fc2ブログ

重単5175(FC2版)

ED75,DD51中心の鉄道写真&鉄道模型 &たまにネコ

惜別 E4系新幹線Max

Posted by Toyohara Yamato on   0 

こんにちは。
今日はオール2階建新幹線Max E4系の話です。あと数日で定期運用終了となりましたね。
今年4月、結局最後になった”乗り鉄”に行った時の写真が中心です。

202104[D9-2693]大宮2321C
最初は”撮り鉄”モード、大宮駅へ近づく16両編成Maxとき、たにがわです。前8両がときで新潟行、後ろ8両がたにがわでガーラ湯沢行、越後湯沢で分割する列車でした。
新幹線の大宮駅入線ってE4に限らず結構撮影しています。線形が良いんですよね。駅のホームから望遠で撮影、連結面が架線柱の密集にかかっちゃいました(泣)が、高架壁から大きく上に出た2階席窓の存在感がMaxだなー と思います。反対に1階席の窓は高架壁に埋まっちゃってます。

202104[D9-2697]大宮2321C
これがメインでイメージしたアングルでした。堂々たるデッカイ16両編成が近づいてきます。世界最大の定員数を誇った優等列車です。手持ちですから角度調整などの画像処理は入れています。

202104[D9-2707]大宮2321C
E4系の顔って、運転台が低い位置にあってデコがムチャクチャ広く見えるイメージなんですが(笑)、矢印の車端部平屋席の窓と比べると決して低い位置じゃないのが分かります。こんなところにもMaxのデッカさを感じます。

202104[D9-2710]大宮2321C
Thank you Max!が追加された最後尾1号車のロゴです。ここから乗り鉄モード、Maxたにがわの旅を楽しみました。

202104[D5-10186]2321C車内
1号車は私の他もうお一方でしたが早々に下車され、貸切り状態になりました。”密避け”スジを考えての行動でしたがここまでとは..。東京の緊急事態宣言前でこの状態、JR東日本さんには大変申し訳ないけど私的にはラッキー。何度となくお世話になったMaxの車内を心置きなく撮影出来ました。前回↓書いた”ジャンプシート”もこの時の撮影です。
E4系新幹線Max その2

202104[D5-10160]2321C車内
乗車機会が最も多かった自由席1~3(9~11)号車の2階席、リクライニングの効かない3-3列シートです。満席になると狭いと思いますが、そういう時は割り切って上記ジャンプシートかデッキ立席、カメラバックがデカかったですからね。2階に上がるのは空いた時が殆どでした。

202104[D9-2723]2321C車内
体を斜めにし足は中間席側、体は窓際に貼りつくように入り込めばリクライニングが効かなくても快適 は”研究の結果”だったか?(笑)、2階席ならではの眺望を楽しんでました。

201901[S39-1745]334C車内
適当な画像が無かったのでグリーン車乗車時のものですが、全車大窓の中間にある小テーブルがいい位置、ここに酒缶置いて一杯やりながら景色を楽しむ..良かったですねー。
空いてさえいれば自由席で十分 とも思っていました。眺めの良さは一緒ですから..(笑)。

202104[D5-10167]2321C車内
F席まである車両ももう登場しないでしょうねー。〇〇Fの座席指定券が発券されたことはあったのかな~?

202104[D9-2724]2321C車内
1階席も無人、こちらは3-2シートでリクライニング付きでしたが、あまり座った記憶はありません。出張帰りに会社の人と一緒だった時位なものでしょう。

202104[D9-2736]2321C車内
2階も上記以外は3-2シート、1階と2/3列の配置が逆なのは階段部の作りの都合でしょう。自由席に設定されることもあったので、こちらにも結構乗りました。会社帰りに自由席の多いMaxを選び東京-大宮間乗車、車内で一杯やって遠回りして帰る なんてこともやってましたっけ(笑)。写真の4号車にはチラホラと乗客の姿がありました。

