fc2ブログ

重単5175(FC2版)

ED75,DD51中心の鉄道写真&鉄道模型 &たまにネコ

羽越本線 最終8880/8881レ

Posted by Toyohara Yamato on   0 

いつも”重単5175”をご訪問頂きありがとうございます。
今日は1年前の今日の記事続編を書いてみたいと思います。何度も撮影に通った羽越本線のナナゴー臨時貨物列車 最後の撮影です。

200703[394-27]小佐川8880
撮影は去年の記事↓の翌日です。磐越西線最終5281レを見送った後秋田入り、今度は最後の羽越臨貨 8880レの最後です。2日続けて最終貨物列車の見送りとなりました。
貨物列車ながらJR東日本の機関車が担当、ED75 770[秋]牽引でやって来ました。
 

磐越西線 最終5281レ


200703[B1533-05]小佐川8880
臨貨とはいえほぼ定期的に運転、秋田のED75 700番台を見ることの出来る貴重な列車 随分撮影に通いました。海沿いを走るナナゴーも羽越本線ならではだったと思います。
2007/03 羽越本線(以下同様) 上浜-小砂川 8880レ(2枚とも)
 
200703[394-28]酒田8881
夕方の返し列車まで時間があったので酒田駅へ..奥では770号機が休んでいます。
 
200703[B1532-08]酒田8881
酒田から酒田港までの入換列車を担当したDE10 1673[東新]にはさよならのヘッドマークが付いていました。走行撮影は出来ませんでしたが、何かセレモニーのようなのがあったようですね。地味な貨物列車の最後、ファンの姿は見かけまでんでした。
 
20070316[B1532-08]酒田8881tr
上の拡大写真です。”東新 酒田港”という区名札、こんなのがあったんだ..写真Scanしていて初めて気づきました。
 
200703[B1532-09]酒田8881
ED75 770も最後の列車を牽引する為、パン上げでスタンバイしていました。
秋田区で最も遅くまで白Hゴムで残っていた770号機、好きな機関車でした。

200703[394-34]小佐川8881
 
200703[B1533-07]小佐川8881
下り最終8881レです。所属区へ貨車を戻すためでしょうか?最終貨物列車は編成が長い傾向があったように思います。逆光ですがよく通ったポイントで、羽越線らしく海をたっぷり入れて見送りました。
2007/03 羽越本線 小砂川-上浜 8881レ (2枚とも)
 
ED75 770[秋]はこの後4月時点では保留車になっており翌2008年に廃車になっています。JR東日本機ながら実質貨物列車牽引のために在籍していたってことでしょうか?
 
3月ダイヤ改正を機に廃止、引退 は良くありますが、この年は私にとって重要な”さよなら”が多くありました。前述の磐越西線もそうですし、同じ行程で更に惜別撮影が続いています。
その話はまたの機会に...
 
今年で丁度15年、羽越本線での撮影はこの時を最後にぷっつりと途切れています。
またナナゴーを撮影に行ってみたいですね。秋田にはまだ現役機が居るので期待はありますが、殆ど稼働していないようなのが心配です。

最後までご覧いただきありがとうございました。

鉄道模型記事についてはAmebloの方へUpとさせていただきます。
Ameblo版も合わせてご覧いただければ幸いです。

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 写真ブログ 鉄道風景写真へ にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ Blog村へ
 
鉄道コム 鉄道.comへ   

スポンサーサイト



ED75 114 [機番シリーズNo.145-1]

Posted by Toyohara Yamato on   0 

いつも”重単5175”をご訪問頂きありがとうございます。
今日はED75機番シリーズの第145回、114号機の前編になります。
最後まで残ったナナゴーでしたが、意外と撮影回数の少ない機関車でした。
今日はオリジナル国鉄色時代の写真をUpします。

ED75 114[長] 1967年落成[東芝]
短期貸し出しを除きずっと長町機関区在籍で国鉄時代を過ごし、民営化でJR貨物に継承されます。

198908[N051-22]白河5160
最初の撮影は、北海道から来たワムハチの貨物列車を牽引してやって来ました。ネガScanするまで気付いていなかったんですが、前面窓に四角い枠=デフロスタが付いている..ビックリでした。JR化後もデフロスタが残った姿を確認できたナナゴーは119号機とこの114号機だったようです。
1989/08 東北本線(特記以外以下同様) 久田野-白河 5160レ

