fc2ブログ

重単5175(FC2版)

ED75,DD51中心の鉄道写真&鉄道模型 &たまにネコ

N-Gauge GM西武2000系 2407+2057F運用開始

Posted by Toyohara Yamato on   0 

こんにちは。
今日はNゲージ鉄道模型、整備に時間がかかっていたGM(グリーンマックス)西武2000系についてです。

2103IMG_0467.jpg
今までも動いてはいたのですが、ようやく整備が終わって本格運用開始です。
2両固定初期型2407F(GM 4489)+8両固定新2000系2057F(GM 30834)です。
2057Fがベンチレーター撤去車ですから、現在の姿をイメージする編成です。新2000のベンチレーター撤去は2012年から始まり、順次行われて昨年完了したそうです。初期車は撤去の対象になっていません。
年末のDCCモーター瞬殺事件やら、先頭車のライトDCC化等々手こずっていたのは2057Fの方ですが、2407Fの方にも少し手が加わっています。

2103DSC_8597.jpg
それは行先表示、バリエーションを付けるため”準急西武新宿”にしました。左のクハ2058は急行だったものを準急に貼り替え、右のクモハ2407は行先も含めて貼り替えています。こちらは前回の3色LED→フルカラーLED仕様化 2度目の貼り替えです。銀河モデルのステッカーセット(N-518)、買ってあったのを発見したのでこれを使いました。

2103DSC_8469.jpg
側面行先表示は自作としました。N-518だけでは足りないし買うと高いので...
例によりExcel上で適当に作って、シール用紙にインクジェットプリンターで印刷して使用します。もうちょい解像度が出るといいんだけどなー。

2103DSC_8600.jpg
2057Fって今も方向幕で残る編成なんですよね。しかしシール的にはフルカラーLEDも幕も変わらず、微妙な感じの違いまで再現するのは難しいと思います。

2103DSC_8598.jpg
2407Fは現在の実車がフルカラーLEDなのでこちらにも貼りましたが、ちょっと縦方向が詰まった感じに...

2103DSC_8470.jpg
写真のように作りが違うのに起因しているようです。多分クモハ2407の表示部窪み上下寸法がクハ2057より小さいのでしょう。少し文字を小さめにして高さを圧縮したシールを作るなど小細工が必要なようです。

2103DSC_8602.jpg
2057Fの方には自作室内灯入れを実施、これはすっかりルーティンです。
この車両の床下はオリジナルのGM TR-200Aタイプ、下記KATO製に合わせてクリーム色系の塗装をかけています。

2103DSC_8601.jpg
一部はKATOの西武新101系由来の足回りを使用です。電動車も含め3両です。GMはTR-200Aになってから集電性能がかなり良くなったので、これをライト点灯の先頭車に回した分、101系のもので補充する必要がありました。101系は3ドア車ですが、KATO205系の座席パーツに取り換えて、ちゃんと4ドア化 も行っています(笑)。

2103DSC_8599.jpg
左のTR200Aと右のKATO新101系由来が繋がります。FS-372A台車の表現がGMとKATOでだいぶ違うのですが、GMの新集電台車など手に入りにくく、現状止むを得ません。
DCC上でGMモーター瞬殺だったので、電動車は台車も含めKATO必須ですしね。

2103DSC_8596.jpg
上はモハ2158です。どうやらこの車両だけ床下機器が新規製作になったようで、実車とほぼ合っているように見えます。下は苦労して新101系の床下を切り貼りして作った2093Fモハ2394、 ほぼ雰囲気合ってますよね。なのでモハ2158と同形態のモハ2358は床下を弄らずに済みました。が他の6両は相変わらず機器配置が実車と違うので切り貼りしまくりです。
2057Fは新2000系の中では初期型で、最終型の2093Fより戸袋窓が小さめ、ここはGMさん、しっかり再現されています。

2103DSC_8603.jpg
これは模型上の電動車モハ2257です。これも新2000系仕様に手直ししました。

2103IMG_0468.jpg
こうしてようやく整備終了の2057F、2407Fと組んで現在の姿を再現、運転を楽しみたいと思います。
これで西武2000系は10連が3本になったんですが、他の2本も同時に弄ってまして..時間がかかりました。また3本それぞれ違う年代の姿を再現という形にしました。この話はまたの機会に...

最後までご覧いただきありがとうございました。

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ  Blog村へ
 
鉄道コム 鉄道.comへ

スポンサーサイト



Win10更新良い事無し +N-Gauge 113系をちょっと..

