fc2ブログ

重単5175(FC2版)

ED75,DD51中心の鉄道写真&鉄道模型 &たまにネコ

大雪の青森にて

Posted by Toyohara Yamato on   0 

こんにちは。
今日は今から15年前、青森駅で撮影した写真をUpしてみたいと思います。

200602[B1448-07]青森4017M
これは自分が乗って来た列車、特急白鳥です。白鳥と言えば大阪-青森間を結んだ日本最長の昼行特急電車のイメージが強いですが、この頃は八戸-函館間を結ぶ列車でした。
八戸から乗車し快調に走っていましたが、そのうちみるみる雪が強くなって、”吹雪で前が見えないので徐行運転を行います”というアナウンスが入ったのは野辺地を過ぎたあたりだったでしょうか?延々のノロノロ運転で1時間ほど遅れて青森駅に到着した姿です。
進行方向が変わるので尾灯になっていますが、青森まではこちら側が先頭で走って来ました。徐行もうなずける雪ベットリでした。

200602[B1448-10]青森4017M
国鉄色の485系も少なくなっていた時期、これは撮っとかなきゃ~ と寒い中バルブやっていました。”この色であってこそ特急電車” のイメージは今も変わっていません(笑)。
列車は遅れているのになかなか発車しません。車掌さん、信号が変わるのを待って前方注視だったでしょうか?足首まで雪に埋まっちゃっています..

200602[B1449-02]青森4017M
その後ようやく青信号が出たようで、函館へ向けて発車して行きました。
2006/02 青森駅 4017M (3枚とも)

200602[B1449-05]青森4004
その後ふと横に目をやるとED79の姿が..。函館から来た寝台特急日本海4号です。白鳥はこの列車の到着を待って発車だったのでしょうね。ED79 14[函]も雪まみれで到着です。銘板が雪を被って浮き上がっています。その上、明かり取りの窓の向こう、機器室がオレンジ色に照らされている..あまり見覚えのない光景です。ED79はここで任務終了 と思いきや、もう1つ仕事が残っていたようです。

200602[B1449-03]青森4004
別の線に止まっていたこの寝台車4両を入換~連結する作業です。青森から増結車だったんですね。電源車の付いていない24系客車、見るからに寒そうです。

200602[B1449-07]青森4004
ED79が転線して連結です。ヘッドライト点けっぱなしで客車に近づいて行きます。

200602[B1449-11]青森4004
電源車の無い24系”日本海”。入換でなければあり得ない編成です。明かりが灯っていなければ当然暖房も無しでの留置だったでしょう。

200602[B1450-01]青森4004
再び転線し推進運転で4両の寝台車を増結したところ、ドア開の赤いランプが点きました。日本海もここで進行方向チェンジ、奥の方ではEF81が連結された筈です。ここで初めて増結車にも暖房が入ったことでしょう。青森から乗車された方は暫く寒かったんじゃないかな~?
これが客車列車の弱い所 だったように思います。

200602[B1450-03]青森4004
ライト点けっぱなしのED79が在線のまま車掌さんドア扱い、この後大阪へ向けて発車して行きました。
4004レ

200602[B1450-05]青森201
駅近くの宿で一休みした後、札幌行14系急行はまなすのバルブをするため、再び駅に立ちます。ED79の連結シーンです。緑と赤の光の筋、誘導員さんのカンテラの光跡です。雪が降ろうが寒かろうが機関車の連結作業が必要、これも客車列車の弱い所だったかもしれません。この時は客車の停車位置が少し手前で、機関車全体は画面に入りませんでした。

200602[B1450-11]青森201
はまなすは最後まで残った急行列車、かつ客車列車でしたね。牽引はED79 14号機、上記日本海の折返し運用だったようです。前面窓Hゴムの上に雪が積もって、ヒサシ付き?みたいでした。この列車はほぼ定時に発車して行ったと思います。201レ(2枚とも)

ここまで15年前の2月、今日と同じ金曜日の撮影でした。週末は雪景色の列車を撮影するつもりでいたのですが、これだけで撮影が終わっています。というのは翌日から大雪で列車全面ストップ..(泣)。昼間っから宿で飲んだくれで日曜まで粘るもまだストップ状態.. 東北本線は動いたのでしゃーないなーと帰宅の途に、収穫はバルブだけで青森を後にしました。
雪景色は紙一重ですねー。何を撮っても絵になっちゃうような素晴らしい景色を見せてくれるかと思うと、降り過ぎると身動きが取れなくなる...何度かあったどハマりの週末でした。今となってはハマった時の記憶って強く残ってもいるんですが...

