fc2ブログ

重単5175(FC2版)

ED75,DD51中心の鉄道写真&鉄道模型 &たまにネコ

N-Gauge ED75 異メーカー重連運転

Posted by Toyohara Yamato on   0 

こんにちは。
今日はNゲージ鉄道模型、先日ちょっと書いたKATOとTOMIX、異メーカーのED75を重連運転することになりました。

2106IMG_0559.jpg
写真はED75 136(KATO)と、ED75 82(TOMIX)が重連を組んでテスト運転中のものです。
TOMIX機が色々とトラブルを起こしがちで勢力減、同一メーカー同士の重連限定というのもちょっとなー、という感じになって来ました。
因みに現在KATOが17両、TOMIXが10両です。KATOは1000番台前期形及び一般形(101~)改造車、700番台なのに対し、TOMIXは1000番台後期型とヒサシ付き50番台車、700番台です。700番台を除きメーカーにより形態が分かれているので、同一DCC基板車に限ると似たもの同士の重連になっちゃうのを解消したい と。

2106DSC_9282.jpg
しかし、上のKATOはDN163K4a、下のTOMIXはDZ125(赤いシュリンクフィルムを剥がしています。)とDCC基板が異なり、特性が違うので厳密な歩調合せは難しいです。

2106DSC_9246.jpg
そこで、ヒサシ付き50番台3両(74,76,82号機)のみ、トラクションタイヤを外しました。これでKATOと重連を組んだ場合、歩調が合わなければ車輪が滑ることになります。

2106DSC_9247.jpg
というのは現状全て貨物列車運用、写真の特大貨物(MicroAce シキ800C+ヨ8000)という(模型上)軽い編成や重連でコンテナ貨物列車を牽引する運用が基本、旅客列車の先頭には立たせていないのでこうしました。室内灯付きの重たい旧客編成を牽引したらすぐにモーターが壊れたということもあったので..。写真はトラクションタイヤ外しでのテスト運転、この編成ならゴムタイヤ無しでも余裕で坂を上がります。

2106IMG_0558.jpg
トラクションタイヤ外し同士の重連(76+74号機 TOMIX)でもテスト運転、コンテナ貨物を牽引可能、ヒサシ付き重連も可能です。

2106DSC_9289.jpg
このタンク車の後方にワムハチが連なる編成は、車輪が多いせいか走行抵抗が大きく、KATO機を1両は入れる限定運用となりそうです。写真は76号機(TOMIX)と136(KATO)の重連です。

2106DSC_9285.jpg
TOMIXの1000番台後期型と700番台は殆どJR東日本所属車、旅客編成牽引に当たっているのでトラクションタイヤ外しの対象外です。真ん中がED75 1039 14系ゆとりを牽引、右がED75 759 マヤ34を牽引です。759はゴムタイヤ外せるといえば外せますが..(笑)。

さて、ただトラクションタイヤを外しただけでは歩調は合いません。以前も書いた通りDZ125はマスコン捻ればすぐに動き出すのに対し、DN163K4aはある程度マスコンを捻って(20%弱)何秒かタイムラグがあってから動き出します。基板の種類によって特性がかなり違います。これが故にBEMF設定をしてから異メーカー重連はやっていなかったんですが..納得いかなくなって今回チャレンジです。

2106WS0001.jpg
歩調合わせのためスピードテーブルを組みました。詳しくは書きませんがCV67~94までの28段階で出力値を調整できます。Table.No.1がDN163K4a用、なるべく早く加速するよう最初(CV67)から大きい値を入れています。今回作ったTOMIX ED75=DZ125用がTable.No.4、逆に0を3つ並べて14%(CV70)からようやく出力するようにセットしました。両極端で値が全く異なりますが、大体歩調のバランスを取れました。やれやれ。
それでも起動時はK4aタイムラグの問題から歩調を合わせるのは難しいです。TOMIXの車輪が動かぬまま走り出したり、逆に車輪が回っても動き出さなかったり..現状これは仕方ないのかな と思っています。