Posted by Toyohara Yamato on   0 

こんにちは。
今日はいつもと趣向の違う話、Windows10のアップデートについてです。ここ数日苦労していました。最後にちょっとだけ113系鉄道模型の話が出て来ます。

2103DSC_8577.jpg
Win10ってセキュリティー強化の名のもと?年数回大掛かりな更新がかかりますよね。しかし、勝手に仕様も変えてくれるようで、Updateを機に色々と不具合を起こすことがあります。会社でもいろいろ苦労した覚えがあります。またWin10のVer.が変わる都度会社で使っていたシステムの動作検証が必要だというので費用を計上すると、上層部からは”何でそんなカネが必要なんだ?”と揉めたこともありました。Win10更新でいい記憶は無いんです。
今回、今まで使っていたver.のサポートが切れるというので仕方がない、ver.”20H2”というのにUpdateをかけました。すると...

2103DSC_8575.jpg
NASにアクセスできなくなる ということが起こるんです。このFドライブは鉄道関連、撮り貯めた写真やBlog写真などを保存しているもの、これにアクセスできないとBlogが書けません..

鉄道を中心にDigitalの写真が増えていきますし、ネガ、ポジ写真もまだリストアップしたコマ数の10%ちょっとしかScanが終わっていません。が現状既にTB(テラバイト)級の容量になっています😅。
なので大容量のNASのような機器を複数台持ち、RAIDを構成し、更にバックアップの外付けHDDを付けるなどデータ保存には気を使っています。ネガポジは形として残りますが、デジタルデータは消えちゃったら一巻の終わり ですから...
外出先からアクセスするなんてことは必要ないのでやりませんが、

2102DSC_8213.jpg
倉敷在住時代=2拠点の名残で2台のパソコンがあります。プライベートネットワーク内でどちらからも自由にアクセスできるのでNASの導入 となっています。

2103DSC_8585.jpg
これまで2台ともWin10は1909 2年ほど前のVer.で通して来ました。去年の更新時(Ver.2004だったか?)に同じ不具合が起こったので1909に戻して使っていました。よく”更新で便利になった”みたいに表示されますが、私はどーせ新機能など使わないし、考えるのも面倒くさかったので...

2103DSC_8578.jpg
今回はサポートが切れるというんじゃしゃーないかなー と重い腰を上げて、2台のうち1台だけver.20H2へ更新し、netで色々調べながら解決策を探します。
最初SMB1.0 矢印の所にチェックを入れると解決するという記載を見つけてやってみましたが、私の機器の場合これでは解決しませんでした。これにチェックを入れるとセキュリティー上危ないとの記載もあったので元に戻しました。

2103DSC_8586.jpg
あれこれやって至った結論は、Windows管理ツールの”サービス”にありました。
因みにこのアプリの並ぶ画面 右側にはゲームやら何やらdefaultで沢山付いていましたけど、根こそぎ削除しています。使わないし動作が重くなるだけですから。これも通常の”アプリの削除”では削除できず、調べてややこしい操作を行って削除しました。

2103DSC_8584.jpg
本題に戻って、、
上記”サービス”をクリックするとサービス名がずらーっと並んだ表が出て来ます。
この中の”Workstation”の再起動をかけるといいようです。
PCを立ち上げ後毎回実施する必要がありそうです。面倒やなー。

2103DSC_8583.jpg
機器によってはこれでもネットワークドライブから直接つながらず、一旦エクスプローラに直接プライベートIPアドレスを入力しないと接続しないケースがあります。ファームウエア更新を行った機器もありました。

2103DSC_8582.jpg
ネットワークドライブもIPアドレス記述に変えて...これでようやく繋がる様になりました。ネットワークドライブ名の所には赤い×表示が出ていますが、画面右側のフォルダは見えているので繋がっています。(これもバグ?)
因みに”Photo_FE”がテッチャン写真を多く保存しているフォルダです。Feが”鉄”の元素記号なので、この名称にしました..(爆)。

技術的な問題による仕様変更なのかバグなのか知りませんが、あくまで自分の経験上で思うのは、Win更新がかかるとロクなことがありません。Netで調べていると同じ現象で苦労されている(された)方も沢山おられるようです。更新で新技術、仕様に乗換えて行く際、これまでの機器全部の正常動作を保つのは難しい というのも分かりますが、ブラックボックスだし、説明があるわけでも無いし、多くの人が現状維持なら必要のない苦労をしている状況ってどうなの?って思います。
私はなるべくメジャー更新は最少頻度とし、何年かに1回苦労するのは仕方ないかな と思っています。Winは面倒ですが、使わないと仕方ないので。他に不具合が無いか?もう少し1台で使って、どこかで2台目も更新するかな と思っています。
なお、Netで沢山調べたのでどの情報を参考にさせていただいのたかが分からなくなっちゃいましたが、ありがとうございました。

