています。銀パンの綺麗な姿でした。
1989/04 東北本線(以下同様) 前沢-平泉 1528レ

199011[N095-07]平泉1522
146号機を捉えた写真は殆ど50系の客レですが😅、唯一の上り列車です。KE77開放栓受撤去跡がある、一般形(101~160号機)の標準的な姿です。
1990/11 前沢-平泉 1522レ

199011[N095-10]平泉1533
上の写真と同じ日、一ノ関から折返し下り客レを牽引して行きます。下り方も標準スタイル、端正な顔立ちだったように思います。
1990/11 平泉-前沢 1533レ

199206[N160-11]平泉1529
この時もピカピカの姿で50系客車を牽引して来ました。後述しますが全検出場から日が浅かったようです。見にくいですが高圧碍子に薄く緑が入っています。
1992/06 平泉-前沢 1529レ

199301[N221-07]奥中山533
降りしきる雪の中を撮影し、奥中山駅に戻った時の撮影です。暖かい待合室でレンズが曇っちゃったんですが..😅、唯一盛岡以北での撮影、この列車に乗車だったと思います。
1993/01 奥中山駅 531レ

199307[N221-07]平泉1523
期待に反し天気がイマイチだったので跨線橋から撮影していました。朝の50系7連はロングです。スカート右端に黒いジャンパ栓、客車のドア開閉信号を伝達するKE85Hが増設されていました。
1993/07 平泉-前沢 1523レ

199307[N221-16]盛岡531
上と同じ日、撮影を終えて盛岡へ..朝の客レを牽引した146号機が今度は盛岡から北へ向かう客レの先頭にスタンバイしていました。唯一の12系2000番台牽引の姿、この後乗車した列車です。これが最後の撮影になりました。
1993/07 盛岡駅 531レ

199307[N221-16]盛岡531tr
146号機は1995年に廃車になっています。写真は上の拡大です。”4-6 土崎工”の全検表記が見られます。これから4枚目が全検上がりたての姿だったことが確認されます。平成4=1992年ですから全検から3年で廃車になってしまったことになります。綺麗な車体でしたしKE85H増設など手を加えられていたのに勿体ないですね~。

146~160号機迄はJR東日本継承で、客レの縮小に伴い早期に廃車になっています。1番違いの145号機はJR貨物継承で2003年迄活躍..民営化で継承された会社の差で運命が違ったな と思います。

客レばかりでしたが、活躍の姿を記録できていました。
75kiban149_146.jpg
機番表です。白抜きの機番はUp済です。サイドメニューのCATEGORY”ED75機番シリーズ”をクリックいただくとこれまでの記事が一覧表示されます。

以上ED75 146 機番シリーズNo.149、最後までご覧いただきありがとうございました。

鉄道模型記事についてはAmebloの方へUpとさせていただきます。
Ameblo版も合わせてご覧いただければ幸いです。

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 写真ブログ 鉄道風景写真へ にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ Blog村へ
 
鉄道コム 鉄道.comへ    

男鹿線のDD重連は難しかった..

Posted by Toyohara Yamato on   0 

いつも”重単5175”をご訪問頂きありがとうございます。
今日は撮り鉄ネタ、暫く出て来ていないDD51を中心にUpします。撮影は1997年5月、丁度25年前の男鹿線です。

199705[B0164S-10]脇本5185
夏場の男鹿線で撮りたかったのがこれ、DD51重連牽引の硫酸貨物列車です。タキ5750を中心に組成されていました。デーデー重連にタンク車20両は非常に魅力的、しかし難しい列車でした。朝5:30前の通過、陽も直接当たらない条件です。ちょっと曇ったら真っ暗け~😅。しかし編成乗せるならこの場所 と思ったので何度もトライして、ようやく晴れ条件を掴んで”よし、編成乗った~” と思ったら最後尾にガソリンタンク1両増結でした(沈)。