2106DSC_9286.jpg
当面特大シキ800C編成はKATOの115号機が担当(右)、ゴムタイヤを外したTOMIXは3両全機KATOとの重連運用で様子を見ます。129(KATO)+82(TOMIX)がコキ50000,104,106等混結コンテナ貨物列車を担当、

2106DSC_9288.jpg
76(TOMIX)+136(KATO)がワムハチ中心の車扱、74(TOMIX)+1009(KATO)がコキ50000コンテナ貨物を担当です。
大きく変えたので暫くはどれとどれの重連にしたか、頭がこんがらかりそう..😅。

最後までご覧いただきありがとうございました。

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ  Blog村へ
 
鉄道コム 鉄道.comへ   

スポンサーサイト



N-Gauge KATO ED75 129登場と、TOMIX 1027号機の立往生原因

Posted by Toyohara Yamato on   0 

こんにちは。
今日はNゲージ鉄道模型、ED75 129号機が改造の上登場しました。これには先日本線上で突然立往生したED75 1027の話が関係します。

2106DSC_9260.jpg
129号機は150号機に続き、KATO3075-1 1000番台前期形からの改造車です。
これで一般形化改造車は5両目、109,115,129,136,150号機のラインアップになります。
せっせと増やしているのは一般形の在籍が1000番台に比べて少ないからです。
左は先日突如立往生したTOMIX2115 1000番台後期型の1027号機ですが、

2106DSC_9245.jpg
実は手前の1015号機(TOMIX 9107 1000番台前期型)を廃車とし、動力ユニットを貰って1027号機を生かした形です。1015号機の代替が129号機になります。
1015はインレタプレートを作って改番してから日が浅いのですが、1000番台前期形はKATOが6両も居るのと、後期型で唯一のJR貨物所属機が1027号機だからです。まだ機番シリーズ記事をUpしていないのですが、私の撮影した1015号機は側面ユニットサッシ窓化されていたのに気づいた というのもありました。JR東日本所属機は1034,1037~1039の4両、都合1000番台39両のうち11両が模型で在籍、一般形は101号機~の60両のうち模型は5両ですから、まだまだ少ないですね。

例によってこうなったのには顛末がありまして..
2106DSC_9243.jpg
本線上で突如ピタッと止まっちゃったTOMIXのED75 1027、原因はまさかまさかの集電不良でした。突然だったので集電とは思いませんでしたが、恐らくですがただの集電不良では無くて..

2106DSC_9244.jpg
写真は整備線上で再現していますが、点検しようと車両を持ち上げた途端、2End側の台車がボロッと取れちゃいました。元々緩いなとは思っていましたが..
想像ですがカント付きカーブ区間で台車が浮いて、ねじれの力がかかったので全く集電できなかったのかな と思います。上の写真からはわかりませんけど、線路汚れの集電不良なら前ソだけピタッと止まって全く動けなくなるは無いでしょうから..。

2106DSC_9255.jpg
バラシて台車とギヤユニットを付けるとパチッとしっかりハマります。が台車やギヤユニットを別のものに変えてもボディーへ組んだらポロリ状態..多分DCCリード線のポジションが悪く、ギヤユニットの台車取付部に外側に湾曲させる力がかかるのが原因と思います。もともと入らない場所に無理矢理リード線を入れているので、左右ダイギャスト間が拡がる方向へ力がかかっています。リード線位置を変えたりしても駄目だったのでこの動力ユニットを諦め、TOMIX1両減 としました。

2106DSC_9256.jpg
KATOの3075-1は買ってあった未使用品がありました。最後の1両です。

2106DSC_9258.jpg
施工方法は150号機などこれまでと同じです。DCC基板DN163K4aを装着し、干渉しないようボディー上部と右側のライトレンズに切込みを入れて..

2106DSC_9257.jpg
700番台のカプラーパーツへ取換え、MicroTrainsカプラーのねじ止め、カラーワイヤーによるエアホース表現、カプラーが当たるスノープロウを加工して..