199008[N084-09]白河3082
翌年同じ場所で、今度はコンテナ貨物列車牽引の姿を撮っていましたが、デフロスタは無くなっていました。熱線入りガラスに交換されたんでしょうね。
1990/08 久田野-白河 3082レ

199303[N199-07]東白石4083
蔵王連山の麓を重連の先頭で行きます。塗装の補修跡があったり剥げたり..だいぶ年季の入った姿になっていました。
1993/03 東白石-北白川 4083レ

199403[001V-14A]平泉3065
宅配便系のコンテナが多く載る貨物列車を牽引です。多分全検を通って暫くだったんじゃないかと思います。車体が綺麗になり銀パンも確認できます。ちょっと低い位置に構え過ぎましたね😅。ポジ(スライドフィルム)使用開始1本目のコマでした。
1994/03 平泉-前沢 3065レ

199509[122P-17]弘前1655
奥羽本線の運用にも入りました。弘前の駅で発車を待つ114号機、奥にはキハ40系の姿も見られます。
1995/09 奥羽本線 弘前駅 1655レ

199605[206P-06]岩手川口3061
田圃に水が入った頃、朝の岩手川口を重連で行きます。オデコだけ水鏡 になりました😁。
1996/05 好摩-岩手川口 3061レ

199712[B0263S-02]東白石5175
114+99の重連が車扱の貨物列車を牽引です。液化塩素、ラテックス、米タン・・色々な貨車が繋がっていました。
1997/12 東白石-北白川 5175レ

199809[B0367-10]松川5561
こちらも114号機先頭の車扱貨物列車、カマ次位につながるのはチッチキチー(チ1000+チキ6000or7000+チ1000)😁、その後ろにタンク車ズラズラという編成だったようです。
1998/09 松川-金谷川 5561レ

199811[B0392S-01]白坂3083
白坂の”お立ち台”にて..コキ50000を従えて重連が行きます。114号機は再び年季の入った姿になって来ていました。
1998/11 豊原-白坂 3083レ

199812[B0410S-05]鏡石5182
青い車両が増えてきた頃のワムハチ列車を牽引、朝の良い光線でした。北海道からのワムハチ列車は既にコンテナ化され、小牛田(石巻?)からの列車だったようです。
オリジナルの国鉄色を撮影できたのはこれが最後でした。
1998/12 鏡石-矢吹 5182レ

前編はここまで、後編に続きます。

最後までご覧いただきありがとうございました。

鉄道模型記事についてはAmebloの方へUpとさせていただきます。
Ameblo版も合わせてご覧いただければ幸いです。

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 写真ブログ 鉄道風景写真へ にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ Blog村へ
 
鉄道コム 鉄道.comへ   

西武2000系 2007F引退予告発表

Posted by Toyohara Yamato on   0 

いつも”重単5175”をご訪問頂きありがとうございます。
西武鉄道から2000系初期車 最後の8両編成2007Fの引退が予告されましたね。3月末頃から記念ヘッドマークとステッカー掲出、4月末にイベントがあって引退のようです。
(最後に別件 昨日の地震に関する記述があります。)

202203[D9-3471]小平2633(2413_2007)
その2007Fです。1977年7月落成 45周年を迎えることなく引退ということになりそうです。
発表してくれてよかったかな。先日の2401Fなど撮影した↓2日後にはもう廃回、最後になる という心構え無しで撮っていましたので..。

西武2000系 2401F活躍の姿は最後だった..


2019年にラッピング車から黄色1色に戻り、方向幕車だったこともあって好んで撮って来ましたが、それも終わりを迎えそうです。

西武2000系~2007F黄色に戻る


202203[D5-11079]久米川5610(2007)
側ドア窓周りに金属の押さえが残るのもこの編成だけ、Hゴム支持の名残でしょうか?登場当時を想わせる姿です。グロベン(グローブ型ベンチレーター)が残る編成も少なくなりました。

202203[D9-3486]小平5631
2007Fはずっと2連と併結の10両編成で急行を中心とした運用に就いていましたが、先日の3月ダイヤ改正直前に久々に各停運用に入りました。

