fc2ブログ

重単5175(FC2版)

ED75,DD51中心の鉄道写真&鉄道模型 &たまにネコ

N-Gauge EF58 48 金属インレタナンバー化

Posted by Toyohara Yamato on   0 

こんにちは。

今日はNゲージ鉄道模型KATOEF58(3049) 後期形小窓Hゴム車だったのを改番して48号機にした車両、再び前面のナンバー表現を弄ってみました。

2105DSC_9179.jpg
これが弄った後です。改番車ながらナンバーがすっきり感?パンタは実車に合わせてPS14へ換装しています。金即製のインレタを見つけて転写してみました。(転写はかなり難しかった..)

2105DSC_9172.jpg
これが弄る前、48号機のプレートが無かったので、既製品41号機の末尾1だけを削って、8をインレタ転写していました。なので”EF58 4”までと”8”の字の調子が異なります。

2105DSC_9187.jpg
20系寝台急行”銀河”をイメージした編成でテストランをしました。

Amebloの方へテストランのShort動画を含め、色々書いています。
↑リンクになっています。ご覧いただければ幸いです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ  Blog村へ
 
鉄道コム 鉄道.comへ   

スポンサーサイト



N-Gauge ホーム延伸本工事中

Posted by Toyohara Yamato on   0 

こんにちは。
ホーム延伸の準備が終わり、いよいよ本工事です。ここ数日正念場を迎えていましたが、ようやく線路が繋がりました。

2105DSC_9161.jpg
まだホームがありませんが、線路間隔が開いている部分にプラットホームが来ます。E6+E5系新幹線17両フル編成が停まれるようになります。右はED79 14牽引の寝台特急北斗星、ED75 705牽引の急行八甲田、いずれも客車12連編成ですが、ムチャクチャ余裕感です(笑)。

2105DSC_9148.jpg
工事中のWebカメラ画像です。奥にあった右側のポイントが手前に来たので、緑の線のように角度を変える必要がありました。なので高架の道床から一部作り変え、ポイント配置などは変わらないんですがあちこちに影響してかなりの作業量でした。

2105DSC_9151.jpg
1枚上の写真、緑の線が宙を走っているので、高架道床の形を変える必要があります。5分割のうち1か所だけを新製、あとは角度を変えたり成型したりで調整です。この部分は元々写真の右隣に使っていたもの、線形に合わせてカットする途中、一旦設置して寸法確認などやった状態です。もっと右にあった分岐が左に来たのでこれまでのものでは面積が足りませんでした。右隣り1枚だけを新製しています。

2105DSC_9160.jpg
こうして作り直し、成型などあれこれやって繋がった線路、角度が変わった分手前に来たなーという印象です。矢印の部分、ED79 14牽引の快速海峡がこの画角で見えない、右隣りのED75 1001+1014寝台特急ゆうづるも影の下です。
なお、左側の車両群が居ませんが、作業の支障になるのであちこちに疎開させて作業していました。

2105DSC_6037.jpg
写真は以前の姿、海峡とゆうづる、機関車の面に光が当たっていますよね。
さて、奥の方も含めこれだけ居た写真左側の車両群ですが、、

2105WS0022.jpg
作業の支障になるので写真のようにあちこちに縦列状態で疎開させていました。高架下の車両が多く、ブックケースにしまうにも結局運転して高架下で無い位置まで出して来なければならないので、なら疎開の方が早いや..と。

 
実は本線のみ繋がった時点でテスト運転の前面展望動画を撮ってましたのでYouTubeへUpしています。↑画面をクリックいただくと再生されます。
上の縦列駐車画像はこの動画のキャプチャーでした。
有効長確認も兼ね、新幹線E6+E5系もテストランを行っています。最初から超高速などという無謀なことはせず、低速運転です(笑)。高架道床は作り変える前です。
あちこちに疎開車両が縦列駐車、あまり見ない眺めと思ったので動画にしてみました。本線と1階層走路はテストラン用に空けていましたのでカメラ搭載車が走ることが出来ました。

2105DSC_9164.jpg
動画撮影の際、写真のように3,4両分だけホームがありました。これ、ホーム照明への電源供給コードが入っていて抜けないので短くして設置していました。信号所みたいですね(笑)。道床ごと外して成型などある時に手すりなど壊してしまっています。家具の下を走る模型、道床を外に出すにもサイズが一杯一杯で柱の間を斜めにして抜くようなことをやるのでこういったことがよく起こります。家具の下作戦の欠点です。
ホームを手直ししよう などとも考えています。

これを機にあれこれ工夫もしています。
2105DSC_9155.jpg
写真はその一例、ダブルクロスポイント制御のDCC基板DS-52移設後の姿です。今まで高架道床の下、目立たない位置に逆さ向き固定していたんですが、今回バックストレートの下に隠しました。手前に壁を付けて見えないようにします。

一方これだけ大掛かりに弄ると色々ある訳で..
2105DSC_9163.jpg
心配していたこの部分、やっぱパンタ高さギリギリ..