2106DSC_9259.jpg
パンタ、高圧機器の銀、白塗装、インレタでナンバープレート作成、DCCのプログラミング..結構やる事はありましたが全検後のような綺麗な姿で登場しました。  

結局1両TOMIX→KATO化、1000番台→一般形化という形になりましたが、こうしたことで

2106IMG_0560.jpg
DCC搭載基板の種類が異なるKATOの129号機ととTOMIXの82号機 異メーカー重連運転が復活ということになります。勢力を減らしたためTOMIX同士の重連限定運用 という訳には行かなくなりました。完全に歩調は合いませんが、運転に際しあれこれ工夫しています。この件はまた改めて書こうと思います。

TOMIXのED75は多くが2010年の購入ですからそろそろガタが来ているのかも知れませんが、やはりDCCでの運転にはKATOかなー と思います。

最後までご覧いただきありがとうございました。

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ  Blog村へ
 
鉄道コム 鉄道.comへ   

N-Gauge TOMIX ED75のメンテ&立往生

Posted by Toyohara Yamato on   0 

こんにちは。
今日はNゲージ鉄道模型、TOMIXのED75 1034(品番2115 1000番台後期型)のメンテを行いました。また記事を書いている最中、運転中の1027号機(同じく品番2115)が突然動かなくなり、立往生しています(泣)。

2106DSC_9240.jpg
先ず1034号機の話から。通常KATOの20系客車11連を牽引しています。先日1両増結の12連でEF58 48牽引急行”銀河”を運転しましたが、その前に..
(↑リンクはAmeblo記事へJumpします。)
 
2106DSC_9235.jpg
ここ、1階層の留置線からED75 1034牽引で駅ホーム部へ上げ、EF58へ交代という事になります。なのでEF58と同時にED75でも運転 となるのがまー普通の流れです。

2106DSC_9236.jpg
ところが、20系11連を持って本線の15‰ほどの坂を上がれなかったんです。スリップですからトラクションタイヤが劣化したのでしょう。TOMIXのED75では、20系11連で牽引定数一杯なので劣化するとすぐ上がれなくなります。

2106DSC_9188.jpg
早速メンテ開始、トラクションタイヤの交換です。ちょっと掃除などもして作業終了の筈だったんですが、何かがおかしい...

2106DSC_9189.jpg
矢印部、スプリングが凹んでいます。熱を持って脇のプラが溶け、融着していました。右端、もう片方の台車もちょっと怪しい感じ...DCC運転において台車にスプリングが入る構造の車両はこれがあるんですよねー。

2106DSC_9190.jpg
集電不良は起こっていませんでしたが、このまま放っておいていい事無いと思うので対処します。先ず融着したスプリングを外します。くっ付いていたので外す際に延びちゃいます。

2106DSC_9191.jpg
融着部にグラインダーを当てて整形し

2106DSC_9239.jpg
手持ちのスプリングパーツをはめ込んで修復完了です。DCCでは常に12V超の交流電圧がかかっているので、細い銅線のスプリングが熱を持ち、ジワジワ溶けて来るようです。

あくまでDCC運転上の事情ですが、これがあるので私は滅多にTOMIX車両に手を出しません。客車や電車などは全てKATOのような板バネ集電式に改造して走行していますが、電動車の改造は難しいでしょう。TNOSという独自路線でDCC運転を考慮していないでしょうから、仕方のないところなんですけどね。

2106DSC_9192.jpg
ともあれトラクションタイヤも交換して20系12連でも坂を上がれるようになりました。
ED75で言えば1000番台後期型とヒサシ付き0番台はTOMIXにしか設定が無いのでもう暫く頑張ってもらうつもりです。私個人はDCC対応のしやすさに加え、作り、耐久性、牽引力全てKATOの方が上と考えていますので発売があれば取換えます。
ジワジワと溶けるとはいえ、この車両はもう10年走っています。TOMIXは車種も多いし、電動車はトレーラー程酷く溶けないし、この程度のメンテでこれだけ長い期間走れればもう少し導入してもいいじゃん という考え方もあります。  