202203[D9-3488]小平5631
実はダイヤ改正を機にヤバいのかな?と思ったんです。2007Fはトップナンバー2001Fから5か月後の誕生、昨年10月2001Fの引退から丁度5か月でしたし、減便ダイヤで所要車両数が減る筈ですし、急に各停運用に入りましたから...。(写真は新宿方2両目のモハ2107)

202203[D9-3499]小平5631(2007)
もしかしたら最後かもしれない..と去り行く姿を撮影していました。が、改正後も元気、予想より約1か月程長く活躍してくれます。桜の時期まで何とか持ちましたね。
ここまで全て今年3月に入ってからの撮影です。

西武はここ3年、毎年春に引退劇があります
■2020年3月はレッドアロー池袋線引退
 惜別 西武 New Red Arrow in 池袋線
 惜別 西武 New Red Arrow in 池袋線 Ⅱ

■2021年4月はレッドアローClassic 10105F引退

 惜別 西武レッドアローClassicⅠ(追記あり)

 惜別 西武レッドアローClassic Ⅱ

 
202112[D9-3376]花小金井2633(2413_2007)
そして今年は2007Fですか~。
引退まで1か月程、検査切れの兼ね合いもあるでしょうからこの先どの程度運用に入るか分かりませんが、44年間お疲れ様でした..と見送りたいと思います。
(この写真は2021年12月撮影)

新宿線で日常的に初期形主体の編成を見れるのは最後 ということになるでしょう。
残る6連は国分寺線の運用に必須でしょうからね。

昨晩大きい地震がありましたね。
被害にあわれた方々にお見舞い申し上げます。

ビックリしたのが新幹線の脱線です。最終の仙台行223B E6+H5系だったようですね。
TVの画像を見るに止まった所は白石蔵王の駅が見えようか という位置、予想ですが白石蔵王停車に備え既に結構減速していたんじゃないでしょうか?
それで1両を除いて全車脱線ですか。はやぶさ・こまちの通過列車 320km/hからの非常ブレーキだったらこの程度で済んだかな?と思っちゃいます。
しっかり原因調査をお願いしたい気がします。

最後までご覧いただきありがとうございました。

鉄道模型記事についてはAmebloの方へUpとさせていただきます。
Ameblo版も合わせてご覧いただければ幸いです。

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 写真ブログ 鉄道風景写真へ にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ Blog村へ
 
鉄道コム 鉄道.comへ   

ED75 710 [機番シリーズNo.144]

Posted by Toyohara Yamato on   0 

いつも”重単5175”をご訪問頂きありがとうございます。
今日はED75機番シリーズの第144回、710号機になります。撮影回数は少ない方でしたが印象に残るコマが多かった機関車です。

ED75 710[秋] 1971年落成[日立] →[福] 1984~
700番台は全て最初秋田配属でしたが、84年に福島へ転籍し、東北本線を中心に活躍するようになりました。国鉄民営化前の1986年に5か月程秋田里帰りを果たしたようですが、福島所属で国鉄民営化を迎え、JR東日本所属になります。

198808[N036-21]白河4085
最初の撮影はJRになってから、重連の先頭でコキ50000の貨物列車を牽引して来ました。
福島区所属が長いこともあってか、エアホースはフル装備ではなくなっています。右の元ダメ、釣合管ホースが付いていないのは福島の標準スタイルでした。
1988/08 東北本線(以下同様) 白河-久田野 4085レ

198908[N049-11]白坂5177
車扱貨物列車を牽引、カマ次位の無蓋車(トラ70000?)が効いています😁。国鉄時代を想わせるような姿、700番台は銀の飾り帯が塗装、剥げて来ていました。
1989/08 白坂-新白河 5177レ

199005[N065-09]山ノ目工9aaa
山ノ目駅付近で予期せずやって来たレール工臨です。この時は急行八甲田で一ノ関に着いて、始発まで1時間半暇なので撮りながら平泉まで歩いちゃおう..でした。丁度駅の脇付近んを歩いていたので接近の放送でも聞こえたのかな?見るからに慌てて撮ったっぽい写真ですが😅、朝のチキ工臨、得した気分でした。返空?と思います。
1990/05 山ノ目駅付近 列番不詳

