fc2ブログ

重単5175(FC2版)

ED75,DD51中心の鉄道写真&鉄道模型 &たまにネコ

初めて買ったレコードはYMOだった

Posted by Toyohara Yamato on  

今日はいつもと違う鉄道が無い話、相次ぐ訃報に接し正直ショックです。

2304DSC_0056.jpg
私が初めて買ったレコードはYMOのPUBLIC PRESUREでした。シンセサイザー音に感動した記憶があります。当時小遣いで買ったものですが、40年を超えて今も現役です。

2304DSC_0059.jpg
以来ずっとファン、近年のLive音源なども入手して聴いて来たのがYMOです。(NAS保存にしているので写っていませんが、この他にCDが沢山あります。)

2304DSC_0060.jpg
YMO”散会”後のソロも随分聴いてきました。写真は坂本さんのレコード、Live映像等です。

2304DSC_0061.jpg
PUBLIC PRESSUREで特に気に入っていたのが3曲目のTONG POOです。ギター音がカットされ、教授のオーバーサンプリングが入っているようですが当時はそんなことは知らず..でも今でも色褪せることなく、よく聴く好みの1曲です。

2304DSC_0055.jpg
今年1月の放映を録画していた坂本教授のコンサート映像、スタジオで1曲づつ収録されたそうですね。ピアノ1本にアレンジされ、痩せが目立つようになっていた手で奏でられたTONG POOの演奏はこれまでの中で最もしっとり感、何となく寂しさのようなものも感じていました。(写真は録画を再生したTV画面を撮影したものです。)

2304DSC_0057.jpg
YMOではユキヒロさんのドラムが正確なピッチを刻み、細野さん、坂本教授の演奏する手元が見える..個人的な思いですがシンセサイザーのデジタル音に魅せられつつ、実はLive映像などマニュアルシンセを操る手の動き、アナログ感に感動していたのかな~ とも思います。また演奏の度にアレンジが違う、上記TONG POOは何バージョンあるやら..ピアノ+弦楽器での演奏もありました。これも人間臭さというか、アナログ感?と思います。
CD音源もあるんですが、今なお現役のアナログプレーヤーでPUBLIC PRESSUREを鳴らして自分なりの追悼をしました。書きませんでしたがユキヒロさんの訃報に接した際も同じことをやっています。私にとって音楽を聴くようになった原点ですからね。

2304DSC_0058.jpg
レコードプレーヤーはオヤジが遺してくれたものです。針の斜め45度方向の振動を拾ってステレオ電気信号に変換される..見て機構が分かるシンプルさがいいな~と思います。CDなどデジタルより柔らかめと思える綺麗な音を奏でてくれます。
私事ですがそのオヤジも坂本さんと同じ直腸癌を患い、15年程前に72歳で亡くなりました。何か重なる感じがあります。
進行してからの発見で再発があり、最期はとても苦しかったのを目の前で見ていますから私は毎年ドックを受けるようにしています。今年は引っかかってしまって先日大腸内視鏡も受けて来ました。5年前に一度やって相当キツイ検査であるのは知ってましたけど、やっておこう..です。幸い怪しいものは見つからなかったとの話で一安心ですが、早期発見が重要なんだと思います。

2304DSC_0056.jpg
私が最初に買ったレコードはYMOでした。数多くの楽曲は心に残り、これからも聴いていくことでしょう。でもお三方による生演奏はもう永遠に聴けないんですね。

高橋幸宏さん、坂本龍一さんのご冥福をお祈りします。
合掌

最後までご覧いただきありがとうございました。

(自分の主観が多数な内容なので、本記事のコメント受付は控えさせていただきます。)

スポンサーサイト



YouTubeの再生音質Up..出来んじゃん(笑) [Audio]

Posted by Toyohara Yamato on   0 

こんにちは。
今日は珍しくオーディオ絡みの話をしてみたいと思います。今まで私の装置では出来ないと思っていたYouTubeの高音質再生が出来ることに気付いた..という内容です。

2102DSC_8205.jpg
前にも書いていましたが、鉄道以外にもオーディオが趣味としてあります。親父がオーディオメーカー勤務だったことが強く影響しています。写真一番下は鉄道模型エリアで車両が並んでいますが、その上に家具と共にスピーカーやTVが乗ります。一応7.1chのサラウンド、フロントハイトスピーカーはあまり効いていないような気がするので5.1chでも良かったかもですが..フロントL/R とセンタースピーカーはいいものを、と値段的に背伸びしてTannoyを使っています。サブウーハーはJBLです。

