fc2ブログ

重単5175(FC2版)

ED75,DD51中心の鉄道写真&鉄道模型 &たまにネコ

四国(3) 土讃線最後の50系客車など

Posted by Toyohara Yamato on   0 

こんにちは。
丁度30年前の10月、四国で撮影した写真を既に2度Upしていますが、第3話が残っていました。10月も今日で最後ですからUpしてみたいと思います。写真は全て1990/10 土讃線での撮影です。

199010[N091-21]大杉33D_6022D
学生時代、学会参加に”便乗”しての撮影でしたが、予讃線、土讃線から50系客車が引退するまで残り1か月程..とあって学会終了後も真っすぐには帰っていません。四国の客車列車に最後の一瞥を..と、帰路とは逆方向(笑)、土讃線を下り大杉駅に降り立っています。
何でこの駅で降りたのか記憶にありません。場所のアテがあったわけでは無いと思います。
多分乗れた特急列車と客レの時刻の兼ね合いから、ここで降りて何とかしよう,,そんな感じだったと思います。
奥が乗って来たキハ185系”しまんと”、2000系気動車の臨時”南風”と交換でした。
大杉駅 33D しまんと3号 / 6022D 南風52号

199010[N092-00]大杉225
付近をウロウロし、結局駅近くのポイントで撮影したと思います。
DE10 1079[高]牽引の50系列車が発車して来ます。[高]は高松運転所です。
大杉-土佐北川 225レ

199010[N092-02]大杉224
山深い区間、川も近くにあり、この場所以外どうにもならなかったんだと思います。あまり時間も無くほぼ同じ場所で上りの客レも捉えています。DE10 1091[知]牽引です。DE10 ショートノーズ側のこの角度、好きなんですよねー。[知]は高知運転所です。
土佐北川-大杉 224レ

199010[N092-04]大杉36D
特急も通過して行きます。キハ185の高松行”しまんと”。この頃はヘッドライト非点灯でした。
土佐北川-大杉 36D しまんと6号

199010[N092-08]大杉2005D
キハ181系の特急列車も残っていました。しかし、国鉄色を見慣れた目に、この塗装はなー..折角の貴重な国鉄型なのに..と思いつつシャッター押していました。
大杉-土佐北川 2005D 南風5号

199010[N092-10]土佐山田4767D_9aaa
大杉での撮影後は普通列車に乗車、土佐山田駅でこんな列車に遭遇します。
DE10 1014[高]+DE10 1148[高]重連+アイランドエクスプレス四国です。唯一50系から改造されたジョイフルトレインでしたね。
左が乗って来た普通列車です。

199010[N092-11]土佐山田4767D_9aaa
客車を出したく駅の先に回り込んだところで既に青信号現示、発車して行きました。
この編成を見たのは後にも先にもこれ1度きり でした。予期せぬ列車を撮影できました。

199010[N092-12]土佐大津226
そして四国の50系客レ最後はこの1枚、DE10 1138[知]牽引、土讃線50系はどの列車も4連で運転されていました。夕刻が迫っていたので、なるべく始発の高知寄りの駅で撮れそうなところ ということでここを選んだんだと思います。
土佐大津駅付近 226レ

天気は良くありませんでしたが、最後の四国50系客車列車を追い回した1日になりました。

さて、夕闇迫る時刻に高知の近くまで来ちゃってどうやって帰るのよ?? と...
199010[N092-14]高知9222
それはこの列車 快速ムーンライト高知に乗車しようと考えたからです。写真は高知駅発車前の姿です。DE10 1094[知]牽引の12系改造車3連だったと思います。
高知駅 9222レ

切符は四国ワイド周遊券を使っていたので、東京への帰り道、四国を出てから新幹線や特急を使ったら料金がかかります。まだ学生でしたから新幹線代なんて払う余裕は全く無し。その点この列車は普通列車グリーン券(1800円ほど)だけ払えば翌朝早く到着で京都まで連れて行ってくれる..客レも撮影できるしこれはお得 とこんな行程を考えていました。
当時のメモには”生まれて初めて乗ったグリーン車”と書かれていました(笑)。
こういう楽しみ方が出来る切符、列車が今はすっかり無くなってっしまったのは実に寂しいところです。