199006[N067-24]白河8401
不思議な列車でした。サロ東(サロンエクスプレス東京)の寝台特急”エルム”??、当日は上りのみエルムの運転があった日、ヘッドマークを付けたまんま黒磯から団臨の返し運用に就いたのか?、何かサービス的なものだったのか?は分かりませんが、レアな姿を撮影できていました。
1990/06 白河-久田野 8401レ

199008[N083-02]白河5161
ワムハチ(ワム80000)をズラズラ引き連れて行く車扱貨物列車です。北海道まで行く列車でした。まだ青い380000台になる前、殆ど茶色のワムハチです。
1990/08 白河-久田野 5161レ

199008[N087-13]白河9101
同じ場所が3連発になりますが、この日は品座”江戸”を牽引です。まだまだ臨客の運転も多数ありナナゴーが活躍、楽しめました。
1990/08 白河-久田野 9101レ

199310[N241-12A]苫米地1429
暫く710号機に出会う機会は無かったのですが、3年経った1993年に[青]青森へ転属、客レを牽引する姿を見れるようになりました。朝の50系6連は八戸線直通の列車でした。

199310[N242-19]苫米地1429
この時の710号機は非常に綺麗、パンタグラフも銀色に輝いています。検査表記を確認できなかったのですが、全検を通ったかな?青森所属になって右側の元ダメ管ホース装着が1本増えています。青森スタイル かな~。
1993/10 苫米地-北高岩 1429レ (2枚とも)

199402[N276-01]滝沢8101tr
これが凄かった、、雪煙を上げながら驀進してくるのは予期せずやって来た710号機先頭の重連+14系10連です。情報無くとも当時は予定臨スジで何か来ることはあるので一応スタンバイはしてたと思いますが、ある意味”スーパーボーナス”でした😁。臨時列車でしょうが14系10両はかなり豪華、更に重連牽引、後にも先にも1度きりだったんじゃないかと思います。ネガからのScan、色補正が難しかったです。
1994/02 滝沢-渋民 列番不詳(8101レスジ)

余談ですが以下記事↓、朝方雪の男鹿線を撮影した後、まっすぐ帰らずに夕方のこの場所へ立ち寄っていました。風が強くムチャクチャ寒かった記憶がありますが頑張った甲斐あり、男鹿線も良かったですしホクホクの1日でした😁。

雪の男鹿線 DD51


199411[050D-15]花巻1523
朝の50系客レ、東北本線では最長の7連を牽引する710号機です。朝霧の中、ヘッドライトがいい感じでした。これが最後の撮影になりました。
1994/11 花巻-花巻空港 1523レ

2年後、1996年に廃車になっています。上記93年に全検を通っていたとしたら勿体ない..
しかし旅客に貨物に活躍、予期せぬ臨時の先頭で来たりマーク付きで来たり と印象に残った機関車でした。

75kiban144_710.jpg
機番表です。白抜きの機番はUp済です。サイドメニューのCATEGORY”ED75機番シリーズ”をクリックいただくとこれまでの記事が一覧表示されます。

以上ED75 710 機番シリーズNo.144、最後までご覧いただきありがとうございました。

鉄道模型記事についてはAmebloの方へUpとさせていただきます。
Ameblo版も合わせてご覧いただければ幸いです。

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 写真ブログ 鉄道風景写真へ にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ Blog村へ
 
鉄道コム 鉄道.comへ   

30年前の奥羽,男鹿線 初の脇本DDと国鉄色キハ

Posted by Toyohara Yamato on   0 

いつも”重単5175”をご訪問頂きありがとうございます。
今日は丁度30年前、1992年3月に撮影した写真をUpしたいと思います。東北ワイド周遊券を使い長めの撮影行の1日です。

199203[N155-17]秋田単211
朝は盛岡に居たんですが、気が変わったのか?始発で秋田へ向かっています。写真は秋田駅に到着した時のもの、男鹿線の客レを牽引してきた(であろう)DD51 788[秋]がEF81と重連を組んで秋田支所(旧秋田機関区)へと引き上げる所です。今の泉外旭川駅付近に機関区がありました。 単211レ

この日の乗車記録
盛岡-田沢湖 キハ58 1513  823D
田沢湖-大曲 キハ58 462      825D
大曲-秋田   モハネ582-92 1401M 急行 津軽
でした。懐かしい車番ばかり..まだまだ国鉄形が元気でした。この後普通列車で追分へ向かっています。キハ28 2379 2621D でした。