199705[B0165S-07]脇本5185
広角側のアングルは乗りましたが、1両増結が無ければな~。でも黒タキ長編成は良かったです。DD51 1182DD51 793牽引、客レ廃止と共に秋田のDD51も廃車となり、東新潟のデーデーが担当していました。
もう1つ困ったのが旅客始発前の通過で、歩きテッチャンには足がありません。男鹿の駅前ホテル(随分お世話になりました)から前日にタクシーを頼んでおくか、歩くしかない..陽の長い夏場限定のこの勇姿を撮りたいと頑張っていました。羽立の駅近くまでは男鹿から歩いても大したことは無かったですが、脇本側のこのポイントは峠を越える道程でキツかった記憶があります。
脇本-羽立 5185レ (2枚とも)

199705[B0164S-11]脇本単5180
男鹿まで重連で硫酸貨物を牽引して行ったデーデーのうち、1両は早々に単機で秋田へ帰って行きます。DD51 1182が水鏡になりました。
羽立-脇本 単5180レ

199705[B0164S-12]脇本1122D
客レ時代は50系8連で運転されていた列車、キハ40/48の7連に変わっていました。編成中間に運転台が4箇所、これはこれで迫力です。
羽立-脇本 1122D

199705[B0166V-03]脇本5180
ガソリンタンク貨物列車運転もありました。平日限定ですがこの日は会社の創立記念日だったのでやって来ます。DD51 793[東新]がタキ9900×7を牽引します。硫酸貨物もこの位の時間に通過してくれれば楽だったんだけどな~(笑)。
羽立-脇本 5180レ

199705[231S-29]峠下Bus停
撮影ポイント近くのバス停です。脇本の駅までも遠いのでバスの時間が合えば乗車していたと思います。男鹿線の線路がすぐ脇です。

199705[B0166V-07]脇本5180
貨物列車は脇本止まり、駅へ戻るとDD51は切り離され、荷役が行われていました。

199705[B0166V-07]脇本5180tr
貨車の拡大写真です。タキ▲19992タキ▲19935です。全車じゃないんですが車番の前に矢印が付いている貨車があります。何を意味するんだろう?が分かっていません。

199705[231S-30]羽立1132D
脇本から1駅普通列車乗車で羽立側へ、別の撮影ポイントに構えます。キハ40の普通列車が通過、この色もありました。
羽立-脇本 1132D

199705[B0166V-16]羽立5181
脇本で荷下ろししたタンク貨物が男鹿へと帰って行きます。再びDD51 793牽引、機回しして連結されたんでしょうね。昼前の通過でした。これで男鹿線の撮影は終了、別のポイントへと向かいました。
脇本-羽立 5181レ
 
客レは引退していましたが、いい天気で朝早くから楽しめました。

最後までご覧いただきありがとうございました。

鉄道模型記事についてはAmebloの方へUpとさせていただきます。
Ameblo版も合わせてご覧いただければ幸いです。

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 写真ブログ 鉄道風景写真へ にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ Blog村へ
 
鉄道コム 鉄道.comへ    

ED75 108 [機番シリーズNo.148-2]

Posted by Toyohara Yamato on   0 

いつも”重単5175”をご訪問頂きありがとうございます。
今日はED75機番シリーズNo.148 108号機の後半です。最後までオリジナルの国鉄色で貨物列車牽引に活躍しました。

199912[245-15]奥中山単5261
雪降りしきる中、108+89号機の重単が行きます。寒い東北を元気に走ったナナゴーらしいアングルと思います。列車待ちの自分も寒かったですが..😅。
1999/12 東北本線(以下同様) 奥中山-小繋 単5261レ

200003[B0588-08]小繋2053
これも雪景色ですが3月下旬の撮影です。冬シーズン最後の湿雪、ケーブルやエアホースに均等に貼りついていました(笑)。
2000/03 小繋駅 2053レ

200010[B0679-02]越河単5660
曜日指定の重単を見越して、柿の木をメインに後追いアングルを作っていました。国鉄色の重連で揃ってGood、118+108号機です。この頃は両機とも[仙貨]、仙台総合鉄道部の所属になっていました。
2000/10 白石ー越河 単5660レ