が、、

2106DSC_9243.jpg
そんなことを考えていた矢先、増結して18両としたコンテナ貨物を牽引走行していたTOMIX ED75 重連の前ソ1027号機が突然止まり、現在写真の本線上で立往生しています。次位の76号機は走行できるようです。線路通電確認のためライトを点けました。
76号機に押されると1027号機もチカッとライトが点く瞬間がありますが、止まったままですから集電不良ではなさそうです。
これから調べますが、何かしらの接触不良か、あるいはモーターが逝った可能性があります。
やれやれ、これから調べなきゃ。

82号機モーター故障の時もそうだったんですが、”10年走ってるんだから導入してもいいかも..”とか私には珍しくTOMIXに肯定的なことを書くと、不思議と直後に不具合を起こすんですよねー😅。

最後までご覧いただきありがとうございました。

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ  Blog村へ
 
鉄道コム 鉄道.comへ   

N-Gauge 機関車のエアホース換装一旦完了 など

Posted by Toyohara Yamato on   0 

こんにちは。
今日はNゲージ鉄道模型、こつこつやって来た機関車のエアホース表現、カラーワイヤー化が一旦完了となりました。”一旦”が付くんですけどね(笑)。DCCの話もちょっと出て来ます。

2105DSC_9127.jpg
エアホースTOMIX PZ-001表現を換装可能で、最後まで残ったのがこの2形式、ED76 500とDE10です。今回両形式計4両をカラーワイヤー化しました。写真は施工後です。すんなり終了の筈..が、例によって?やっていて何かしら気付くものです(笑)。

2105DSC_9044.jpg
PZ-001からのやり直しを含め、70両近く実施したカラーワイヤー化は一旦完了です。随分沢山やりました。
が..写真の3両がPZ-001のまま残ります。
何故かというと、カプラーパーツが手に入らないから..です。

2105DSC_9128.jpg
先日調子の悪かったDCC機器、写真の6台と他3台、9台のオールリセットをかけてから問題なくなりました。

Amebloの方にリンク記事も交えつつ詳しく書いています。
↑リンクになっています。ご覧いただければ幸いです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ  Blog村へ
 
鉄道コム 鉄道.comへ   

N-Gauge KATO ED75 700脱ゴン停策,24系★★★化

Posted by Toyohara Yamato on   2 

こんにちは。
今日はNゲージ鉄道模型、1か月ほど前に出て来たED75 700番台重連牽引、24系寝台特急”あけぼの”編成についてです。”ゴン停”とは何ぞや?(笑)は以下書きますが、再びED75を弄る必要があったのと、寝台等級表示=客車2段式”★★★”の件で進展がありました。

2105DSC_9052.jpg
KATOのED75 768 + 734 (3075-3)、24系寝台特急”あけぼの”(10-822,823)、何度か出て来ています。KATOの製品設定9連ではなく、1997年までED75が牽引した客車12両編成の時代を再現しています。
この編成を留置線から出してきて、線形の変わった本線走行をさせたのですが..

2105DSC_9064.jpg
先日の第5期工事で橋脚を少し弄ったばかりのバックストレートで、線路継目の僅かな段差にスノープロウを引っ掛けて”ゴン”と停まってしまいました(汗)。高さを少しだけ上げて勾配が変わるようになったが原因でしょう。やはり全く影響なしではなかったかー。
線路側を何とかする手もあるのですが、僅かな段差ってどうしてもできますし、KATO製の機関車は他でもスノープロウを引っ掛けやすい傾向があります。

2105DSC_9054.jpg
結構線路ギリなんですよね。リアルなんですけど、高速走行時引っ掛けられるとアブナイです。本当に”ゴン”とぶち当たってその場で瞬時に停止します。同時に脱線が起こることもあります。特に768号機は過去何度もこの”ゴン停”問題を起こしています。

2105DSC_9068.jpg
なお私はMicroTrainsカプラーを使用する為、スノープロウパーツに切込みを入れています。写真はEF65ですが、KATOの機関車には大半に施工、これがゴン停を起こしやすい原因かも...微妙に変形したり、弾力が弱くなったりするでしょうから。