199203[N159-15]追分1126
撮影行ではそれまで撮影して来なかった線区に多く足を踏み入れています。磐西、磐東、仙山線を初訪し、最後が男鹿線を ということで先ず追分でした。乗ってきた列車と交換でDD51 744[秋]牽引の50系客レが入って来ます。何度も通うことになる男鹿線客レの初撮影でした。奥の方にはキハ58系国鉄色が近づいて来ているのも見えます。
追分駅 1126レ

199203[N159-16]追分128D
駅から歩いて初めて沿線に立ちます。男鹿線の普通列車、キハ40×2も国鉄色でした。ヘッドマーク挿しが付いている以外はオリジナルの姿、いい感じです。複線を逆走しているように見えますが、手前が奥羽本線(架線あり)、奥が男鹿線、、単線2本です。
男鹿線 出戸浜-追分 128D

199203[N155-19]追分2626D
手前の奥羽本線をやって来たのはキハ58系の2連、パノラマウィンドウの国鉄色でした。地域色への塗り替えも進んでいましたが、まだまだ国鉄色も活躍していました。私的には..このままで良かったんだけどな~(笑)。先頭はキハ58 1521 でした。
奥羽本線 大清水(信)-追分 2626D

199203[N159-19]追分2627D
キハ40国鉄色の単行です。車番は擦れて判読できませんが、”61-10郡山工”の検査表記が見られます。土崎工が近いですが郡山全検だったんだ..
奥羽本線 追分-大清水(信) 2627D

199203[N155-24A]追分1626
ナナゴーの客レも残っていました。ED75 767[秋]牽引、今なお現役機ですね。
奥羽本線 大清水(信)-追分 1626レ

199203[N155-21]追分試8635D
こんな列車も..ピカピカの盛岡色ですから出場後試運転と思われますが、読み取れる検査表記は”63-12 郡山工”なんですよね?土崎工じゃないし昭和時代じゃん..?? それに折返し運転があった筈ですが、運転台が無いのにどうやって運転したんだろう?謎の多い試運転列車、キハ58 486でした。
奥羽本線 追分-大清水(信) 試8635D

199203[N159-21]追分131D
キハ58(28?)とキハ48の普通列車、国鉄民営化から約5年経って、まだこんなに国鉄色が走っていたんですね~。キハ48 522と読み取れます。
男鹿線 追分-出戸浜 131D

199203[N159-22]羽立5187
午後からは男鹿線乗車で初めて男鹿駅の1つ手前、羽立に降り立ちます。何度も狙うことになった脇本-男鹿間のタンク貨物列車を狙います。寒風山の麓、DD51にタンク車が連なってやって来ます。

199203[N159-23]羽立5187
DD51 783[秋]牽引、タキ3000で組成された貨物列車って唯一の撮影だったと思います。実際列車を見て いいな~ と思いました。平日運転なので簡単じゃなかったですが、その後随分撮影に行くことになった列車です。KE70開放栓とSGホースが付いた783号機、JR東日本所属機が貨物列車を担当していました。
男鹿線 脇本-羽立 5187レ(2枚とも)

199203[N159-25]秋田1147
国鉄色キハにデーデーを中心に撮影した初男鹿線+奥羽本線撮影も終了、秋田に戻ると50系8連の男鹿線客レが発車を待っていました。DD51 744[秋]、SG(蒸気暖房)の白煙を上げてスタンバイしていました。 秋田駅 1147レ

撮影後、左端にちょこっと写る特急たざわに乗車し盛岡方面へ、帰途についています。(ワイド周遊券はエリア内特急自由席乗車OKでした。)
天気はスッキリしませんでしたが、国鉄形、国鉄色三昧を楽しめた記憶に残る1日でした。
あれから丁度30年 です。

最後までご覧いただきありがとうございました。

鉄道模型記事についてはAmebloの方へUpとさせていただきます。
Ameblo版も合わせてご覧いただければ幸いです。

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 写真ブログ 鉄道風景写真へ にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ Blog村へ
 
鉄道コム 鉄道.comへ   

該当の記事は見つかりませんでした。