最後までご覧いただきありがとうございました。
(本記事は旧Y!Blogの復刻版 内容追加、変更を入れています。)

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 写真ブログ 鉄道風景写真へ にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ Blog村へ
 
鉄道コム 鉄道.comへ  

スポンサーサイト



津軽線へ..(3) やっぱり後追い..

Posted by Toyohara Yamato on   0 

こんにちは。
今日は先日撮影に行った津軽線シリーズの第3弾、最終回です。撮影は全て2020/10です。

202010[D8-1303]今別335D
前回(2)記事では、朝から今別の駅まで歩いてしまったところまで書きました。
駅で休憩しつつ色々考えましたが、この場所はやっておきたいな と、駅近くの跨線橋へ。
昼の下り列車を狙います。広ーい風景の中、まっすぐに伸びる線路を国鉄型首都圏色キハ48がやって来ます。
大川平-今別 335D

202010[D9-2003]今別335D
同じ場所、列車でこんなのを狙っていました。写真左下の今別駅ホームに停車し、発車して行った所です。客扱いがありますから十分時間はありました。跨線橋金網越しの撮影、網にレンズ先端をピッタリ付けてシャッター押してました。手持ちです。前撮りよりこっちの方が面白かったかなー。やはり後追いの方に惹かれます。こちら側が白Hゴム車でしたしね。
今別-津軽浜名 335D

202010[D9-1968]今別駅
上記昼の列車撮影まで、今別駅待合室で休ませてもらいました。

202010[D9-1967]今別駅
ホーム側から見るとこんな感じです。

202010[D5-9421]今別
ドアを開けて入った所、今どきのキャラ?の下に年代物のベンチ..

202010[D9-1974]今別駅
待合室にはミニギャラリー?がありました。中央はきっと青函トンネルの工事風景ですね。

202010[D9-2010]今別336D
335Dから30分程で折り返してくる336Dも同じ場所を選びました。こういうアングル、尾灯で撮っておきたくなるんですよね(笑)。

202010[D5-9430]今別336D
これだけ何もない広ーい風景なのですが、線路の奥真正面ドンピシャの位置に建物があるので、これをカットした望遠アングルも作ってみました。このアングルだと線路の継目が存在感を出してくるように思います。
今別-大川平 336D (2枚とも)

前日;シリーズ(1)記事から撮影していたタラコ色の2連ですが、この列車で津軽線の運用終了です。青森方面へと帰って行きます。
もう1度くらい撮影に行きたいとは思いますが、天気、車両運用その他の兼ね合いでこれが見納め になることも考えられたので、なおさら後追いをやりたくなりました。
キハ40,48秋田車はこの冬で引退と発表されていますよね。

202010[D5-9433]大川平
この撮影行は日頃の運動不足解消を兼ねていたのと、帰りの新幹線までたっぷり時間があったので、再び奥津軽いまべつまで2駅間歩いて戻ることにしました。
途中青空の下、踏切を一撮..”第一旧道踏切”と表示がありました。この狭い道が”旧道”だったのかな?

202010[D9-2035]大川平
この風景にも足が止まりました。秋らしい風景、カーブがイイ感じだなと。

202010[D9-2036]奥津軽いまべつ
再び奥津軽いまべつ到着、駅に通ずる跨線橋より。
左の線路は貨物列車の走行、待避線、その左(画面外)が新幹線の駅です。
一番右のカーブが津軽線の線路です。独特の風景です。

202010[D9-2042]津軽二股337D
同じ場所から タラコ336Dとすれ違いでやって来た”五能線色”キハ48。翌日336Dまでこの車両が津軽線蟹田-三厩を往復します。
大平-津軽二股 337D

202010[D8-1338]奥津軽いまべつ
その後、近くの道の駅で遅い昼食をとり(牛焼肉定食 美味かった..)、駅前を一撮。
新幹線の駅前ですが、秋の自然が拡がっていました。

これにて撮影終了、新幹線でこの地を後にしました。
津軽線大平以北での撮影は初めてでしたが、天気にも恵まれて楽しめました。

最後までご覧いただきありがとうございました。

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 写真ブログ 鉄道風景写真へ にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ   Blog村へのリンク

 イメージ 14 鉄道.comへのリンク(Blogページへ)

津軽線へ..(2) 列車、白鳥、大根..

Posted by Toyohara Yamato on   0 

こんにちは。
今日は津軽線に首都圏色キハ40(48)を追った撮影行の第2弾、すべて2020/10の撮影です。

202010[D9-1940]新青森tr
三厩でバルブなどやった第一弾記事の翌朝は新青森で迎えました。ホテルの窓から夜明けの風景を一撮、左へカーブして行くのが青函トンネルへとつながる北海道新幹線の本線、右へ下るのが車庫に通じる線と思われます。

202010[D9-1945]大川平329DA
その新青森始発の新幹線で再び奥津軽いまべつに降り立ちました。前日ウロウロしてあたりを付けたポイントへ向かいます。何の変哲もない?場所ですが、逆光で遊んでみました。もうちょっとススキの存在感出るかと思っていましたが.. 