2102DSC_8206.jpg
リアスピーカーもJBL 結構高い位置にあります。部屋のスペース都合です。

2102DSC_8207.jpg
余談ですが、自分の寝る場所の真上なので壁にガッチリ固定です。間違っても落ちてもらったら困る..命にかかわります(汗)。

さて、ここからが本題です。

2102DSC_8211.jpg
CDやBlueRayといったメディアを購入すれば綺麗にサラウンド再生が出来るんですが、問題はパソコンからYouTubeを再生する時でした。PCからアンプへHDMIを繋いでいますが、画像は出ても何故か音が出ない...仕方ないのでステレオピンジャックをアンプへ引いて再生していました。これじゃ音質が..難聴を抱えていても思いっきりわかります(笑)。
自分の鉄道模型動画などは別に音質にこだわる必要も無いですが、音楽の動画はちょっと,,,であまり聴いてきませんでした。

2102DSC_8209.jpg
そこで目に付いたのがこれです。PC上でYouTube動画画面下の”テレビで再生”ボタンを押すと、写真のTVの型式表示が出て来て”使用可能”と出て来ました。HDMIを直接PCからTVに引っ張ってないけど..と思いながらもやってみると..

2102DSC_8218.jpg
でっかいYouTubeのロゴが出て接続出来ちゃいました。Amp経由ですがTVと直接つながるようです。多分パススルーしているのでしょうね。

 2102DSC_8210.jpg
そのAVアンプの設定、PCから繋がったHDMIポジションにしてもやはり音は出ませんが、TV Audio つまりテレビから光ケーブルで送られてくる音声にポジション設定したらしっかりした音が出ました。まともにサラウンド再生出来んじゃん..
AVアンプはDENONのAVR-X4200Wを使っています。1世代前のX-4000を購入した時は音のクリアさがそれまでと大きく違うのにビックリ😲しました。アンプ、スピーカー更新では何度かこういう経験があります。しかし日常聴いていると段々それが普通になり..
こうして耳が”肥えて”行くんですよね。以前の音質ランクに後戻りはできない..(笑)。
オーディオにも上には上があり..お金に余裕があれば上を目指したいんですが、この位が限界かな。X-4000は確か4K信号に対応していなかったのでX-4200Wに買い替えたと思います。

TV_Cast_signal.jpg
多分ですけど、実線のように信号が流れているんでしょう。Ampを素通りしてTVから音声信号がまたAmpへ戻って来る というややこしい流れになっているので、劣化とかあるとは思いますが、今までのステレオピンジャックに比べれば格段の音質Upです。

2102DSC_8203.jpg
NASに保存している音楽を聴く時はアンプ(DENON AVR-X4200W)へデバイスキャストするので、アンプを素通りしてTVに直接デバイスキャストするという発想がありませんでした。たまたまボタンが目に付いて..押してみたら”何だ、出来るじゃない”って感じ・・(笑)。
この画面にもAmpとともにTVの表示が出ています。音楽も出来るのかな??

2102DSC_8213.jpg
そもそも何でPCからAVアンプにHDMIを繋いで音が出ないのか分かりません。あれこれ接続や設定を変えても全くダメでした。
PCはこれ、DELLのXPS-8100です。2台ありますがどちらも10年使っています。HDMIの出力が1系統しかなく、仕方ないので分配器を介してPCモニターとAVアンプへ繋いでいるのが関係しているのか?何か気付いていないことがあるのか、アンプやPCの仕様が古いのか?
アンプもどんどん色々な新しい接続に対応して行っているようですね。
多分知らずにいることが沢山あるんだろうな...。

PCはそろそろ買い替えの時期ですが..。数か月前に立ち上がらなくなって、いよいよお釈迦か?と思いましたが、マザーボードへの接続ケーブルの接触不良だったらしく、抜き差しをやってみたら”復活”しちゃいましたので、現役続投です(笑)。
スピーカーももう10年越えたしなー。

2102DSC_8217.jpg
ともあれYouTube上の音楽動画をまともに楽しめるようになりました。
今のご時世、配信ライブとかがあっても、音がなー で敬遠して来ましたが、これで聞いてみようか という気になります。YouTubeは動画は高音質で観れるようになっても、配信ライブが同じ方法で聞けるのかまだわかりませんが。