202104[D9-2741]越後湯沢2321C
越後湯沢まで乗り鉄を楽しんで下車、反対ホームに回って前8両の先行発車シーンを納めました。連結器カバーが開いた状態を撮影するのは最初で最後だったかも知れません。グリーン車マーク左下のロゴが光っちゃったのはイマイチでしたが...。走り出すと連結器左右に収納されたカバーがニューっと閉まりつつ、去って行きました。

引退までにもう1度とも思っていましたが、結局この時が最後の乗車になりました。

Maxって短距離通勤客を効率よく輸送するためとにかく座席数を多く と開発されたんですよね。特にJR東日本は東京-大宮間の列車頻度が高くなりますから1本の列車でたっぷり輸送できるように という思想だったと思います。

先代MaxのE1系については、メーカーの方に裏話を聞いたことがありまして..
当初 東京-高崎間限定運用との話で設計したのに、蓋を開けたら盛岡までの広域運用をやってる..”モーターがぶっ壊れても知らんよ。”と(笑)。北海道でC62ニセコ撮影時、たまたま隣に三脚を構えた方の話でした。やはり2階建最初は短距離通勤輸送を強く意識していた、けど広域運用=眺望の魅力も認識してた のかな?。

今は時代が変わり、ウィルスにも追い打ちをかけられた形、輸送力重視の次世代全2階建はもう誕生しないんじゃないかなー?断面がデカい分高速化にも不利でしょうし。
輸送力もさることながら2階席の眺望 という魅力は変わらないと思いますけどね。

201804[D5-6256]大宮8368C
東北へナナゴー撮影の行き帰りを中心に散々乗車したE4系Max、引退となるとやはり寂しい気がします。
1997年の登場から24年間、お世話になりました。

惜別 Max。

最後までご覧いただきありがとうございました。

鉄道模型記事についてはAmebloの方へUpとさせていただきます。
Ameblo版も合わせてご覧いただければ幸いです。

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 写真ブログ 鉄道風景写真へ Blog村へ
 
鉄道コム 鉄道.comへ  

スポンサーサイト



ED75 106 [機番シリーズNo.130]その2

Posted by Toyohara Yamato on   0 

こんにちは
今日はED75機番シリーズの第130回、ちょっと間が空いちゃいましたが(汗)106号機の続きです。

199810[B0379S-06]苫米地3061
106+82の重連が満載のコンテナ貨物列車を牽引して驀進します。
影が抜けきりませんでしたが、朝の苫米地を颯爽と走って行きました。
1998/10 東北本線(以下同様) 苫米地-北高岩 3061レ

199811[B0389S-01]松川4093
秋の松川を行く重連コンテナ貨物列車、貨車20両編成が単線アングルで綺麗に乗る好みのポイントです。北方向に走って来るのでほぼ終日逆光なんですけど木々の色づきやススキの穂などは存在感を増します。なお、東北本線ですから単線な訳はなく、上り線は画面左奥、少し離れて通っています。
1998/11 松川-金谷川 4093レ

200002[B0576-09]三戸5261
雪が舞う中を106+141でワムハチの車扱を牽引、仙台総合鉄道部へ移転になる半年ほど前なんですが、区名札は気が早く?[仙貨]が入っていたようです。106号機は長町→仙貨、仙台地区生抜きで最後まで通しました。
2000/02 目時-三戸 5261レ

200006[B0621-02]越河4093tr
76号機と106号機の重連、106は土崎全検を通りました。シロガマ化は免れましたが、オリジナルの76号機とは色合いなど随分印象が違いますねー。テカテカ感です。パンタはグレー、碍子は緑塗料入りですが、高圧機器類には銀塗装が入っていたようです。
2000/06 越河-白石 4093レ

200007[B0645-02]小繋単5261
走って行くうちに少しづつ馴染んで行きます。スカートのグレーも色が濃かったような..
2000/07 小繋-小鳥谷 単5261レ

