fc2ブログ

重単5175(FC2版)

ED75,DD51中心の鉄道写真&鉄道模型 &たまにネコ

[続]2月の花輪線 DE10重連 オリエントサルーン

Posted by Toyohara Yamato on   0 

いつも”重単5175”をご訪問頂きありがとうございます。
今日は先日の続き、真冬の2月に花輪線を走った臨客ネタです。撮影は全て今から26年前の1996/2月です。 

199602[176P-23]土深井1930D
後述しますが、前日は一旦盛岡へ戻り、1泊して朝から好摩で廃止まで残り1か月程となった東北本線客レを撮影し、その後列車で花輪線入りのつもりでした。が、好摩の撮影現場で知り合った方に車に乗せて行ってもらえることになり、土深井付近まで..列車移動では到底間に合わなかった所まで連れて行ってもらえ感謝です。雪原を行くキハ58×2を撮影したりしつつ、DE10の臨客を待ちます。
土深井-末広 1930D

前日もDE10重連を撮影して、盛岡へ戻るまでの話↓ 

2月の花輪線 DE10重連 オリエントサルーン


199602[176P-25]土深井回9930
やがて”お目当て”が見えてきました。DE10重連が爆煙を上げています。客車は一瞬50系?にも見えますが12系改造の欧風客車”オリエントサルーン”、前日の返し運用です。

199602[176P-27]土深井回9930
遅れていた?何か急いでいた感、ノッチオンで黒い爆煙を上げて加速して来ます。

199602[175P-24]土深井回9930
DE10 1109[青]+DE10 1122[青]の重連でした。1122号機は今も盛岡所属の現役機、1109号機も?と思いましたが、北斗星色になって東武鉄道へ転籍してるんですね。写真の位置で吐く煙とノッチオンの位置、2つの煙の塊が見られます。いい感じ..😁。

199602[175P-25]土深井回9930
後追いです。DE10重連は再び爆煙..最後尾は尾灯を点灯させていますが、更に反射板が付いてました。
土深井-末広 回9930レ(4枚とも)

199602[175P-27]兄畑9930
その後も車に同乗させて頂き、何か所も撮影出来ました。
湯瀬温泉-兄畑 9930レ

199602[175P-28]小屋の畑9930
十和田南で方向転換しているのでDE10 1122[青]が先頭に変わっています。
小屋の畑-赤坂田 9930レ

199602[175P-29]東大更9930
背後の山がうっすら見える、これがこの日の臨客最後の撮影でした。1日楽しませて頂きました。
大更-東大更 9930レ

199602[175P-17]好摩527
同日早朝は盛岡から始発列車で好摩へ、ED75 756[青]牽引朝イチの客レは光線が足らず、逆光側へ回るもイマイチ映えず.. からスタート。
好摩-岩手川口 527レ

199602[172P-29]好摩529
続く客レも光線は上がったものの岩手山は雲の向こうに沈没(泣)で編成写真に..ED75 1038[青]牽引でした。
好摩-岩手川口 529レ

ここから列車移動では湯瀬温泉付近までが背一杯でしたが、撮影現場で知り合った方に同乗させて頂けたお陰で土深井の爆煙から撮影できた..ホント感謝です。かなり前の話ですがありがとうございました。撮影終了後はJR東日本の乗り放題切符使用再開、新幹線で東京へ戻ったと思います。

どうなるか自分にもわからない(笑)、行き当たりばったりの週末旅が終了、この時はいい風を掴めたように思います。寒かったですが楽しいひと時でした。

最後までご覧いただきありがとうございました。

鉄道模型記事についてはAmebloの方へUpとさせていただきます。
Ameblo版も合わせてご覧いただければ幸いです。

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 写真ブログ 鉄道風景写真へ にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ Blog村へ
 
鉄道コム 鉄道.comへ   

スポンサーサイト



2月の花輪線 DE10重連 オリエントサルーン

Posted by Toyohara Yamato on   0 

いつも”重単5175”をご訪問頂きありがとうございます。
今日は26年前、花輪線の臨客”オリエントサルーン”を撮影した写真を中心にUpしてみたいと思います。写真は全て1996年2月、花輪線になります。