実は昨日の記事にUpした山崎の381系しなの はこの列車で京都に着いて、別途扱いで山崎へ戻って撮影したものです。

播但線から始まった丁度30年前10月の記事はこれでひとまず終了です。
一連の記事は以下リンクになります。

播但線の客車列車
四国最後の客車列車、秘境駅など
四国(2) 30年前の琴電など

上述山崎では色々な列車を撮影できたので、機会があったらまたUpしたいと思います。

最後までご覧いただきありがとうございました。

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 写真ブログ 鉄道風景写真へ にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ   Blog村へのリンク

 イメージ 14 鉄道.comへのリンク(Blogページへ)

スポンサーサイト



N-Gauge&実車 KATO 381系の整備(1)

Posted by Toyohara Yamato on   0 

こんにちは。
今日はNゲージ鉄道模型、私の所で唯一在籍している直流特急車両、381系の話です。例によって自作室内灯入れなどの整備を開始しました。381系特急の実車写真も出て来ます。

2010DSC_7098.jpg
写真は整備前の姿です。KATO製の9両編成を2分割して撮影しています。またもや?座席パーツが全面青いので室内が真っ青(グリーン車は真っ赤)です。更に”登場時”を再現しているとのことで屋根は銀塗装ですが、485系などと同じく自分は銀色にテカる屋根は見たことが無く、これも違和感です。

2010DSC_7134.jpg
製品はKATO 10-876 レジェンドコレクションの381系しなの”です。2011年冬に購入していました。もう9年経つんだ..
実は381系時代の特急しなのにはあまり馴染みが無かったのですが、KATONゲージのこの製品に”振子機構”を搭載した というのを見て”これは面白そうだ”と買ったと思います。

2010DSC_7100.jpg
製品の説明書には”特殊装置が付いているので、不必要な分解をしないように..”と書かれていますが、座席の塗装などは分解しなければ始まりません。モハ381をバラしたところです。
この製品の”肝”はボディー側の集電銅板の形状にあると思います。

2010DSC_7133.jpg
写真青矢印⇔ の部分、集電銅板が上側に湾曲しているんですね。これが”特殊装置”と思われます。写真左上方向へカーブして行く時、台車も追随して左上を向きます。この時台車上側の集電ピンが湾曲部にかかり、バネが弱くなります。台車下側は湾曲無しの部分、バネが強くこの結果車体は写真上側に傾く という機構のようです。なるほどなー、よく考えられていると思います。板バネ式集電だからできる業 ということも出来るでしょうね。
後述のように運転が難しかったりしますが、こういった”工夫”のある製品、好きですねー。四国の2000系気動車など、381系以外の振子車両にも搭載されているようです。
この銅板を曲げちゃったり自分で整形したり、形状が変わってしまうといっぺんで脱線やら集電不良やら、走行がメチャクチャになるのは容易に想像できます。なのでこの扱いは慎重に、これがミソなんだと思っています。

2010DSC_7136.jpg
銅板の形状を工夫して車体を傾ける訳ですから、”車体傾斜装置”に近いのかな?遠心力を使った自然振子機構でも無ければ(模型では無理でしょうねー)、まして線路形状を記憶してコンピューター管理走行する強制振子でも無し(もっと無理か、 笑)、例えばこういったポイント通過時にも車体は傾きます。なので脱線が多め、また本来集電を目的とする銅板形状を弄っているので、集電不良も起こしやすい..円滑運転は難しい車両という印象を持ちます。

2010DSC_7131.jpg
また、先頭車の運転台側(青い矢印部)は、この傾斜機構が付いていないんですよね。最近のKATO別製品ではこちらにも傾斜機構が付いているものがあり、netなど調べていると銅板を交換されている方もおられるようです。私も興味はあります。しかし、肝心の先頭部に付けていなかったのには何か事情がありそうな気もするので、ちょっと怖いかなー..。