200212[B1095-06]黒磯8170
臨貨を牽引して黒磯に到着、機関車が切り離されます。形態的にはオリジナルのナナゴーを保っていました。
2002/12 黒磯駅 8170レ

200309[B1167-12]白坂単5175
今頃の季節..輝くススキを使って遊んだアングルです。単回とみるや咄嗟に後方撮影に切り替えたんだと思います。5175レは荷あり、無しを読めなかった筈なので..
2003/09 豊原-白坂 単5175レ

200312[325-31]平泉1070
シロガマと重連でタンク貨物列車を牽引です。高圧碍子の緑塗料は落とされていました。
線路に歪があったのでしょうか?次ソの傾き加減が微妙..
2003/12 前沢-平泉 1070レ

200507[360-08]白坂4085
重連次位がシロガマと読めたのでめい一杯引っ張って顔をドーンと撮影したんだと思います。朝、黒磯の機関車並び順から予想することが出来ました。
ヘッドライトが片目、玉切れ?こんなこともあったんですねー(笑)。
2005/07 豊原-白坂 4085レ

200512[B1439-06]白河5179
タンク貨物を牽引です。タキ38000、タキ1000...新旧色々な形式がつながっていました。
2005/12 白河-久田野 5179レ

200609[B1499-03]白坂単8072
これも今頃の季節、秋空に蕎麦畑、ナナゴー単回..

200609[384-26]白坂単8072
一面の蕎麦の花を脇目に行く単回が最後の撮影になりました。
2006/09 白坂-豊原 単8072レ (2枚とも)

106号機は翌2007年に廃車になっています。
赤塗装を堅持し、貨物列車牽引に活躍した機関車でした。

75kiban130_106.jpg
機番表です。白抜きの機番はUp済です。サイドメニューのCATEGORY”ED75機番シリーズ”をクリックいただくとこれまでの記事が一覧表示されます。

以上ED75 106 機番シリーズNo.130その2、最後までご覧いただきありがとうございました。

鉄道模型記事についてはAmebloの方へUpとさせていただきます。
Ameblo版も合わせてご覧いただければ幸いです。

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 写真ブログ 鉄道風景写真へ にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ Blog村へ
 
鉄道コム 鉄道.comへ 

9月の羽越本線 ED75臨貨,工臨など

Posted by Toyohara Yamato on   0 

こんにちは。
今日は今頃の季節の羽越本線ネタをUpしたいと思います。今から18年前 2003年の9月、”工臨があるよー” と友人に教えてもらって秋田前泊でした。

200309[B1169-11]秋田8880
早朝の秋田駅に立ちます。ナナゴーが来るか?確認のためです。臨貨8880レの牽引機がやって来なければその日はウヤです。3連休中だったので心配しましたが、無事四ツ小屋方面からゆっくりと単回がやって来ました。

200309[318-20]秋田8880牽引機
ED75 770[秋] うわー、臨貨が”当たりガマ”だったかー という感じでした。当時の秋田ナナゴー所属4両中唯一白Hゴムで国鉄時代から変わらぬ姿、好みの機関車でした。この後秋田貨物駅へ貨車を迎えに行き、8880レとして酒田を目指す筈です。

200309[B1169-07]秋田2021
こんなシーンも撮影出来ました。2021レ寝台特急あけぼのが秋田に到着、車掌さんが誰かにご挨拶..顔見知りの駅員さんと”お疲れさ~ん”だったかな??気持ちのいい朝の1シーンでした。

200309[318-21]新屋4003
私は電車+徒歩(時間の都合最寄り駅からタクシーだったかも?)で撮影地へ先回り、列車を待ちます。朝の羽越本線、色々な列車が行き交います。写真は24系客車の寝台特急日本海3号 EF81 45[敦]牽引 
羽越本線 桂根-新屋 4003レ