実はOfficeもVer.が古いんですよね。これもサポートが先日切れたんですが、家で使うだけ、外部とのファイルのやり取りが無くても危険なのかな?がよく分かりません。
最近の月額制でしたっけ?使う限り延々カネ払え ってスタイルも私は嫌なので。
どっかで乗換えないと仕方ないのかも知れませんが。

だいぶ苦労したので文句モードになっちゃいましたが、最後にちょっとだけ模型ネタ...
2103DSC_8573.jpg
このKATO 113系 ”小田原”の行先表示を自作しましたが、上記古いOffice(Excel)のセル結合設定を誤り、ローマ字表示が少しだけ左に寄っているのが一部混ざっていました。

2103DSC_8574.jpg
なのでセンターに表示されたものに取り換えました。実に微妙な差ですがインクジェットプリンター印刷の自作モノなので手軽に交換できます。
最後にPCソフトにこじつけたテッチャンネタでした(笑)。
113系については近々再度のネタUpを予定しています。

最後までご覧いただきありがとうございました。

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ  Blog村へ
 
鉄道コム 鉄道.comへ

磐越西線 最終5281レ

Posted by Toyohara Yamato on   0 

こんにちは。
今日は磐西のDD51ネタをUpしてみようと思います。
3月というとダイヤ改正を機にさよならが多くなりますが、磐越西線のセメント貨物列車も2007年3月、地味に最期を迎えました。

200703[B1531-02]喜多方5281
車扱の貨物ゆえ、先日の”踊り子”等々のように〇月〇日でおしまい といった発表はありません。しかし、ようやくネットで情報を検索できるようになった頃で、当初ラストは写真の翌日との情報を掴んで、そのつもりで準備して家を出ました。が、通勤途中に別のネット記事を調べると1日前、この日が最終運転だと..
ぎょえーーーっ
カメラ等荷物は持って出ていたので、何とか頼み込んで午前中で仕事を丸め込み、午後半休貰って飛び出し、ようやく夕刻の塩川駅に間に合わせたのがこの写真です。
最終列車ということで地元の方が見送りに来られていたのでしょう。
やはりこの日が最後だったか...

200703[B1531-04]喜多方5281
撮影は間に合いませんでしたが、右端のサイロ屋根下が荷扱い線、ここからタキ1900系貨車を引き出して入換組成がなされた筈です。なお、一昨年の磐越西線キハ40系最後の乗り鉄でここを通った時、荷扱い線もサイロもそのままの姿で残っていたのにビックリしました。この日以来12年間、貨車は入線していない筈なんですが..
塩川駅 最終5281レ DD51 1184[東新]牽引 (2枚とも)

200703[B1532-01]喜多方231D
駅撮りはそこそこに先回りをかけ、撮影ポイントへ。散々撮影に通った列車でしたから最後はやはり架線の無い非電化区間で走りを撮りたい と思いました。とはいえ3月に17時過ぎの通過ですから光線が厳しいので喜多方の少し先を選択です。先行のキハ40、47の普通列車が行きます。
喜多方-山都 231D

200703[B1532-04]喜多方5281A
その後本命の登場、最後のタキ1900 広田5+塩川8のフル編成を牽引してDD51が唸りを上げて行きます。案の定光線状態は厳しくなっていました。

200703[B1533-02]喜多方5281
当然?後追いアングルも企画..震災臨を除けば磐西でDD51を見れたのもこれが最後です。

200703[394-24]喜多方5281
カンテラ尾灯をぼんやり残して、磐西最後の貨物列車は去って行きました。
喜多方-山都 最終5281レ (3枚とも)

飾り気のない普段着の魅力が一杯だったDD51+タキ1900の貨物列車、こういうのが私は好み、会社をブッチしてでも最期を見送りたい列車でした😅。実はSL”磐モノ”は殆ど撮ったこと無いんですが..😅😅。

半日早く撮影行へ出発した形になりましたが、この後の行程でもさよならオンパレードでした。2007年3月は私的に重要なサヨナラが多かったんです。その話はまた別の機会に。
最後までご覧いただきありがとうございました。

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 写真ブログ 鉄道風景写真へ にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ Blog村へ
 