2102DSC_8214.jpg
最後に..最近買ったCoccoさんの”くちなし”です。新作CDの他にスタジオライブDVDが入っています。音楽の好みって人それぞれ、自分がいいと思ったものがいい と思うのであまり書きませんが、このスタジオライブ 絶品だと思います。私的に久々の大当たり..。
気に入ったら何度も聴く方なのでメディアを購入したのは全然OKなのですが、このライブが去年8月に生配信されたもの と知ってYouTubeとか配信系の動画音質が何とかならんかなー が今回のきっかけでした。

以上久々のオーディオネタ、最後までご覧いただきありがとうございました。

2102DSC_8219.jpg
P.S.Nゲージ 113系の整備は鋭意進行中、4両付属編成の室内灯入れ終わりました(笑)。

Audio~スピーカー故障? じゃなかった..

Posted by Toyohara Yamato on   0 

おはようございます。
今日はオーディオネタです。Yahoo時代、丁度1年前の4K放送開始前に書いて以来になります。
スピーカーから異音が出るようになって焦りまくり..結果的に意外な原因でセーフだった という話です。

1911DSC_3938.jpg
私は鉄道のみならず、オーディオにも興味ありです。親父(故人)がオーディオメーカー勤務だったのが大いに影響しています。このスピーカー、私にとっては高価なものを買いました。英国Tannoy製です。
Revolution Signature DC-6Tというモデルです。
これ、鉄道模型動画の中でチラチラ見え隠れしていたかと思います(笑)。

1911DSC_3943.jpg
Tannoyは、外側の低音部と中央の黒い部分=高音部が同一中心軸上にあるのが特徴です。音の定位感が増すとのこと。dual concentric とか同軸2Wayとか呼ばれているようです。
これのタイプ1つだけがドンと搭載されている高級機種もありますが、私のは今風のモデル、下側に低音補強のスピーカーがもう1つ、計2つ付いています。このメーカーは学生のころからいいなーと思いつつも高くて手が出ず、10年ちょっと前に決断し、購入しました。

ところが最近、低音の効いた音楽を鳴らすとRch 下側スピーカーからバリバリというかビービーというか、妙な異音が断続的に出るようになってしまいました(汗)。

マジか?故障か?と正直焦りました。修理に出すか、あんまり高いようなら下手すると買い換え?どっちにしてもかなりカネがかかりそうだなー と思っていたのですが..

1911DSC_3939.jpg
どこが悪いんだろう、バラす必要があり?などと見たり触ったりしていたところ、中心部の丸い銀色の部分が何か妙な感じなのに気づき、ちょっと力をかけてみたら ポロリ と外れました。

1911DSC_3941.jpg
剥がれた中心部の表(左)、裏です。下のスピーカーは低音専用なので、高音ユニットが無いのですが、その部分にはペーパーコーンと同じ材質?の丸いのを接着剤で貼っていただけなのね。
で試しに剥がれた状態で鳴らしてみたところ、全く異音は出ず..

どうやら接着剤が剥がれかかった状態で低音の振動がかかり、異音を発していたようです。

こんな原因だったんか!

1911DSC_3942.jpg
接着剤で貼り直し。今のところ何ら問題は起こっていません。やれやれ..一安心です。

とはいえ、スピーカーは常に振動するだけに”消耗品”。いつか修理やオーバーホールは必要になるでしょう。今回故障と思ったのでちょっと調べましたが、修理は結構高いし時間もかかるようです。本体丸ごと持ち込みは出来ず、スピーカー部のみを外して修理に出す なんて業者も...これ、バラすの?

多分アルミ製の外周部を外せば取付ネジ等が出てくるんだろうと思いますが、これも接着剤で固定されていると思われ、曲げたり傷付けたり..のリスクを冒して外す気は今のところありません。
問題なく鳴るうちは大事に使いたいと思います。

結果的にズッコケるような原因でしたが、鉄砲玉で修理に出していたら..と思うと、気づいて事なきを得られて良かったー と思います。高さ1m近く、1本16kg超ですから、運送代だけでも結構な金額になったでしょうしね。

以上fc2になってからは初のオーディオネタ、最後までご覧いただきありがとうございました。

このカテゴリーに該当する記事はありません。