2010DSC_7130.jpg
トレインマーク変換装置は”しなの”の文字と絵の2種類です。

2010DSC_7135.jpg
さて、座席パーツのクリーム色系化、屋根のグレー塗装など行い、自作室内灯を入れ等行っています。写真はサロ381です。が、まだ作業が残っているのと、弄り出すとまたあれこれ思う所があるわけで...続きはまた書きたいと思います。

さて、ここから実車写真です。
201510[D4-4750]備中川面1014M
当初模型を買った時は、先頭車の非貫通100番台が出たら、これをAssyで購入して”やくも”にしようと思っていました。自分は381系"しなの"には乗車していませんが、"やくも"には随分乗車しています。写真は最近の姿、”ゆったりやくも”のクロ381-139 原画の拡大で車番確認できました。この時は”特別なトワイライトエクスプレス”牽引機のDD51重単を狙って待っていました。この日DD51撮影終了後も普通列車から乗り換えてやくもに乗車している筈です。
今や唯一の381系現役特急 になるのかな?
2015/10 伯備線 方谷-備中川面 1014M やくも14号

しかし、国鉄色時代の”やくも”に乗ったり撮ったりできていませんでした。山陰初訪、初乗車が1996年、もう国鉄色では無かったと思います。

一方381系しなのは?というと..
199010[N093-00]山崎381
こんな写真が残っています。山崎の有名撮影ポイントですね。これは向日町からの回送列車だったと思います。先頭車化改造されたクロ381が先頭の3+6連と思われます。
1990/10 東海道本線 山崎-高槻(島本) 列番不詳

199010[N093-13]山崎2015M
多分同じ編成が方転して、大阪発の”しなの”として前後逆で走り去ります。国鉄色の9連、後ろは貫通型のオリジナル、模型車両に近い姿と思われます。この頃のモハ380は片パン走行だったんですね。模型の屋根塗色はこれら写真より、”濃いめ”のジャーマングレーを選択しています。
1990/10 東海道本線 高槻(島本)-山崎 2015M しなの15号
撮影区間を誤記していましたので訂正しました 2020/10/31

なので、国鉄色の模型は現在も”やくも”化せず、”しなの”として走行させています。

余談ですが...
私事、三半規管、聴力系が弱く、車の峠道などはすぐに酔ってしまいますが、この381系は不思議と全然大丈夫でした。デビュー当時、基本立って乗車される車販の方など列車酔いが頻発したそうですよね。私的には車のようにカーブ遠心力で外に振られるより、線路のバンクや振子で内側に振られる方がしっくり来る..生まれつき体が”鉄道用”に出来ているのかも知れません(笑)。

最後までご覧いただきありがとうございました。

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ にほんブログ村 写真ブログ 鉄道風景写真へ にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ   Blog村へのリンク

 イメージ 14 鉄道.comへのリンク(Blogページへ)

津軽線へ..(1)

Posted by Toyohara Yamato on   0 

こんにちは。
津軽線へ撮影に行ってきました。ウィルス騒ぎになって以来初の遠出です。極力混雑しないルート、列車を選んでの移動としました。撮影は全て2020/10です。

2010DSC_7108.jpg
降り立ったのはここ、北海道新幹線の”奥津軽いまべつ”駅です。新幹線など移動中のマスクはうっとーしかったですが、着いてしまえば...誰もいません。日本一乗降客の少ない新幹線駅だそうですね。津軽線の津軽二股駅がこの写真の左側、すぐ近くです。 

202010[D9-1909]津軽二股337D
新幹線で着いてから津軽線キハの登場まで20分程しかありませんでしたが、駅の近くでこんな画を作れました。今回のお目当てはこの首都圏(タラコ)色のキハ40(48)、2両共国鉄色で揃いました。新幹線の駅近くでこの風景..ちょっと信じられないような..(笑)。
大平-津軽二股 337D