200309[318-22]新屋2008M
特急いなほ8号 485系3000番台はオリジナルの485系とは随分雰囲気が変わりましたが、屋根を見るとヨンパーゴの面影を色濃く残していますね。3色LEDですが”いなほ”のヘッドマークがスジスジにならず写り込んでいました。
新屋-桂根 2008M

200309[318-24]新屋8880
そして秋田駅で確認したED75 770[秋]が臨貨で登場。迷ったのですが、工臨の時刻が近いと予想され、撮影場所移動は無理と判断したので後追い でした。しかしカマ次位が空コンテナ車でラッキー(笑)。770号機の顔がしっかり出てくれました。そのコキ50000は緑色の250000台に見えます。ローカル貨物に連結されることもあったんですねー。

200309[B1170-06]新屋8880
オリジナル国鉄色のナナゴーが短いタンク貨物列車を牽引、いい雰囲気でした。結果的に後追いで良かったのかも..(笑)。
羽越本線 新屋-桂根 8880レ(2枚とも)

200309[B1169-03]新屋工9881
やはり8880レからそう時間をおかずに工臨登場 夜中にレールを下した返空ロンチキ編成です。意外と長かった...ED75 777[秋]牽引でした。
羽越本線 桂根-新屋 工9881レ

200309[B1170-08]秋田工9496
撮影を終えて秋田駅へ戻ると、ロンチキの前にDE10重連が連結されていました。奥羽本線-北上線-東北本線経由で岩切へと戻る筈です。ロンチキは影の下だったので機関車をアップ撮影、先頭はDE10 1762[青]でした。

200309[B1170-12]秋田工9496
キャブの窓が開いていたのでこんなのも撮れちゃいました。横向きのDE10運転台の様子がよく分かります。奥羽本線内の列番は知りませんでしたが、時刻表が掲げられていたので読めちゃいました。工9496レだったようです。

工臨がメインで行きましたが、何か臨貨の雰囲気が良かったよなー と思っていました。

200309[B1173-11]仁賀保8880
そこで?同年9月にもう一度羽越臨貨を撮影に行っています。現地では秋田の友人に車でお世話になりました。上方にトンボが飛んでいるのが入っちゃいましたが、これも秋らしさ かなー。(列車にかからなくて良かった..)
後に鉄道博物館入りしたED75 775[秋]牽引のタンク貨物列車でした。
羽越本線 出戸(信)-仁賀保 8880レ

200309[B1173-12]仁賀保8881
同日夕刻の返しは広く撮影してみました。鳥海山には雲がかかっちゃいましたが実りの秋~ って感じでした。
羽越本線 金浦-仁賀保 8881レ

首都圏から1か月の間に2回も秋田まで行っていました。3連休はJR東日本線乗り放題切符利用、秋田だけでなく方々回ってましたし、これがあったから安く行けました。この頃土日の乗り放題切符は全線ではなく南東北に区間が縮小されていたと思います。2回目はどうやって行ったんだろう?

なお、今日はED75 106 機番シリーズの続きのつもりでいましたが、1年前の今日も羽越本線をアップしていましたのでこちらを先行しました。
↓丁度1年前の記事

9月の羽越本線 ED75臨貨、特急など


最後までご覧いただきありがとうございました。

鉄道模型記事についてはAmebloの方へUpとさせていただきます。
Ameblo版も合わせてご覧いただければ幸いです。

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 写真ブログ 鉄道風景写真へ にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ Blog村へ
 
鉄道コム 鉄道.comへ 

ED75 106 [機番シリーズNo.130]その1

Posted by Toyohara Yamato on   0 

こんにちは。
今日はED75機番シリーズの第130回その1 106号機です。一般形では若番に属する機関車、貨物列車牽引に活躍する姿が見られました。

ED75 106[長] 1967年落成 
国鉄時代は長町区生え抜きで活躍し、国鉄民営化でJR貨物へ継承されます。

198810[N037-28]白河8154
最初の撮影はJRになってから、臨貨を牽引して来ました。後ろはワムハチ?と思いきや、列番からワキ5000や6000、コキ車も混ざった85km/hの高速貨物列車編成だったと思います。
1988/10 東北本線(以下同様) 久田野-白河 8154レ