2105DSC_9162.jpg
今まで道床下に付けてDCC給電だったLEDの電灯を奥の壁付けにしましたが、照度が足りず見えにくい..もともと逆光状態は覚悟していましたが思ったより見にくい..
ホームの整備と共に色々手直しや微調整が必要なようです。

まだホームは無いけれど車両を動かせるようになったので、テストランをやりながら作業を進めたいと思います。
最後までご覧いただきありがとうございました。

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ  Blog村へ
 
鉄道コム 鉄道.comへ   

N-Gauge×実車 西武電車のナンバリングと2000系3世代

Posted by Toyohara Yamato on   0 

こんにちは。
今日はNゲージ鉄道模型、3本在籍する西武2000系の話が中心ですが、101系や701系から繋がるナンバリングの話や、実車写真も少し出て来ます。

2104DSC_8797.jpg
模型上の西武新宿方、左から2407F(2連)、2405F(2連)、2529F(4連) 

2104DSC_8809.jpg
同じ並びで併結する本川越方、左から2057F(8連)、2093F(8連)、2015F(6連)です。
併結で10両編成3本になりますが、それぞれ世代設定が異なります。
2407F+2057F 2005年以降(現在の姿)
2405F+2093F 2001~2004年頃の姿
2529F+2015F 1992~1996年頃の姿
と3世代、姿が異なることになっています。どの年代にどの姿だったのか調べるのに苦労しました。

さて、”2407F”とか編成番号を書いていますが、西武に馴染みのない方にはなんのこっちゃ?だと思いますのでちょっとナンバリングの話をしたいと思います。
所有模型の編成表です。
seibu701_101Table.jpg
ナンバーの話は赤電や101系時代から始まります。
西武電車は伝統的に1編成に奇数と偶数の車両がペアを組みます。電動車が3桁、モーター無しは+1000という付番ルールでした。編成中番号の若い車両番号が編成番号になっていました。

2104DSC_8594.jpg
なので左の701系はTc1709+M709+M710+Tc1710 編成番号は709Fでした。
右の451系はMc471+Tc1472 編成番号471Fとなります。
471Fは私の所で唯一の鉄コレ車、DCCライト制御を入れるのに苦労しました。
1編成にモーター車2両迄、付随車との比率が1:1までの赤電時代はこれで良かったのでしょうけど..

2104DSC_8595.jpg
101系6両固定編成が出て来た時点で矛盾が発生します。
左の197Fは701系と同じですが、右の6両固定121Fは編成中電動車4両になりました。
そこで従来の付番ルールに無いモハ101-21、101-22が登場しています。

2105DSC_9152.jpg
模型のモハ101-21 私鉄では珍しいハイフン付きナンバー車でした。西武の社紋が付いていますが、車番的には国鉄101系と被った??(笑)。西武101系は100番台を越えて200番台まで作られたので モハ101-215 なんて車両もありました。

seibu2000Table.jpg
2000系は最初から6両固定でしたから付番ルールが変わり、通勤車としては初の4桁形式となります。しかし101系までの付番ルールが一部残るような形、1編成奇数、偶数ペアは踏襲されました。
6両固定は両端のクハが2000台奇数、偶数、モーター車2両ユニットに2100,2200番台奇数、偶数という形になりました。後に8両固定になった際2300番台が追加されています。
2000系では電動車であるなしに関わらず、西武新宿方先頭車が編成番号になりました。
6両固定の西武新宿方はクハ2015ですから2015F です。初期車が2001~2033F、新2000系は番号が飛んで2051Fから付番されましたが、ナンバーが溢れてしまい、後に2045~2049Fが登場するというおかしなことも起こっています。
しかし2000系もこれですんなりは終わらず、2両固定編成には2400番台、4両固定編成には2500,2600番台が付番されました。どちらも先頭が電動車クモハ、両端クハに電動車ユニットを+100で加えて行くというルールもここで崩れた感があります。因みに新2000系で最初に作られたのは4両固定編成、2501F~です。
これより2400番台は2連、2500番台は4連、2000番台は6又は8連ということが分かります。また編成番号(○○○○F)は全て奇数になる筈です。
なお、6000系以降奇数、偶数ペアから完全脱却しましたが、付番ルールがちょくちょく変わっていて、迷走?感があります😅。
 
車番の話が長くなりましたが...