199602[172P-27]鹿角花輪回9931
この日は”欲張りモード”😁、当日朝は白石付近で蔵王連山を絡めた撮影から始まりました。JR東日本週末乗り放題切符を使っていたので行程は自由、朝の撮影後新幹線で盛岡へ、花輪線は乗り継ぎが悪かったので高速バス(別料金)で鹿角花輪駅に降り立つという行程でした。駅外れの踏切で待つことしばし、DE10重連が到着した所と思います。湯瀬温泉で乗客を降ろして回送列車、見にくいですが乗務員さんがデッキから線路へ降りようとされています。

199602[175P-06]鹿角花輪回9931
駅に入って一撮、DE10 1109[青]+DE10 1122[青] 12系改造欧風客車”オリエントサルーン”でした。雑誌の臨時列車運転情報を頼りに”乗り鉄(バス)追っかけ”で臨客に先回りするという作戦成功です😁。

199602[175P-09]鹿角花輪回9931
この頃の花輪線はまだ腕木式信号機でした。
鹿角花輪駅 回9931レ(3枚とも)

199602[172P-28]鹿角花輪1936D
上りの普通列車が到着、懐かしのキハ52が先頭でした。結構な乗降客があります。DE10臨客はこの列車の交換は待つだろう と思いましたがいつ発車か?時刻が分かりません。下車された方々と一緒に自分も改札を出て、、
鹿角花輪駅 1936D

199602[175P-10]柴平回9931
タクシーで先回りです。あまり時間が無さそうと思ったので、地図を頼りにこの辺で..と降ろしてもらいました。(この頃はスマホなんて無く国土地理院の1/25000地図を持ち歩いてた..😅)列車はほどなくやって来たと思います。

199602[172P-30]柴平回9931
道路からの撮影、右側は踏切だったと記憶しています。何となく開けていそうなところで、次の駅柴平へ歩ける距離 の当てずっぽうで降ろしてもらいましたが、背後の山の雰囲気などそこそこアタリの場所だった気がします😁。
鹿角花輪-柴平 回9931レ(2枚とも)

199602[176P-06]十和田南回9931
柴平まで歩いて後続の普通列車に間に合い1駅乗車で、十和田南で再び停車している姿を捉えることが出来ました。奥の方は行き止まりで全列車進行方向が変わる”スイッチバック駅”、DE10は既に機回しを終えて逆側へ連結、1122号機が先頭になっていました。
十和田南駅 回9931レ

199602[175P-13]湯瀬温泉1940D
この日のDE10は撮影終了、翌日も撮影予定だったのですが、朝方は終焉間近を迎えていた東北本線の客レを撮影してから再び花輪線入りしよう とキハ58に揺られて盛岡へ戻ります。夕暮の湯瀬温泉でタブレット授受シーン、ボケてますが腕木式信号機も進行現示です。

199602[175P-13]安比高原1940D
陽が落ちた安比高原駅ではJRの帽子をかぶった雪ダルマがスキー客を出迎えていました。列車の窓越しに撮影したと思います。古豪キハ58や52に揺られて..、花輪線では”乗り鉄”も楽しめました。

翌日の撮影も色々展開があったのですが、その話はまたの機会にしたいと思います。

厳冬期でもDE10重連の臨客はあったし、JR東日本乗り放題切符で自由に行程組めたし、楽しかった頃と思います。白石から花輪線入りも思い描いたプランの1つで最初から決めていた訳ではなかった筈、天候の様子や当日の気分次第だったんじゃないかな。新幹線の車内で次はどこへ行こうか?どっちにいい風が吹いてるかな~?なんて悩むのも楽しいひと時でした。宿も出発前に予約していたことは殆どありません、どこへ行くかわからないですから(笑)。

最近は新幹線や特急で”○○~○○まで指定席”みたいな乗り方ですが、乗ってしまっては変更が効きませんし相当割高です。また乗り放題切符で行き当たりばったりの気まぐれ旅をしてみたいですね~(笑)。

最後までご覧いただきありがとうございました。

鉄道模型記事についてはAmebloの方へUpとさせていただきます。
Ameblo版も合わせてご覧いただければ幸いです。

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 写真ブログ 鉄道風景写真へ にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ Blog村へ
 