2010DSC_7109.jpg
その後、返しの列車撮影場所を求めて彷徨っているうちに、1駅間歩いちゃいました。大川平駅です。

202010[D9-1915]大川平338D
だいぶ陽も傾いて線路が影になる状態だったので、この日は”乗り鉄”へ転戦します。大川平へ入線してくる列車を駅撮り後、乗車して蟹田へ向かいます。
先頭のキハ48 1520は前面窓白Hゴムで残る車両、純国鉄型 を感じられます。
大川平駅 338D

202010[D5-9351]蟹田338D
蟹田の駅に到着、同じくキハ48 1520には乗降ドアにタブレット保護柵も残っています。並んだ青森行701系とは段違いの風格を感じます。

202010[D5-9356]蟹田338D
年季の入った2色サボもいいなー。2両編成4枚中このデザインが2枚入っていましたが、1枚は青い部分がすっかり褪せてローマ字が分からない状態になっていました。

202010[D9-1923]蟹田341D
折返し発車待ちの姿”かにた”の駅名票を入れて..
この駅はED79を追っていた頃に何度も降りています。海峡も特急も走って来なくなり、閑散とした感じでした。
蟹田駅 341D

2010DSC_7119.jpg
再び乗車して三厩まで、貸し切り状態の国鉄型キハの旅を楽しめました。こちらはキハ48 505です。

202010[D5-9373]三厩
三厩に到着。すっかり暗くなった最北端の駅をバルブ撮影..

202010[D5-9372]三厩
こちらは駅のホーム側から。駅名の表示板が渋いいい感じを出していました。

202010[D5-9394]三厩344D
折返し発車を待つ姿を撮影、駅名票を絡めて。
到着してから駅の撮影、列車の撮影とやりまくっていました。数年前からどうも目の調子(特に暗い所で)がおかしい気がするので、アングルやピントの合わせ直しをやりつつ...案の定ピンのおかしい写真が多数になりました。デジカメでバルブの経験があまり無いというのもあるかも知れません。数打ちゃ当たるは宜しくは無いのですが、現状止む無し、沢山撮っておいて良かった...写真は何とか見れる画に仕上がった1枚です。
私はAFというものをほぼ使わないのですが、こういったバルブでは使うことを覚えなければいけないのかも知れません。
ここで同業の方1名とお会いしたのですが、ひっきりなしの撮影で、あまりお話しできず申し訳なかったです。
この列車が上り最終列車、再び乗車してこの日の撮影終了です。

202010[D9-1937]奥津軽いまべつ
最後に..
新幹線、奥津軽いまべつ駅の事務所奥にこんなのを見つけました。快速海峡のサボ、先日模型用のシールを作って貼り始めたばかり...の本物?、50系5000番台に挿されていたと思われます。使われていたにしてはエライ綺麗な感じがしますが...
(Nゲージ”海峡”サボの件は上記リンク記事の末尾に書いています。)
この駅、新幹線になる前は”津軽今別”で、快速海峡が停車したんですよね。
1か所スポットで抜ける場所を見つけて撮影しています。右端がボケているのはウィルス対策のビニールシートがかけられているため。これが無きゃ左側の3枚目も撮影出来たんですが...

津軽線は他にも撮影していますので、またUpしたいと思います。

最後までご覧いただきありがとうございました。

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 写真ブログ 鉄道風景写真へ にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ   Blog村へのリンク

 イメージ 14 鉄道.comへのリンク(Blogページへ)

ED75 714[機番シリーズ097]

Posted by Toyohara Yamato on   0 

こんにちは。
今日はED75機番シリーズの第97回、714号機です。
撮影機会は多くありませんでしたが、旅客牽引の姿を撮影できました。

ED75 714[秋] 1971年落成 → [青] 1986~
秋田所属で国鉄民営化を迎えたのかと思いきや、青森だったようです。
JR東日本へ継承され 1988年に[秋] 秋田へ戻っています。

