fc2ブログ

重単5175(FC2版)

ED75,DD51中心の鉄道写真&鉄道模型 &たまにネコ

3連休乗り放題切符で東北へ~レトロなバス運賃表

Posted by Toyohara Yamato on   0 

こんばんは。
今日は切符とバスの話がメイン、ナナゴー実車ネタもちょこっと出てきます。
前記事の紅葉ED75ネタはすべて2000年の丁度今頃、11月文化の日を含む3連休を利用しての撮影行でした。

1911DSC_3698.jpg
さて3連休を利用して北東北へ出向くにはこれ、JR東日本乗り放題きっぷが発売されていました。新幹線、特急急行の指定も制限なくOKでした。
何度も名称を変えつつ今でも発売がありますね。乗車券のみで特急券などは別途 になっていますが。
これをフル活用するには..当時のダイヤ朝一番の東北新幹線多客臨やまびこ65号を使うと盛岡ではつかり1号に接続出来ます。この列車はいつも大いに混むので指定席、指定券も残っていました。
連休初日ならではのスジ、やまびこ65運転が無いと約1時間後のはつかり3号接続になってしまいます。
更にはつかり1号の大きな利点は、一戸駅前から1日1本だけ!の奥中山方面岩手県北バスに接続できたことです。当時はこの時間帯に盛岡からも一戸からも接続の普通列車がありませんでした。

200011[B0702-01]小鳥谷_岩手県北bus_tr
ということで、一戸から小鳥谷、小繋方面の撮影ポイントに時間ロスなく入れるこの路線バスには何度もお世話になったわけです。写真はバスの走行中を一撮していたものです。
このバスの想い出といえば..写真上方に写る運賃表、これが実に好きでした。

200011[B0702-01]小鳥谷_岩手県北bus
運賃表のUp写真、停留所を越えて運転士さんがボタン操作すると...
ガチャっと機械音がして留め金がちょこっと動いて..
上方水平にセットされた次の運賃表(手書き!)がファサっと1枚矢印のように降りてくる(落ちてくる?)..このアナログメカニカル感がたまらなく良いな と思って乗っていました。
今のバスはLED表示がパッと変わるだけが一般ですが、こういうカラクリのわかる機械仕掛けって 好きですねー。
もう20年位前の話、今は新式になっていると思いますが、今もこの運賃表なら..乗りに行きますよ(笑)。
<P.S.  アナログ好きが高じて今もレコードプレーヤーが現役だったりします。>

この時は小繋バス停まで乗車(駅よりは手前です..)、

200011[B0701-09]小繋3058
小鳥谷-小繋 3058レ

200011[B0701-07]小繋3093
小繋-小鳥谷 3093レ

朝一の新幹線乗車は眠くキツかったですが、前日現地入りの散財を抑制しつつ、10時前には紅葉真っ盛りの現地に入ることが出来て撮影開始..神がかった”スジ”でした(笑)。

以上ほぼ20年前の切符とレトロなバスネタ、最後までご覧いただきありがとうございました。

 にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 写真ブログ 鉄道風景写真へ にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ  Blog村へのリンク
 

イメージ 14 鉄道.comへのリンク(Blogページへ)

スポンサーサイト



手書きの”はやて”特急券

Posted by Toyohara Yamato on   0 

おはようございます。

昨晩、鉄道ネタだったこともあって、TV番組”日本人のおなまえ”を見ていました。

某連ドラ”白岡あさ”のモデルとなった広岡浅子さんは明治時代の”テケツ”(=切符 Ticketの発音がなまったものらしい)集めが趣味だったとか。

(P.S. すっかり波溜さんと”びっくりポン”のイメージが植え付けられています..(笑)。)

 

ということで久々の”テケツ”ネタです。。

撮影のための旅行が殆どでしたが、乗り鉄の思い出の品になりますから可能であれば折に触れ持ち帰るようにしています。中にはレアものがあったりもします。そんな例を1つ。

2003年5月のこと、東北本線松川で写真撮影をして、その後秋田方面へ向かうべく”はやて”の特急券を買っています。当時あった松川駅みどりの窓口で指定発券を頼んだら、駅員さん、やおらどこかに電話で問い合わせを始めて、結果出てきたのがこれ..