鉄道コム 鉄道.comへ   

花輪線 DE10重連オリエントサルーン

Posted by Toyohara Yamato on   0 

こんにちは。
今日は花輪線で撮影した写真を中心にUpします。

199609[B0022S-03]扇田9930A
25年前の9月、DE10重連が仙台の12系改造欧風客車”オリエントサルーン”を牽引して花輪線を走行しました。実は以下リンク、去年Upした奥羽本線撮影の続きです。レンタカー利用”白陣”での撮影後、こちらに回りました。秋らしい空の下、米代川を渡って行きます。見にくいですが軽トラの脇に人が立っています。”珍しいのが走ってるなー”と見送られてる感じ、どうやら同業の方ではなさそうでした(笑)。

9月 朝の大館~白陣付近にて


199609[B0022S-05]扇田9930A
DE10 1536[青]+DE10 1762[青] 花輪線の臨客は必ずといっていいほどDE10重連が牽引に当たりました。こんな楽しい列車が運転されてたんですよねー。回送で乗客の姿はまだ見られません。
1996/09 花輪線(特記以外以下共通) 東大館-扇田 回9930レ(2枚とも)

199609[B0022S-07]湯瀬温泉9930A
次に構えたのが湯瀬温泉の手前、山間のいい感じでした。

199609[B0022S-07]湯瀬温泉9930Atr
上の画像をトリミングしたもの、67版ですから解像度には余裕があります。花輪線は十和田南で方向転換があり、機回しが行われた筈です。機関車の順序が逆転してDE10 1762が先頭になっています。その十和田南から客扱いだったようです。

199609[B0022S-08]湯瀬温泉9930A
手前まで引っ張って編成は入りましたが、角度的には最初の方がいいかなー。
八幡平-湯瀬温泉 9930レ(3枚とも)

199609[B0022S-11]湯瀬温泉3931D
湯瀬温泉では列車の交換待ち停車がありました。対向の列車が入って来ます。腕木式信号機が残る時代でした。

199609[B0022S-12]湯瀬温泉9930A
腕木式信号機が青現示、臨客発車、DE10重連が全開で加速して行きます。いい感じ..。
湯瀬温泉駅 3931D/9930レ

199609[B0023P-01]田山9930
重連牽引ながら足は遅く、レンタカー運転で余裕で抜き返せちゃいました。赤い機関車に赤い客車が似合います。
田山-横間 9930レ

199609[B0023P-03]赤坂田9930
セミセンターキャブのDE10,私はショートノーズ側を好みます。重連型の象徴、KE70開放栓ケーブルが付くのもこちら側でしたし..
赤坂田-安比高原 9930レ

199609[B0023P-06]北森9930Atr
山岳区間をあえぎつつ走り、平地へ降りて来ました。もうすぐ好摩、東北本線へ合流です。
北森-平舘 9930レ

199609[B0024S-03]渋民9937
1枚だけ東北本線です。オリエントサルーンを盛岡まで牽引して行ったDE10重連、ED75へバトンを渡したはずです。返しはそのED75が牽引して来た”ふれあいみちのく”を牽引して花輪線へと戻って行きます。効率のいい運用が組まれていました。
東北本線 渋民-好摩 9937レ

もう25年前になりますが臨客が数多く運転されていた頃、この日はデーイー三昧を楽しめました。
最後までご覧いただきありがとうございました。

鉄道模型記事についてはAmebloの方へUpとさせていただきます。
Ameblo版も合わせてご覧いただければ幸いです。

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 写真ブログ 鉄道風景写真へ にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ Blog村へ
 
鉄道コム 鉄道.comへ 

2月 東北本線から花輪線へ2.田山でDE10重連

Posted by Toyohara Yamato on   0 

こんにちは。
前記事(直前にUpしています。)の続きです。
東白石で撮った14系臨客は湯瀬(現湯瀬温泉)までの運用だったので、DE10重連牽引が見られるだろうと花輪線へ向かいました。
仙台から新幹線乗車で盛岡へ。そこから花輪線の接続列車が無く、初の大館行高速バスに乗車でした。

199502[083P-35]田山9931
下車したのは田山バス停。当時花輪線は殆ど撮影経験が無く行き当たりばったり、東北道田山SAのトイレ休憩で外に出たところ、割と近くに線路が見えたので”ここで降ります~”と。この田山SAはバス停でもありました。で、何となく撮れるかな?とSAから遠目に見えた跨線橋へ向かい、構えます。
DE10のヘッドライトが見えて来ました。