198904[N043-09]陸中折居5261
曇り空の下でしたが、国鉄時代を彷彿とさせる車扱の貨物列車を牽引して来ました。多くの貨物ナナゴー同様、貫通扉窓に”感電マーク”が付いています。
1989/04 前沢-陸中折居 5261レ

199003[N058-06]東白石3082
その後何らかの整備をされた?ようで車体が綺麗、目立ちませんがパンタも銀色、”感電マーク”も早々に消えていました。(全検上がりだったかもしれませんが、以下出て来る写真から考えると周期が合わない..)
1990/03 北白川-東白石 3082レ

199307[N222-12]平泉5261
5261レにしては珍しく、トキ25000とタキ1900(と思われる)貨車が前の方に付きました。
こりゃ面白い編成だ と新幹線利用で滝沢まで追っかけました が...
1993/07 平泉-前沢 5261レ
(余談ですがJR東日本乗り放題のフリー切符利用、追加料金がかかることも無く手軽に予定変更が出来ました。今はこうした切符が無いのが残念なところです。)

199307[N221-20]滝沢5261
滝沢で再び捉えた列車、残念、特徴的な前5両は連結されていませんでした。盛岡貨物タあたりで切り離されたんでしょうね。
1993/07 滝沢-渋民 5261レ

199402[N273-37]滝沢3083tr
全検出場後の綺麗な姿を捉えていました。手前の方は陰っていますが、奥の方は陽が差しています。また雪が降っている訳ではなく、パウダースノーが強風で巻き上げられています。ムチャクチャ寒かったですけど印象に残る景色でした。
1994/02 滝沢-渋民 3083レ

199402[N279-11]滝沢3083tr
滝沢跨線橋3連発ですが..😅。1つ前の雪景色が良かったなー と味を占めて翌週もう1回この場所に立っています。が、今度は何か春を迎えようかという穏やかな雰囲気..期待は外れちゃいました。天候相手ですからこんなもんですね。前週と同じ列番の前ソに再び全検上がりの106号機が入ったのにはビックリでした。
1994/02 滝沢-渋民 3083レ

199405[011V-17]白河3087
高速貨物列車にしては編成が少し短め(18両?)でSカーブに全編成が乗っかりました。全く隙間の無いコンテナ満載列車って意外と珍しかったかも・・。
1994/05 白河-久田野 3087レ

199703[B0127S-05]東白石5561
JR東日本機762号機と重連を組みます。700番台の方に塗装の補修跡がありますが、106号機と結構色合いが違いますね。
1997/03 東白石-北白川 5561レ

199706[B0179S-08]岩手川口3064tr
100+106号機の重連、連結面を撮影していました。106号機(右)は時期的に、また車体の傷み方などから全検上がりでは無いと思いますが高圧碍子は綺麗でパンタも銀色、高圧機器に補修などされたのでしょうか?(屋根上、列車無線アンテナだけ汚れたまま..笑)
1997/06 岩手川口-好摩 3064レ

199707[B0190S-02]滝沢5261A
106号機は5261レで巡り合うことが多かった機関車です。再び滝沢跨線ですが、手前で流し気味に撮影してみたアングルです。
1997/07 滝沢-渋民 5261レ

199801[B0285S-02]東白石3087_584M
上りに被られた..ですが、皮1枚の隙間が空いた位置でシャッター切れてました(笑)。
ED75 106+1006と715系1000番台のすれ違いです。581,583系から近郊形化改造された715系も懐かしいですねー。
1998/01 東白石-北白川 3087レ/584M