2407F+2057Fは最近整備していますので色々書いています。シングルアームパンタに8連のベンチレーター撤去、今も元気に走っている姿です。
2103DSC_8600.jpg
2057Fは行先表示が方向幕で残る車両、準急の緑色調がどんな感じだったかいまいち自信が無かったのですが..

2105_seibuM2257.jpg
先日の通院時にたまたま乗車の機会があって、撮って来ました。2057Fの4両目 モハ2257です。うん、大体合ってるかな..(笑)。

2105DSC_9153.jpg
2405Fはスカート無し菱形パンタ、2093Fはベンチレーター、戸袋付きパンタは菱形が各1基の表現としました。2405Fにスカートが付いたのがいつからか分からなかったのですが、調べた結果2004年の更新工事、シングルアームパンタに交換されたのと同時だった思われます。

2104DSC_8801.jpg
写真の真ん中が2093Fですが、登場時はダブルパンタ、左の1基が撤去されたのが2001年ということが分かりました。左側のベンチレーターが少ないのは元々パンタが乗っていたから ですね。パンタ搭載車の屋根の表情も3編成バリエーションが付きました。

202103[D9-2484]東村山119
模型は2001~2004年頃の姿になりましたが、2093Fは2009年に更新工事を受け、戸袋窓が埋められ、ナンバープレートがステンレスプレート化、模型とはだいぶ感じが違う姿になっています。2405Fも2407Fと同じ仕様になって今なお現役です。写真左に写るのが2093Fです。

今日はレッドアロークラッシックの新宿線特別運転日でしたね。出動しませんでしたが。

2105DSC_9154.jpg
最後に2529F+2015Fですが、先頭のパンタグラフ撤去跡が残るクモハ2529 1992年の撤去だったそうです。その後方向幕にローマ字が入った程度で活躍を続けています。4両固定編成の2500番台、約30年外観が殆ど変わっていない貴重品?が多い番台です。個人的には前パンが残っていればなー...4両固定に4基パンタでの登場..多すぎかー..
2015Fは1996年にスカート取付、側面ドアHゴム→金属押さえ化、LED化をされています。
なのでこの編成は1992~1996年の設定..先日書いた通り黒Hゴムを表現しました。

2104IMG_0514.jpg
どの時代にどんな姿だったのか、色々調べて大体分かって来たので3世代表現、自分がいいなーと思うのは古めの設定かな。姿を変えた車両が多いものの、2015Fを除き全車今なお現役なのも嬉しいところです。表現に変化を付けた編成の運転を楽しみたいと思います。

西武2000についてはこれまでも色々書いていてどこまで?が分からなくなって来ています。
重複している記載があったか?とも思いますがご容赦ください。

最後までご覧いただきありがとうございました。

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ Blog村へ
 
鉄道コム 鉄道.comへ   

ED77健在の頃 5月の磐西

Posted by Toyohara Yamato on   0 

こんにちは。
今日は1993年の5月某日、磐越西線で撮影した写真をUpしてみたいと思います。
磐西のヌシだったED77が最後の活躍をしていました。

電化区間の客車列車は上り下りとも朝一番列車の運用、乗車してしまっては撮影が出来ません。この日は会津若松に前泊、翌朝早くタクシーで磐梯町へ。そこそこの金額になるのですが

199305[N212-12]磐梯町1222A
やって来たのはED77重連牽引!タクシーを使わなかったらこの上り始発列車に乗車だった筈、使った甲斐がありました。写真は磐梯町を発車してきたところを望遠で..