1907DSC_2702.jpg

手書きの指定席特急券

当時最新最速の新幹線にアナログ感究極満載の手書き指定席特急券、凄いギャップ感でした。

この切符は絶対欲しいと乗車記念印を押してもらい持ち帰った次第です。

全車指定の”はやて”が走り出して半年位の頃、新幹線利用は殆ど自由席だった私には指定を取るのはいまだに億劫な感じがありますが、指定を買わないと乗れないから仕方がない、行先が決まったんだから早めに席取っておこうと買ったのがこの切符..”全車指定”のお陰で手に入ったものかも知れません。

特急券は福島からですが指定は仙台から、福島-仙台は当然の如く?自由席利用の設定 です。

この後盛岡からは高速バスで大館へ向かったと思います。

 

[B1149-08]0305_松川5665

切符購入前に撮影した写真 2003/05 松川-金谷川 5665レ

ED75重連の車扱列車、春のいい感じでした。撮影の待ち時間に天気や移動列車の時刻を調べて、翌日はどこへ行こうか?などと考えていたと思います。

今年春のED75+12系撮影で松川に行きましたが、みどりの窓口は無くなっていたように思います。

効率化の世の中ですものねー。

今やチケットレス化も急速に進み自分も利用しますが、切符が残らないのはなんか味気ないなー とも思います。値段が違わなければ紙切符発券を選ぶんですけどね。

”テケツ”(笑)=切符のコレクションは結構ありますので、またご紹介したいと思います。

 

以上久々の切符ネタとナナゴー写真が1枚、最後までご覧いただきありがとうございました。


にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 写真ブログ 鉄道風景写真へ にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ  Blog村へのリンク
 

イメージ 14 鉄道.comへのリンク(Blogページへ)

エルム寝台券誤発券の顛末/函館山夜景

Posted by Toyohara Yamato on   0  0

こんばんは。
今日は2度目の更新です。
先ほどUpした前記事;ED75機番シリーズに寝台特急エルムが出てきましたが、エルムと言えば記憶に残る一騒ぎがあったな、と切符など探し出してScanしてみました。函館山夜景バルブ画像なんかも出てきます。何かとっ散らかった記事になりますが色々ありまして...以下ご覧いただければ幸いです。


95年(H7)の寝台特急エルムのBハネ券です。これだけ見ると普通ですが、これが...誤発券でした。
事の顛末はこうです。
北海道の撮影行を楽しんで行程最終日の夕方、さー帰ろうと長万部の駅で当日夜発上野までの寝台券を買うべくみどりの窓口へ。夏休みの時期で北斗星は満席でしたがエルムの寝台券を確保できるとのことで↑の寝台券を購入しました。
遅い時間の列車になったのと、いつもテッチャン撮影ばかりなのでたまには観光でもしてみるかと乗車区間は函館ー上野とし、早めに特急北斗で函館へ向かいました。
函館に到着すると、改札で駅員さんに呼び止められました。
”長万部で先ほど寝台券買われましたよね?”と。はー?
でっかいカメラバックと三脚を持ってると連絡が入っていたのでしょう。

何事かと思えば...
エルムの函館発車は0:00を過ぎるので翌日扱い、なのに当日分の寝台券を発券してしまった とのことでした。

ということで函館の窓口でこんな書類を作ってくれて、元の寝台券と一緒に持って乗車するように とのことでした。そうか、0:06発なんですよね。自分も気づかなかったし、間違いやすいですね。とはいえ、当日とっくに上野に着いているであろう列車の寝台券が発券できちゃったんですね。今はどうかは??ですが。

このすったもんだでちょっと時間を喰いましたが...

予定通りの観光、函館山夜景です。この画像からはカーブした函館駅と青函連絡船(摩周丸かな)のライトアップがわかります。


別アングル。この時も人でごった返していましたが、あまり人のいない端っこの方で三脚立ててバルブでした。私は人混み嫌いにつき滅多に観光地での観光はしないのですが、これは混んだバスに乗って行って良かったなと思います。

この後食事もして無事エルムに乗車、東京へ帰りました。

しかし、誤発券に気づいてくれて連絡してもらって良かったと思います。
長万部および函館でご対応いただいた駅員さん、ありがとうございました。
もうあれから24年も経ってしまいましたが...


この時は夏休みで日程に余裕があったのでこの切符を使っていました。メインは最終運行年だったC62ニセコ撮影でしたが、これ以外にも道東などへ足を伸ばし撮影を楽しんでいました。この切符は特急指定席使い放題だったので函館へ特急で先行して珍しく観光しようという気になれた次第です。慣れないことをやると何かが起こる??感もありますが(笑)。

以上エルム寝台券誤発券関連の顛末、最後までご覧いただきありがとうございました。

にほんブログ村 鉄道ブログへ  Blog村へのリンク
 
イメージ 14 鉄道.comへのリンク(Blogページへ)
   

このカテゴリーに該当する記事はありません。