198808[N025-35]鶴ヶ坂627
最初の撮影はその秋田へ戻って間もなくの頃、50系の普通客レを牽引してやって来ました。
初の北海道撮影へ向かう途中、ここに立ち寄っています。
1988/08 奥羽本線(以下同様) 大釈迦-鶴ヶ坂 627レ

198808[N026-14]鶴ヶ坂単9aaa
同じ日、単回で弘前方面へ戻って行きました。KE77開放栓ケーブル両エンド装着は秋田車の証です。架線高さが低いのか、PS103パンタグラフがぺしゃんこに見えるのが印象的でした。
1988/08 鶴ヶ坂-大釈迦 列番不詳

199011[N097-15]鶴ヶ坂1001
この時は11月初旬の訪問でしたが、まだ紅葉しきっていないなー という状態でした。
寝台特急あけぼのを牽引、この頃ヘッドマークが何か色褪せていたんですよねー。
714号機で唯一特急牽引のコマだったのでUpしましたが、マークも景色も何か映えない写真になっちゃいました(泣)。
1990/11 大釈迦-鶴ヶ坂 1001レ

199108[N126-17]鶴ヶ坂3640
この時は夕方の撮影、曇りでもあって光線が厳しくなっていましたが、12系2000番台5連の列車を撮影していました。快速列車でしたが特に表記等見られません、サボも入っていないように見受けられます。

199108[N127-19]鶴ヶ坂3640
光線厳しい中、同じ列車の先頭を流していました。700番台は運転室側窓をユニットサッシにした車両が多く見られました。この機関車もその1両です。
1991/08 鶴ヶ坂-大釈迦 3640レ(2枚とも)

199203[N155-07A]鶴ヶ坂3637
これも夕方、暗くなって来ていたので機関車を流していました。碍子の少ないスッキリした屋根に下枠交差型PS103パンタグラフの700番台、高圧機器ビッシリの0,1000番台とはまた違った魅力があったように思います。この1枚が最後の撮影になりました。
1992/03 大釈迦-鶴ヶ坂 3637レ

714号機は93年末の奥羽本線客レ廃止で職を失い、94年に廃車になっています。

結局鶴ヶ坂の写真ばかりでしたね。当時JR化後のED75全機を撮ろうと躍起になっていて、秋田の700番台は撮影機会が少なかったので、どうしても本数の多い弘前-青森間のこの場所に足が向いていました。

撮影数は少なかったけど、客レ牽引に活躍する姿を記録できた機関車でした。

75kiban097_714.jpg
機番表です。白抜きの機番はUp済です。サイドメニューのテーマ”ED75機番シリーズ”をクリックいただくとこれまでの記事が一覧表示されます。

以上ED75 714 機番シリーズ第97回 最後までご覧いただきありがとうございました。

 にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 写真ブログ 鉄道風景写真へ にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ   Blog村へのリンク

 イメージ 14 鉄道.comへのリンク(Blogページへ)

KATO ED79+14系 快速海峡 Ⅱ [鉄道模型]

Posted by Toyohara Yamato on   0 

こんにちは。
今日はNゲージ鉄道模型、前回書いた津軽海峡線 ED7914系500番台 快速海峡号の続きです。

2010DSC_7084.jpg
整備後の姿です。前回記事の写真とあまり変わらん という話もありますが(笑)、機関車ED79のカプラーをMicroTrainsへ交換し、ジャンパ栓、ブレーキホース表現も入れました。
TOMIXのブレーキホースPZ-001が品薄状態なのですが、自作室内灯化の予定があった14系500番台編成の牽引機分は確保していましたので、予定通り取り付けています。

2010DSC_7085.jpg
このED79 4はKATOの3076-1 ED79シングルアームパンタグラフ 製品です。しかし私のイメージはシングルアームでは無い時代なので、TOMIXのPS103へ交換しています。KATOの碍子台座へ瞬間接着剤で貼り付けています。今回はパンタを銀塗装で表現してみました。
また製品のHゴムは前面、側面とも黒、私のイメージはグレーなので色挿ししていますが、はみ出したり剥げたり、ちょっと厳しいですね。このグレーHゴムなど窓ガラスパーツの発売があるといいんだけどなー、KATOはありません。
シングルアームは下り函館方(写真左側)のみ。ED79は必ずこちら側のパンタを上昇します。右側は上り青森方、こちらはPS103のままで、基本上昇させることはありません。模型もPS103表現でしたが、KATOはオーバーサイズなのでこちらもTOMIXへ交換しています。