202010[D5-9407]大川平329D
順光側は大きくカッチリ撮影、朝の雰囲気です。白Hゴムのキハ48 いいなー。オデコにアンテナ類がある以外は国鉄時代そのままです。

202010[D8-1287]大川平329D
少し奥で切りました。サイド順光の逆サイドより私はこちらの光線が好みです。窓ガラスに付いたワイパーの跡に朝陽が当たっていい感じ...
津軽二股-大川平 329D(3枚とも)

202010[D9-1950]今別330D
その後も大川平を越えて今別方面へテクテク歩きます。この場所で足が止まりました。このだだっ広い感じが津軽線なのかなー と。いかにも海の近い、本州の先端という感じがしました。

202010[D5-9412]今別330D
サイドから。ちょっとピンを外し気味..第一弾でも書きましたが、何か目の調子が怪しい..余裕を持って構えていたのですが..
今別-大川平 330D (2枚とも)

202010[D9-1966]今別白鳥
この撮影ポイント直ぐ近くには、白鳥が飛来していました。

202010[D9-1954]今別白鳥
白鳥さんたちは落穂?をついばむのに夢中だったようです。

202010[D9-1965]今別大根
ほぼ同じ場所、干し大根?の列(笑)。

202010[D9-1961]今別大根
何か長閑な雰囲気でした。

202010[D9-1971]今別駅
結局朝から2駅間、今別まで歩いてしまいました。

第2弾はここまでです。
最後までご覧いただきありがとうございました。

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 写真ブログ 鉄道風景写真へ にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ   Blog村へのリンク

イメージ 14 鉄道.comへのリンク(Blogページへ)

津軽線へ..(1)

Posted by Toyohara Yamato on   0 

こんにちは。
津軽線へ撮影に行ってきました。ウィルス騒ぎになって以来初の遠出です。極力混雑しないルート、列車を選んでの移動としました。撮影は全て2020/10です。

2010DSC_7108.jpg
降り立ったのはここ、北海道新幹線の”奥津軽いまべつ”駅です。新幹線など移動中のマスクはうっとーしかったですが、着いてしまえば...誰もいません。日本一乗降客の少ない新幹線駅だそうですね。津軽線の津軽二股駅がこの写真の左側、すぐ近くです。 

202010[D9-1909]津軽二股337D
新幹線で着いてから津軽線キハの登場まで20分程しかありませんでしたが、駅の近くでこんな画を作れました。今回のお目当てはこの首都圏(タラコ)色のキハ40(48)、2両共国鉄色で揃いました。新幹線の駅近くでこの風景..ちょっと信じられないような..(笑)。
大平-津軽二股 337D

2010DSC_7109.jpg
その後、返しの列車撮影場所を求めて彷徨っているうちに、1駅間歩いちゃいました。大川平駅です。

202010[D9-1915]大川平338D
だいぶ陽も傾いて線路が影になる状態だったので、この日は”乗り鉄”へ転戦します。大川平へ入線してくる列車を駅撮り後、乗車して蟹田へ向かいます。
先頭のキハ48 1520は前面窓白Hゴムで残る車両、純国鉄型 を感じられます。
大川平駅 338D

202010[D5-9351]蟹田338D
蟹田の駅に到着、同じくキハ48 1520には乗降ドアにタブレット保護柵も残っています。並んだ青森行701系とは段違いの風格を感じます。

202010[D5-9356]蟹田338D
年季の入った2色サボもいいなー。2両編成4枚中このデザインが2枚入っていましたが、1枚は青い部分がすっかり褪せてローマ字が分からない状態になっていました。

202010[D9-1923]蟹田341D
折返し発車待ちの姿”かにた”の駅名票を入れて..
この駅はED79を追っていた頃に何度も降りています。海峡も特急も走って来なくなり、閑散とした感じでした。
蟹田駅 341D

2010DSC_7119.jpg
再び乗車して三厩まで、貸し切り状態の国鉄型キハの旅を楽しめました。こちらはキハ48 505です。

202010[D5-9373]三厩
三厩に到着。すっかり暗くなった最北端の駅をバルブ撮影..