199502[084D-02]田山9931
DE10重連14系はこの時が唯一の撮影でした。

199502[087V-02]田山9931
DE10 1122[青]先頭、重連牽引の純国鉄型編成、えがったー-。
客車も”赤ほっぺ”ではなくライトが赤く点灯しています。
当時はスマホも航空写真も無く国土地理院の地図だけが頼りの時代、ほぼ”直感”だけで田山下車を決断した 割にはいいアングルを作れたように思います(笑)。
1995/02 花輪線 横間-田山 9931レ

この後、田山駅まで歩いて(距離感分からず迷い気味で..)花輪線~新幹線と乗り継ぎ東京へ戻りました。週末フリー切符があったからこそやれた行程だったと思います。

199502[083P-34]田山3932D
順番が前後しますが、臨客登場前に走って行った快速列車。キハ52+58も懐かしいです。当時はこれが当たり前 でしたが。臨客はこの列車と荒屋新町交換のダイヤだったようです。花輪線内の時刻も正確に分からず高速バスの中ではヤキモキしましたが、結果的には時間に余裕はありました。
1995/02 花輪線 田山-横間 3932D

以上2月の東北撮影行2部作、最後までご覧いただきありがとうございました。

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 写真ブログ 鉄道風景写真へ にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ  Blog村へのリンク
 

イメージ 14 鉄道.comへのリンク(Blogページへ)

DE10重連 急行ホワイトスノー安比号

Posted by Toyohara Yamato on   0 

こんにちは。
今日は花輪線の実車ネタ 安比高原まで運転されたスキー臨、寝台急行ホワイトスノー安比号です。
上野からEF81牽引で盛岡へ、ここで数両を切り離して24系5連の編成となり、機関車はDE10重連に代わって安比高原まで入っていました。冬の花輪線にDE重連は面白い!と何度も通いました。

199901[B0412S-09]安比高原回9915A
雪景色を背に行く純国鉄型..。花輪線DE10臨客、もう一度見てみたいですね。
ここは安比高原より先、折返しができないため荒屋新町まで延長で運転されていました。なので実質回送列車ですが、冬場の朝早くスキー場最寄り駅に着く列車、光線条件を考えると安比より先での撮影が多くなりました。20分程の停車時間の間に光線条件は随分改善しました。
1999/01 花輪線(以下同様 記載略) 安比高原-赤坂田 9915レ

199701[B0076S-03]好摩回9928A
順番が前後しますが、これが初撮影の1コマ。荒屋新町から折返して来た回送列車です。
ここは東北本線との分岐点からそう遠くない場所、ED75撮影の合間にちょこっと歩いて行って撮影した といったところでしたが、この後、例によって?ハマって行きました(笑)。この時雪が無かったので、スキー臨は雪景色で撮りたい..は自然の流れだったかもしれません。
1997/01 東大更-好摩 回9928レ

199801[B278S-03]小屋の畑9915A
DE10は1109、1122号機のコンビ牽引が多かったです。Nゲージもこの機番にしています。
→ N-Gauge 難しかったD E 1 0の重連運転(C62との共演動画有)
(この記事でNゲージのDE10、台車構造や円滑な重連運転についてなど書いています。)
スキー臨でしたが、”シュプール”の名は冠しませんでした。
1998/01 安比高原-赤坂田 9915レ

199901[B0412S-12]小屋の畑回9928

199901[B0414S-01]屋の畑回9928A
DE10といえばA-A-A-Bの台車が特徴、これを出したいと下から煽るアングルを企画しましたが、雪の壁が思ったより高くて..
でも印象深いポジになりました。これも後追い が好みかな。
1999/01 小屋の畑-赤坂田 回9928レ(2枚とも)

199903[B0432S-01]安比高原回9928A
ここは晴れると雪の照り返しが強く、露出オーバーになるケースが多かったです。
1999/03 赤坂田-安比高原 回9928レ

199903[B0431S-04]安比高原
番外編..上の写真の撮影後、駅前に”整列”する鳥3羽??
1999/03 安比高原駅

列車は2002年まで運転、私が撮影に出向いたのは2000年頃までです。もう20年経つんだな。
以上花輪線DE10重連スキー臨ネタ、最後までご覧いただきありがとうございました。

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 写真ブログ 鉄道風景写真へ にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ  Blog村へのリンク
 

イメージ 14 鉄道.comへのリンク(Blogページへ)

このカテゴリーに該当する記事はありません。