106号機は2006年まで活躍しましたのでまだまだ写真はあります。今回はここまでにして、”その2”に続きます。

最後までご覧いただきありがとうございました。

鉄道模型記事についてはAmebloの方へUpとさせていただきます。
Ameblo版も合わせてご覧いただければ幸いです。

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 写真ブログ 鉄道風景写真へ にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ Blog村へ
 
鉄道コム 鉄道.comへ 

花輪線 DE10重連オリエントサルーン

Posted by Toyohara Yamato on   0 

こんにちは。
今日は花輪線で撮影した写真を中心にUpします。

199609[B0022S-03]扇田9930A
25年前の9月、DE10重連が仙台の12系改造欧風客車”オリエントサルーン”を牽引して花輪線を走行しました。実は以下リンク、去年Upした奥羽本線撮影の続きです。レンタカー利用”白陣”での撮影後、こちらに回りました。秋らしい空の下、米代川を渡って行きます。見にくいですが軽トラの脇に人が立っています。”珍しいのが走ってるなー”と見送られてる感じ、どうやら同業の方ではなさそうでした(笑)。

9月 朝の大館~白陣付近にて


199609[B0022S-05]扇田9930A
DE10 1536[青]+DE10 1762[青] 花輪線の臨客は必ずといっていいほどDE10重連が牽引に当たりました。こんな楽しい列車が運転されてたんですよねー。回送で乗客の姿はまだ見られません。
1996/09 花輪線(特記以外以下共通) 東大館-扇田 回9930レ(2枚とも)

199609[B0022S-07]湯瀬温泉9930A
次に構えたのが湯瀬温泉の手前、山間のいい感じでした。

199609[B0022S-07]湯瀬温泉9930Atr
上の画像をトリミングしたもの、67版ですから解像度には余裕があります。花輪線は十和田南で方向転換があり、機回しが行われた筈です。機関車の順序が逆転してDE10 1762が先頭になっています。その十和田南から客扱いだったようです。

199609[B0022S-08]湯瀬温泉9930A
手前まで引っ張って編成は入りましたが、角度的には最初の方がいいかなー。
八幡平-湯瀬温泉 9930レ(3枚とも)

199609[B0022S-11]湯瀬温泉3931D
湯瀬温泉では列車の交換待ち停車がありました。対向の列車が入って来ます。腕木式信号機が残る時代でした。

199609[B0022S-12]湯瀬温泉9930A
腕木式信号機が青現示、臨客発車、DE10重連が全開で加速して行きます。いい感じ..。
湯瀬温泉駅 3931D/9930レ

199609[B0023P-01]田山9930
重連牽引ながら足は遅く、レンタカー運転で余裕で抜き返せちゃいました。赤い機関車に赤い客車が似合います。
田山-横間 9930レ

199609[B0023P-03]赤坂田9930
セミセンターキャブのDE10,私はショートノーズ側を好みます。重連型の象徴、KE70開放栓ケーブルが付くのもこちら側でしたし..
赤坂田-安比高原 9930レ

199609[B0023P-06]北森9930Atr
山岳区間をあえぎつつ走り、平地へ降りて来ました。もうすぐ好摩、東北本線へ合流です。
北森-平舘 9930レ

199609[B0024S-03]渋民9937
1枚だけ東北本線です。オリエントサルーンを盛岡まで牽引して行ったDE10重連、ED75へバトンを渡したはずです。返しはそのED75が牽引して来た”ふれあいみちのく”を牽引して花輪線へと戻って行きます。効率のいい運用が組まれていました。
東北本線 渋民-好摩 9937レ

もう25年前になりますが臨客が数多く運転されていた頃、この日はデーイー三昧を楽しめました。
最後までご覧いただきありがとうございました。

鉄道模型記事についてはAmebloの方へUpとさせていただきます。
Ameblo版も合わせてご覧いただければ幸いです。

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 写真ブログ 鉄道風景写真へ にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ Blog村へ
 
鉄道コム 鉄道.comへ 

該当の記事は見つかりませんでした。