鉄道コム 鉄道.comへ 

N-Gauge KATO ED75 115 再整備

Posted by Toyohara Yamato on   2 

こんにちは。
今日はNゲージ鉄道模型、KATO3075-1 ED75 115号機です。製品は1000番台前期形ですが一般形に改造しています。

2103DSC_8548.jpg
昨日の記事、コンテナ貨物列車3種の撮影で運転していました。真ん中の国鉄コンテナが載るコキ50000系を牽引しているのがED75 136115号機の重連です。長いコキ車16両編成が3本、どれも有効長一杯に停車です。

2103DSC_8559.jpg
重連2両のうち、右側の115号機のエアホースがPZ-001だったので、今回カラーワイヤーへ交換です。

2103DSC_8560.jpg
使うのは3075-3C3、700番台のカプラーセットです。先日追加で購入しました。115号機が入線したのは1年前ほど、この時も同じパーツを買って改造しているんですが、PZ-001車を全廃することを決断しているので順次進めています。

2103DSC_8560.jpg
今回はカプラー周りの作業を少し詳しく書いてみますと..
写真はパーツを開封した状態ですが、700番台のものを一般形にするので、いくつか手入れが必要です。先ず青い矢印、この小さいのは一般形にも700番台にも付いていなかった筈の”謎のジャンパ栓”?です。
右の白い矢印のKE77ジャンパ栓、KATOの700番台は両End共”開”表現で、ケーブルパーツを挿し込む穴が空いています。が、一般形の1End側(”A”の刻印があるパーツ側)にはケーブルが付かないのでジャンパ栓は”閉”です。

2103DSC_8562.jpg
なので両方とも削り落とします。ジャンパ栓の方は周囲に出来るだけ影響を及ぼさぬよう慎重に..結構難しいです。

2103DSC_8563.jpg
上のPZ-001が付いていたカプラーパーツには、スライスしたジャンパ栓”閉”パーツを接着していたので、これを剥がして移植です。

2103DSC_8564.jpg
貼り付ければ”閉”表現になります。このスライスジャンパ栓は元々余ったカプラーパーツから切り出して来たものです。必要な位置にケーブルを挿し込む穴も開けています。ちょっとズレて開いちゃった部分も...😅

2103DSC_8566.jpg
あとはEF71,ED78の時と同じ、連結器ねじ止め、エアコックに白の色挿し、ケーブル装着で仕上げます。穴がズレた部分もケーブル(ケンタカラーワイヤー#28)を挿し込むとある程度フォローが効きます(笑)。左の逆Ω状KE3ケーブルと、連結器右脇のブレーキ管は共通ですが、2本のエアホース(元ダメ管、釣り合い管)は2Endは左側、1Endは右側のみと少な目です。

200205[285-08]白坂3081
これは実車写真を見て合わせます。下り方2Endは左に2本、

200207[286-15]高久3054
上り方1Endは右に2本なんです。撮り貯めた写真を見る限り一般形(ヒサシ付きも含む)はみなこの配置だったようです。実車写真2枚はいずれも115号機機番シリーズ記事でUpしたものです。

2103DSC_8568.jpg
ボディーを組み立てます。3両居るKATO3075-1からの一般形改造車は全てカラーワイヤー仕様で揃いました。

2103IMG_0465.jpg
今度は整備した115号機先頭で運用復帰です。DCCでは前後どちらでも重連運転、ライト制御が可能です。パンタ集電舟の左右端に赤の色挿しも行いました。

最後までご覧いただきありがとうございました。

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 写真ブログ 鉄道風景写真へ にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ Blog村へ
 
鉄道コム 鉄道.comへ 

N-Gauge KATO コキ107 テールライト安定化など

Posted by Toyohara Yamato on   0 

こんにちは

今日はNゲージ鉄道模型、コンテナ貨車コキ107の話です。前回のYouTube動画でチラつきまくりだったテールライトの調整など行いました。

2103DSC_8557.jpg
KATO 10-1432 コキ106+107の10両セットに入っていた1両です。セットの車両を中心にコキ104も加えて16両編成を組み、最後尾に連結しています。セット中唯一カンテラ式テールライトが点灯します。写真は整備後のものですが

2103DSC_8536.jpg
整備前の状態確認、こんなことになっていました。カプラーパーツが上手く接着できておらす、隙間から赤い光が漏れています。これを改善しました。

今回はShort動画を載せていますので、2枚目から1枚目の顛末はAmeblo記事をご覧いただければと思います。
↑リンクになっているのでクリックいただくとAmeblo記事にジャンプします。

最後までご覧いただきありがとうございました。

該当の記事は見つかりませんでした。