fc2ブログ

重単5175(FC2版)

ED75,DD51中心の鉄道写真&鉄道模型 &たまにネコ

ED75 147[機番シリーズ004]

Posted by Toyohara Yamato on   0  0

こんばんは。
今日は真剣に寒いですね。
横浜でも初雪とか。風もビュービュー状態、自室では珍しい暖房2台の使用です。
インフルもかなり流行っているようです。皆様お風邪など召されないようご自愛くださいませ。

今回はED75機番シリーズの第4弾、一般型の後期車147号機を取り上げてみたいと思います。
前回の723号に続き、この機関車もあまり出会う回数が多くなかった1両です。

85/08 東北本線 白坂-新白河 4085レ
この機番との最初の出会いはJRになる前。ドン曇りの中を流して撮ったのが最初です。国鉄時代は旅客、貨物関係なく、この時はコキ車の牽引でした。


87/05 東北本線 北上駅 1534レ
JR化後は旅客会社所属となり、客レ牽引が主な仕事となります。
50系客車を牽引して北上に到着した147号機の姿です。


89/08 東北本線 新白河-白坂 9022レ
青森の所属ということで当時多く運転されていた臨時列車にも充当されました。ヘッドマーク掲出でカートレインを牽引する147号機。青森からロングラン運用の勇姿と思います。
が、臨時の減少や運用の効率化があってのことでしょうか?旅客会社の一般型は早期に余剰となって行きます。


91/02 東北本線 小繋-奥中山 522レ
私にとってはこの1枚が147号機との最後の出会いとなりました。
Upした4枚が147号機を撮影できた全てです。

東北本線は96年まで客レが活躍し青森の定期運用は秋田より遅くまで残りましたが、一般型の廃車は早く147号は92/10に廃車になっています。前回の723号より早かったんですね。
一般型は貨物会社においては70~80番台で車籍復活して長く活躍する車両がありましたが、一方でこれらより車歴の若い140番台の一般型後期車が早期に廃車になってしまいました。
また132~160号機は全て1968年産まれですが、貨物会社所属となった145号機までと、旅客会社所属となった146号機以降では結果として活躍の期間が大きく異なりました。
何か運命を感じます。
そんな不遇の147号機、出会った機会は少なかったですが優等列車も含め元気に活躍する姿を捉えることが出来ました。

P.S.テニス中継を見ながらの記事準備でだいぶ時間がかかってしまいました。勝ちましたね、途中どうなることかと思いましたが頑張りましたね。


最後に機番表です。

以上ED75機番シリーズ第4弾、最後までご覧いただきありがとうございました。

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 写真ブログ 鉄道風景写真へ にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ  Blog村へのリンク
 
イメージ 14 鉄道.comへのリンク(Blogページへ)
   

スポンサーサイト



ED75 723[機番シリーズ003]

Posted by Toyohara Yamato on   0  0

こんばんは。

今日は2度目の更新、ED75機番シリーズの第3弾 700番台をUpしてみたいと思います。
これまでの2回は撮影機会の多かった機関車だったのですが、今回はあまり出会えなかった723号機です。

91/04 奥羽本線 白沢-陣場 1629レ
有名ポイントを行く723号の姿です。Web用画像からは機番の判読が難しいと思いますがご容赦ください。散々通った”白陣”ですがこの時が初訪、723号との出会いも初でした。


91/08 奥羽本線 大曲駅 2427レ
秋田新幹線の出来る前、大曲駅に進入する723号機牽引の客レです。
撮影後、この列車に乗車して初訪の刈和野へ向かっています。


91/08 奥羽本線 和田-四ツ小屋 3423レ
上の大曲での撮影翌日、朝の快速列車を牽引してやってきた723号、これが私にとって最後の撮影になりました。この3枚が723号を撮影できた全て、94年初には廃車になっています。
秋田在籍のED75 700は首都圏からフィールドが遠く撮影行の回数が限られたことと
、秋田地区は701系の導入が93/12改正と早く、これを機に運用を外れて早々に廃車になった機関車が多かったので、撮影回数の少ない機番が多い傾向にあります。

奥羽、羽越線用に屋根上の高圧機器群を機関室内にしまい込み、塩害対策を施したED75の中では最新設計の700番台、91両が生まれて全て秋田に配属されましたが、早期に用途を失って廃車になった機関車が多かったのは残念なことでした。また秋田から青森、福島へ転属し94年以降も活躍したもの、JR化を前にED79へ改造されたもの、そして少数ながら現在も仙台と、”生え抜き”で秋田に生き残っている700番台もあります。1両1両の運命は様々です。
僅かな機会でしたが元気に客レを牽く723号機を記録することが出来ました。


最後に機番表 ようやく一般型、P型、700番台1両づつを取り上げました。
この調子だといつ完結するか分かったものではありませんが(笑)、気長にお付き合いいただければ幸いです。

以上ED75機番シリーズ第3弾、最後までご覧いただきありがとうございました。 

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 写真ブログ 鉄道風景写真へ にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ  Blog村へのリンク
 
イメージ 14 鉄道.comへのリンク(Blogページへ)

ED75 1004[機番シリーズ002]

Posted by Toyohara Yamato on   2  0

こんにちは。
今日はED75機番シリーズの第2弾です。
1004号機を取り上げてみたいと思います。


01/02 東北本線 平泉-前沢 3077レ
今は冬場ということで寒そ~な写真から。雪を付けコキを牽引し力走する1004号機です。


99/02 東北本線 八戸駅 4078レ
八戸での1004号機先頭重連貨物の姿。これも雪べっとり、連結器やホース類が埋まってしまっています。


87/05 東北本線 岩手川口-好摩 3064レ
1004号機は68/07生まれ。写真はJR化後間もない頃の姿、好摩付近はこの時が初訪でした。田植え風景広がる5月の北東北をデフロスタ付きの”原色”で走っていました。