199305[N213-03]磐梯町1222
同じ列車がぐーっと大回りして来ます。勾配を緩めるため右へ左へ..磐西らしい線形です。
右奥に写る鉄塔の更に右脇が1枚目の望遠アングルを撮った位置です。

199305[N212-14]磐梯町1222
気持ちのいい5月の朝、磐梯山麓を行きます。
1222レ ED77 14+ED77 10 (3枚とも)

199305[N212-15]磐梯町1221
続いてやって来るのが郡山からの下り始発列車

199305[N212-16]磐梯町1221
逆光ですが好きな光線です。ナナナナの特徴、中間台車に朝陽が当たりました。客車50系4連で統一されていました。
1221レ ED77 13 (2枚とも)

199305[N212-20]磐梯町5295
貨物列車もありました。こちらは定期重連牽引、ラストナンバーの15号機だけ中間台車の両脇に床下機器カバーが付いていました。

199305[N213-09]磐梯町5295
広角で水鏡..タキ1900が付くこともありましたが、この日はコキ車だけでした。
5295レ ED77 15+ED77 12(2枚とも)

199305[N213-10]磐梯町18M
485系国鉄色の特急”あいづ”、6両編成になっていましたが上野直通だったと思います。
18M 

199305[N212-23]磐梯町3235M
455系快速、”デカ目”が懐かしいです。グリーンライナーになっていましたが国鉄型です。
3235M

199305[N212-25]磐梯町9229X
この日のお目当ては14系”ゆとり”の臨客でした。ED77 10牽引、朝の上り重連はこの列車のための送り込みだったんですね。

199305[N213-16]磐梯町9229
実は架線柱の影がかかっちゃったんですが(汗)、画像処理で大体消えてもらっています(笑)。
9229レ (2枚とも)
ここまで全て更科(信)-磐梯町の撮影です。

199305[N213-11]会津若松
会津若松の駅ホームから望遠で撮影したもの、貨物を牽引してきた15号機の左脇で11号機が休みます。JR東日本になってからのED77は10~15号機の6両配置、重連次位もありましたが、1日で全機を拝むことが出来ました。この年の9月には引退を迎えましたので、最後の活躍でしたね。ED77鉄道模型発売を期待しています。

この後DD51の客レを撮影に野沢まで行っています。
199305[N213-19]野沢232
夕方の客レ、DD51 1182牽引、煙がいい感じです。

199305[N213-20]野沢232
ここ、好きなポイントでした。野沢の駅停車が近いのですが、結構上っているのかいつも力行、煙モウモウでやって来ました。
上野尻-野沢 232レ (2枚とも)

199305[N213-22]野沢3223D
日没を迎えようかという頃、新潟行きの快速”あがの”が行きます。キハ58,28で運転されていました。新潟色になっていましたが、幌枠だけ国鉄色?(笑)。
この列車と徳沢交換でやって来る上り快速”あがの”の待ち時間に撮影でした。
野沢-上野尻 3223D

この頃の”あがの”は郡山直通、終点まで乗り通して新幹線で帰途についています。
広田から更科(信)までの連続上り急勾配、キハ58エンジン吹かしっぱなしでもなかなかスピードが出ず、あえぎ登っていたのは印象深いです。

まだまだ国鉄型天国の磐西を楽しめた5月終わり頃の1日でした。もう28年前になります。

最後までご覧いただきありがとうございました。
(旧Y! Blog掲載内容を含みます。写真の色調は全て調整しなおしています。)

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 写真ブログ 鉄道風景写真へ にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ Blog村へ
 
鉄道コム 鉄道.comへ  

N-Gauge お召1号編成(続編)とマニ37

Posted by Toyohara Yamato on   0 

こんにちは。
今日はNゲージ鉄道模型、ドデカライトケースを何とかするお召列車一号編成の続きと、流れで再整備することになったマニ37の話です。

2105DSC_9134.jpg
再びお召一号編成(KATO 10-418)の話から行きたいと思います。写真では牽引機のEF58 61(KATO 3038)が目立っちゃっていますが..😅。

2105DSC_9120.jpg
先日一時的にマニ37のパーツを貰って上手く行くことを確認したので、写真のマニ36床下セットを2組購入しました。マニ37は手に入りませんでした。ライト基板とテールレンズ部を使って460号のデッカいライトケースを排除します。

2105DSC_9140.jpg
が、例により色々ありまして、前回やった461号機もちょっと手入れ、更にマニ37の整備=ボディー交換、ジャンパ栓表現入れもやる事になりました。

Amebloの方へShort動画を交えて色々書いています。
↑リンクになっています。ご覧いただければ幸いです。

2105IMG_0553.jpg
今回で一号編成のドデカライトケースは排除できましたが、他にもう1編成居るんです。弄り甲斐がありそうな感じ..進展が合ったら書きたいと思います。

最後までご覧いただきありがとうございました。

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ  Blog村へ
 
鉄道コム 鉄道.comへ   

該当の記事は見つかりませんでした。