2010DSC_7089.jpg
上り列車は10号車先頭、進行後ろのパンタ上昇です。客車のサボ、号車シール貼りも終了しました。

2010DSC_7087.jpg
撮影光線の都合で逆向きにして青森方を撮影しています。1枚目の函館方はジャンパ栓の移動、増設、交換などがあってだいぶイメージが変わっていますが、こちらは種車ED75 700の面影を残しますが、右側のKE77及び開放栓受けは撤去されています。片栓構造化されたということですね。1枚目の函館方と比べて大人しい顔つきになった印象があります。重連用ジャンパ栓はKE77→KE70へ交換されたようです。やはりHゴム色入れの剥げが目立つなー..

2010DSC_7081.jpg
14系500番台の自作室内灯化は特に目新しいことはありません。ボディーと屋根パーツの間にテープLEDを挟み込み、白色プラの天井板を貼っています。

2010DSC_7083.jpg
この北海道型14系500番台で揃えた10両編成ですが、この3つのセット由来です。
10-1214,1215 急行ニセコ・宗谷セット(基本+増結)と、
10-1326 急行利尻セット に由来します。全車KATOです。
ニセコ・宗谷セットにはマニ50が2両、スユ15が1両入っていますが、これらは荷物列車編成
東海道急荷38レ(又は32レ) 、 東北急荷35レ 、 奥羽客荷混結836レ
の3本にまんべんなく1両ずつ転用し、残った14系500番台は7両です。
ここに急行利尻(天北)編成の記事で”余った”と書いていた3両をプラスして10両編成としています。過不足なく使い切ることが出来ました。

2010DSC_7082.jpg
とはいえ、一部車番がダブるので改番を...これはオハ14 513の”3”を消して”6”を転写しています。インレタはTOMIXの485系のものを使ったと思います。若干オーバーサイズなのですが、レボリューションファクトリーはメタリック感が強く、部分文字移植では感じが合いません。

2010IMG_0260.jpg
整備を終えた14系バージジョンの快速海峡、50系5000番台と共に運転を楽しみたいと思います。
これでこの編成の整備は終了、次の編成に着手します。自作室内灯化残り4編成48両です。

最後にちょっと実車ネタを..
この14系海峡は、大平での撮影の他に、乗車経験も結構あります。特に記憶に残るのは、上野から臨時寝台特急はくつる81号乗車で、青森で接続する海峡1号に乗車、これが14系の列車でした。北海道C62ニセコの撮影に向かう時など、8001M~3121レは何度もやったパターンです。仕事が終わってから乗車出来て、早く着けますからね。(プライベートでは頑として飛行機は使わずでした (笑)。)

199612[B0065S-11]青森3121
写真ははくつる81号で青森に着いて、発車待ちの海峡1号を撮影したものです。この時は海峡に乗車したわけではありませんが。年末の撮影で14系は長めの8連に見えます。
急行はまなすで青森へ着いて、寝台車2両を解結しての折返しだったと思います。
1996/12 青森駅 3121レ

199612[B0065S-07]青森8001M
同日、乗って来た寝台特急はくつる81号です。583系の旅も楽しかったですねー。寝台料金が1000円高くても、冬場は真下で炊かれるヒーターが暑くても、断然大の字で寝れた下段が好みでした。この時も1号車の下段寝台で夜を明かし、青森へ到着しています。
1996/12 青森駅 8001M 

最後までご覧いただきありがとうございました。

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ   Blog村へのリンク

 イメージ 14 鉄道.comへのリンク(Blogページへ)

該当の記事は見つかりませんでした。