202010[D5-9372]三厩
こちらは駅のホーム側から。駅名の表示板が渋いいい感じを出していました。

202010[D5-9394]三厩344D
折返し発車を待つ姿を撮影、駅名票を絡めて。
到着してから駅の撮影、列車の撮影とやりまくっていました。数年前からどうも目の調子(特に暗い所で)がおかしい気がするので、アングルやピントの合わせ直しをやりつつ...案の定ピンのおかしい写真が多数になりました。デジカメでバルブの経験があまり無いというのもあるかも知れません。数打ちゃ当たるは宜しくは無いのですが、現状止む無し、沢山撮っておいて良かった...写真は何とか見れる画に仕上がった1枚です。
私はAFというものをほぼ使わないのですが、こういったバルブでは使うことを覚えなければいけないのかも知れません。
ここで同業の方1名とお会いしたのですが、ひっきりなしの撮影で、あまりお話しできず申し訳なかったです。
この列車が上り最終列車、再び乗車してこの日の撮影終了です。

202010[D9-1937]奥津軽いまべつ
最後に..
新幹線、奥津軽いまべつ駅の事務所奥にこんなのを見つけました。快速海峡のサボ、先日模型用のシールを作って貼り始めたばかり...の本物?、50系5000番台に挿されていたと思われます。使われていたにしてはエライ綺麗な感じがしますが...
(Nゲージ”海峡”サボの件は上記リンク記事の末尾に書いています。)
この駅、新幹線になる前は”津軽今別”で、快速海峡が停車したんですよね。
1か所スポットで抜ける場所を見つけて撮影しています。右端がボケているのはウィルス対策のビニールシートがかけられているため。これが無きゃ左側の3枚目も撮影出来たんですが...

津軽線は他にも撮影していますので、またUpしたいと思います。

最後までご覧いただきありがとうございました。

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 写真ブログ 鉄道風景写真へ にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ   Blog村へのリンク

 イメージ 14 鉄道.comへのリンク(Blogページへ)

10月の津軽海峡線 ED79など

Posted by Toyohara Yamato on   0 

こんばんは。
今日は津軽海峡線の写真をUpしてみたいと思います。今から26年前10月の撮影です。

199410[036X-01]大平3129_1022M
上り485系特急はつかりと、下り快速海峡が行き交います。ED79 12[青函]牽引、14系客車でした。どちらも88年の開業時から津軽海峡線を行き交った車両達です。
左側にカーブした先は新中小国(信)、ATC-ATS切換で485系は徐行運転、ED79の方は切換を終えて、吊掛け音高らかに猛然と上り坂を加速して来ました。

199410[037V-17]大平3129
この日の3129レ海峡9号は増結の14系10連、堂々の編成でした。左端には上りはつかりもチラリと見えています。
1994/10 海峡線 新中小国(信)-津軽今別 1022M/3129レ(2枚とも)

199410[035V-13]大平3067
貨物列車もやって来ます。ED79 104[青函]を先頭に重連で満コンのコンテナ貨物を牽引しています。104号機は全検上がりだったでしょうか、非常に綺麗でした。ここは北へ向かう線形なので光線は正面に当たりませんが、好きなポイントでした。今は新幹線との合流地点です。
1994/10 海峡線 新中小国(信)-津軽今別 3067レ

今日津軽海峡線をUpしようと思ったのは丁度1年前、
ED79快速海峡~10月は長い? 記事を書いていたからです。
この記事1枚目と同じ日の撮影です。

10月は修学旅行輸送などあったのか、最長12連、長大編成の快速海峡を撮影出来たりしました。しかし、長編成運転の情報は年を追うごとに入らなくなり、98年からはドラえもん塗色へ。
折角の国鉄型(ED79は元々ED75 700)にあの塗装は無いでしょ と撮影に行くことも無くなり、2002年に運転終了、結局私はこの年が快速海峡最後の撮影になってしまいました。(ドラ海峡など掘り出せば少し出て来るかも知れませんが(笑)。)

199410[035V-12]大平廃bus
撮影ポイント近くにあったこのバスの廃車体、何かいい感じだなーと撮影していました。
付近は新幹線高架~合流点建設の大工事がなされた筈なので、もうこの風景は変わってしまっているのかな と思います。

199410[036X-04]336D車内
撮影ポイントは津軽線大平駅の近く、夕方撮影終了後はここから津軽線のキハに乗って青森方面へ向かいます。その車窓より、キハの影が稲刈の終わった田圃に長く伸びます。

199410[035V-15]336D車内
これもキハの車窓より。いい表現を思いつきませんが、高い山の無い本州最北端らしい 秋の風景が拡がっていました。
1994/10 津軽線 338D車内より(2枚とも)

最後までご覧いただきありがとうございました。

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 写真ブログ 鉄道風景写真へ にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ   Blog村へのリンク

 イメージ 14 鉄道.comへのリンク(Blogページへ)

このカテゴリーに該当する記事はありません。