2105DSC_9055.jpg
ということで今回は車両側で対応してみることにしました。見にくいですが緑矢印の部分、0.3mmのプラ板を両面テープで貼り付けました。

2105DSC_9056.jpg
その上からカプラーパーツをはめることで、多少上下にぐらついたのをガッチリ固定し、お辞儀状態になるのを抑制することで線路とスノープロウの距離を保とう という考えです。

2105DSC_9065.jpg
左が施工後の768号機、右はTOMIXのED75 759です。施工後もKATOの方が低い位置ですね。それでもしっかり隙間は出来ました。TOMIXは台車に仕込まれるスプリングの状態にも依存するんですが、KATOより高い位置..ここはリアルさよりも安定走行を優先=しっかり距離を保ちたいところです。

2105DSC_9057.jpg
これでひとまず脱ゴン停できているようです。(まどろっこしい表現になるのもあって、いつの間にかスノープロウ引っ掛け停止が”ゴン停”になってしまいました😅。)
まだテスト段階、様子を見て他機にも展開してみようかな と思います。
重連を組む734号機にはパンタ集電舟両端に色を入れてみました。青森車の734号機、秋田車の768号機、色々変化を付けています。1End側同士の”逆向き連結”もそのまま行きます。本件先月の記事に色々書いています。(以下に書く★の件も含め..)

KATO 24系寝台特急あけぼの 号車札,減光,改番...[鉄道模型]
(↑Amebloへのリンクです。)

さて、”あけぼの”編成を出して来たのには試運転以外にもう1つ目的がありまして...
2105DSC_9059.jpg
インレタが入手できず出来ないと書いていた寝台等級表示、3段→2段寝台改造車が”★”、客車3段表示のままだったのが、ようやく”★★★”、客車2段式の”トライスター”表示になりました。

2105DSC_9047.jpg
入手して使ったのはこれ、くろま屋さんのインレタです。ひるぜんさんに教えて頂いて(ありがとうございます)購入しました。業務多忙で1か月程時間がかかるとコメントにも書いて頂きましたし、HPに書いてありましたが、本当に約1か月かかりました。が、発送など丁寧に対応いただきましたし、品質は確か という印象です。星インレタは上の方、★が20、★★が70、★★★が20個の構成でした。

2105DSC_9050.jpg
あけぼのの12連化に際し、24系24形を多くしたかったけどAssyパーツが無く”ゆうづる”の3段寝台から座席パーツを交換して2段式へ改造した車両です。なので★表記が最初から入っています。これにインレタで★★を追加してトライスターに出来ればいいなと考えたんですが、、
あらら、大きさがだいぶ違う..このまま転写はちょっと違和感でしょう..
仕方が無いので爪楊枝の先にシンナーを付けて★を消してから転写となりました。
2号車は★★インレタを切り出したので、これを転写後、★を別途転写でトライスターにしました。2枚上の写真、ちょこっとズレたかな?

2105DSC_9066.jpg
7号車も3→2段改造車だったので施工、こちらは最初から★★★を転写です。

2105DSC_9049.jpg
もう1両、1号車にも転写です。元々2段でしたが、製品設定が”ゴロンとシート”だったので星マークがありませんでした。”B寝台”も自作シールです。

★の件がようやく進展して、あけぼの編成の2段寝台化を終えることが出来ました。
インレタは他にも使う予定があります(なので3点購入しました。)
私が必要としている数は★★★ > ★ > ★★ です。最も使用数が少ない予定の星2つが最も沢山あるので、腕を磨いて星2つからの切り貼りなどにもトライして行きたいと思います。

両数の少ないあけぼのから着手しましたが、3段→2段式改造車が多く含まれるのは14系寝台特急”出雲3号”の編成です。こちらにも施工して行きたいと思います。以下リンク記事の編成、2段式改造のやり方なども書いています。

KATO DD51山陰仕様/14系出雲再び [鉄道模型]
(↑これもAmeblo記事へのリンクになります。)

最後までご覧いただきありがとうございました。

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ  Blog村へ
 
鉄道コム 鉄道.comへ   

このカテゴリーに該当する記事はありません。