89/08 東北本線 白河-久田野 4089レ
ところが暫く後、試験塗装=通称”パンダガマ”に塗り替えられました。正直な感想は”なんてこったい”、私は特に国鉄車両については一貫してオリジナル塗色を好むので、この後長い間殆ど写真が残っていません。


98/07 東北本線 小鳥谷-小繋 3080レ
時が経ってようやく"パンダ塗装"を卒業し、赤2号のオリジナルに戻ったのは97年頃か? 一転して撮影対象に復帰となります。


99/07 東北本線 豊原-白坂 3081レ
1004号機は20系や高速貨物牽引用のP型1000番台初期車の1両、写真スカート両端のKE72ジャンパ栓(高速貨物牽引用)、右から2番目のKE59ジャンパ栓(20系電話連絡用)を装備する機関車ED75の中で最も連結器周りが賑わったグループです。
この頃になるとED75更新工事が進み、ボディー下半分が白塗色の通称”白ガマ”が増殖していました。この更新は1000番台を中心に行われ2000年秋の時点で赤2号単色の貨物会社所属P型はこの機関車を含む3両のみ、更に一転、私にとって最優先撮影の貴重品扱いとなりました。


2001/06 東北本線 白坂-豊原 5176レ
荷の無い単回で黒磯へ向かう1004号機。遂にこの年に更新工事が施工され白ガマ化、その後晩年は裾だけ白帯の時期もありましたが、赤2号単色に戻ることはなく2012年頃引退したようです。

塗色絡みで色々ありましたが馴染みは深く撮影機会も多かった車両、過去ネガ、ポジを掘り出した結果結構出てきました。N-Gaugeでもこの機番は在籍しています。
P型の花形運用であった寝台特急ゆうづるの牽引なども見たかったのですが、残念ながらそれは叶いませんでした。


最後に機番シリーズ表、ようやく2両目です。

以上、ED75機番シリーズ第2弾、最後までご覧いただきありがとうございました。

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 写真ブログ 鉄道風景写真へ にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ  Blog村へのリンク
 
イメージ 14 鉄道.comへのリンク(Blogページへ)
   

ED75 74[機番シリーズ001]

Posted by Toyohara Yamato on   0  0

こんばんは。

今日は前記事で予告したED75機番シリーズの第一弾です。
Blogのご紹介[3] ED75機番シリーズ ”予告編”はfc2でBlogを始めるにあたり、再編集してBlogのご紹介記事として改めて掲載しています。)
初回ということで注目されたカマ、予告編でも1枚UpしたJR化後トップナンバーの74号機です。この機番については書くことは沢山あります。

この機関車は国鉄民営化前に一度廃車になりながら、JR化後の好調な貨物需要のため廃車から約2年後に奇跡的に息を吹き返した”車籍復活機”の1両と聞きます。

89/04 東北本線 平泉~前沢 5261レ
車籍復活が3月末日、写真の撮影が4月初旬、正に復活したての74号機が車扱列車の先頭に立ちます。撮影時は車籍復活云々の事情は全く知らずたまたま来たのを撮っていますが、今思えばよくぞ帰って来てくれました。画像から整備仕立ての”銀パン”なのもわかります。


92/03 東北本線 松川-金谷川 4089レ
数年後、すっかり戦列に復帰し、重連貨物の先頭に立つ74号です。


98/01 東北本線 東白石-北白川 1451レ
この日は1日中宮城蔵王を望むこの区間での撮影を楽しみ、日も暮れかけた頃になって単機牽引の74貨物がやって来ました。


98/08 東北本線 八戸駅 4054レ
雨の八戸に到着し、しばしの休息をとる74号機。ヒサシ付き、丸みを帯びたスカート、床下機器のカバー無。50~100号機の特徴です。


99/05 東北本線 奥中山-御堂 5260レ
陽の長い時期、重単の後追い、どうにか後面に光が当たりました。左右対称でヒサシの付いた鼻筋の通る引き締まった顔立ち、赤2号単色塗装、正調の国鉄交流電機 と思います。


00/10 東北本線 白石-越河 (遅れ)3058レ?
遅れていたので列番は定かではありませんが、これが74号機の走りを撮影できた最後になりました。
89年に復活して10年越に渡り現役トップナンバーとして君臨しましたが、残念ながらこの撮影の1か月後、11月に廃車になっています。
現役トップナンバー機ということで優先して撮影していましたが、思いのほか撮影機会は少なめ、もっと撮ってるかと思った・・・過去の写真をひっくり返してみた印象ですがそれでも幸い活躍する姿を複数捉えられていました。こんなに話題性があり、沢山写真をUp出来る機番はそう多くはないと思います。

今回がシリーズ初回ですが、特定の機番の写真を掘り出すって思ったより手間がかかります。ボチボチやりたいと思います。
なお、記載した車歴については RailMagazine誌No.301付録”機関車表 国鉄編Ⅱ”を参考にさせていただきました。


シリーズ開始にあたり、こんな表を作ってみました。Upした機番は色を変えて行きます。全部色が変わったら”完結”ですが、先は長いですね。

以上ED75機番シリーズ第一弾、最後までご覧いただきありがとうございました。

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 写真ブログ 鉄道風景写真へ にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ  Blog村へのリンク
 
イメージ 14 鉄道.comへのリンク(Blogページへ)
   

該当の記事は見つかりませんでした。