200010[B0683-09]黒磯5172_4056
先に到着した108号機が後から来た僚機1005号機と顔を合わせました。車扱/高速の違いはありますがどちらも貨物列車です。1005号機の方が先に切離され、引き上げて行きます。

200010[B0683-11]黒磯5172_4056
機関車交代でEF66 119が連結されます。直流機も入換運転~連結迄は片パン運転でした。この後パンタ上昇、先にEF66牽引のコンテナ貨物が発車して行きます。交交、交直の並びが見られました。このアングルは停位置やコンテナの積載状況が日替わりでボツコマの方が圧倒的に多かったんですが..😅。

200010[B0684-02]黒磯5172
その後入換信号が進行現示 ED75 108が切り離されました。今や懐かしい黒磯駅の交直機関車交換のリズムです。108号機はパンタ集電舟の先端が白塗装、これもあまり見なかった姿のように思います。
2000/10 黒磯駅 5172レ (ED75 1005~EF66 119は4056レ)

200105[260-22]東白石3051
前にUpしているかも知れませんが..陽の長い今頃の季節、朝5時台の貨物列車です。朝の光線で蔵王連山をバックに撮ってました。
2001/05 東白石-北白川 3051レ

200107[264-22]白坂5175
その後何らかの整備がなされたんだと思います。車扱貨物列車を牽引して来る108号機ですが、パンタ集電舟の先は標準の赤(オレンジ?)になっていましたが、気になったのはKE77ジャンパ開放栓受がグレーに塗られてる?最初光の加減?とも思ったのですが、別アングルのもう1枚もグレーに見えますしケーブルの根元は赤、こういう姿もあったんだ~(笑)。
2001/07 白坂駅付近 5175レ

200209[B1049-05]小繋5260
108号機先頭の重連でワムハチ貨物列車を牽引して峠道を行きます。秋が近く光線状態がギリギリでした😁。ワムハチは写真のようにワム28000台も38000台も屋根が真っ白じゃなかったんですよね~。鉄道模型でKATO新製品を導入予定ですが屋根の色表現が気になっています😅。
2002/09 小鳥谷-小繋 5260レ

200303[B1138-12]金谷川4085
108+98の重連が吾妻連峰の麓を行きます。シロガマも増えていましたが、東北へ行けばナナゴー重連の姿に出会えた..今思うといい時代でした。
2003/03 松川-金谷川 4085レ

200308[316-19]小川原3094
オリジナル国鉄色で揃った重連、ほぼコンテナ満載の貨物列車を牽引です。線形に特徴があった小川原で撮影していました。奥の方に駅の跨線橋が見えてますが、ポイントまで歩くと結構あるんですよね~(笑)。
2003/08 小川原-三沢 3094レ

200311[B1196-11]黒磯4086
雨模様で沿線撮影を諦め早めに黒磯へ..で撮影した一コマと思います。平成9(1997)-4郡山工の検査表記が確認できます。やはり前編のトンネル飛び出しは全検出場したてのホヤホヤでした(笑)。が、もう1度全検を通ることはなく、これが最後の撮影になりました。
2003/11 黒磯駅 4086レ

108号機は2003年末に廃車になっています。印象に残るコマが多かった機関車でした。

75kiban148_108.jpg機番表です。白抜きの機番はUp済です。サイドメニューのCATEGORY”ED75機番シリーズ”をクリックいただくとこれまでの記事が一覧表示されます。

以上ED75 108 機番シリーズNo.148、最後までご覧いただきありがとうございました。

鉄道模型記事についてはAmebloの方へUpとさせていただきます。
Ameblo版も合わせてご覧いただければ幸いです。

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 写真ブログ 鉄道風景写真へ にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ Blog村へ
 
鉄道コム 鉄道.comへ    



機番表です。白抜きの機番はUp済です。

該当の記事は見つかりませんでした。