fc2ブログ

重単5175(FC2版)

ED75,DD51中心の鉄道写真&鉄道模型 &たまにネコ

ED75 1004 [機番シリーズRe002-1]

Posted by Toyohara Yamato on   0 

今日はED75機番シリーズNo.002のリニューアル版 1004号機Chapter-1です。写真を大幅増して、1999年までの活躍の姿をUpします。

いつもご訪問頂きありがとうございます。以下本編です↓。

ED75 1004 1968年落成[日立] → 1978~ → 1980~ → 1987~
国鉄時代は青森、福島,長町、盛岡と所属区を転々とし、民営化でJR貨物へ継承されます。

198705[N019-19]好摩3064
JRになって最初の春が初撮影でした。コンテナ貨物列車を重連牽引です。前面窓にはデフロスタが見られます。コンテナはJRになってもほぼ国鉄形そのままでした😁。
1987/05 東北本線(以下同様) 岩手川口-好摩 3064レ

198908[N045-22]白河4089
1004号機はその後まもなくJR貨物試験塗装(通称パンダガマ)化されます。私にとっては何だかな~という塗装、複雑な塗分けが施されるのは今も好みではありません😅。パンダ時代はあまりシャッターを押していませんでした。
1989/08 白河-久田野 4089レ

199603[186P-15]奥中山3053
パンダ+白の重連が行きます。この写真を出してきたのは..デフロスタが残っているんですね~。ちょっと調べた所、最も遅くまでデフロスタ付きで引っ張ったナナゴーだったんじゃないかな?こういう機関車が..何でパンダ塗装かな~?😅。
1996/03 御堂-奥中山 3053レ

199704[B0144P-06]小繋3063
その後全検を通り国鉄色に戻りますが、同時にデフロスタも無くなったようです。やっぱナナゴーは赤2号1色でしょ?😁。屋根は既に汚れていましたが、まだ綺麗な姿に見えます。
1997/04 小繋-小鳥谷 3063レ

199711[B0233S-12]渋民3053
1004+1012白の重連がコンテナ満載の貨物列車を牽引です。白ガマ化は1000番台を優先して施工されたようで、赤ガマP形は”貴重品”になっていました。1004号機はパンダから一転、優先して撮影するカマになっていました😁。
1997/11 滝沢-渋民 3053レ

199802[B0295S-06]盛岡3053
盛岡を発車する1004号機を跨線橋上から撮影していました。これも次位が白ガマだったので前面アップだったようです。ジャンパ栓が沢山の1000番台前期形、いい顔立ちだったと思います。
1998/02 盛岡駅 3053レ

199805[B0336S-05]渋民3065
岩手山麓を行く1004号機です。陽が陰っちゃったんですが😅、製造銘板とEnd表記に金色の光沢感があることに気づきました。もしかして全検時に磨き出しがかけられていた??晴れ条件で撮影したかったですね~。
1998/05 渋民-好摩 3065レ

199805[B0337S-08]小鳥谷3060
上り列車ではあまりやらない(KE77開放栓ケーブルが無いから..😅)前面アップをやっていました。空の表情が良かったからかな?5月の終わりでしたが夏空みたいでした。
1998/05 小鳥谷-小繋 3060レ

199902[B0426S-02]八戸4078
雪まみれで八戸に到着した1004+97の重連です。片尾灯点灯で一休み?日中真っ白(白ガマばかり😞)でようやく赤赤重連に巡り合えた1コマだったように記憶しています。新幹線駅が出来る前、あまり広くなかった跨線橋が懐かしいです。

199902[B0426S-06]八戸4078
顔一面に雪がかかった1004号機、8-8 郡山工の検査表記が見られます。運転室内のライト(白熱球?)がイイ感じ😁。
1999/02 八戸駅 4078レ (2枚とも)

199902[B0430S-12]盛岡1552
こちらは盛岡駅に到着した106+1004号機の重連です。やはり銘板、End表記に磨き出し?が入っているように見えますね~。
1999/02 盛岡駅 1552レ

Chapter-1はここまで、-2に続きます。
最後までご覧いただきありがとうございました。

鉄道模型記事についてはAmebloの方へUpとさせていただきます。
Ameblo版も合わせてご覧いただければ幸いです。

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 写真ブログ 鉄道風景写真へ にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ Blog村へ
 
鉄道コム 鉄道.comへ   

スポンサーサイト



ED75 74 [機番シリーズRe001-3]

Posted by Toyohara Yamato on   0 

今日はED75機番シリーズのNo.001 74号機リニューアル版のChapter-3です。JR化後の現役トップナンバーとして活躍したラスト3年間の姿をUpします。

いつもご訪問頂きありがとうございます。以下本編です↓。

199810[B0374S-07]松川5561
ワムハチ6両という身軽な貨物列車を牽引してやって来ました。74+1039、トップ&ラストナンバーの重連です。次位の機番が分かる写真は..失敗作でした😅。
1998/10 東北本線(以下同様) 松川-金谷川 5561レ

199902[B0427S-04]苫米地3061
冬の朝陽を浴びてJR化後のトップナンバーが行きます。この頃は面がはみ出すように..という撮影をよくやっていました😁。
1999/02 苫米地-北高岩 3061レ

blog_import_5c8cf60c2e61f.jpeg 
初夏の夕暮れ時を重単が行きます。得意の後追い?😁イイ感じで74号機の顔を強調出来ました。Blogトップ画像(加工)に使っている写真です。
1999/05 奥中山-御堂 単5260レ

199908[B0491S-03]岩沼4089B
こちらは夏真っ盛りの早朝、1038+74の重連が行きます。カマ次位のコンテナ積載が無かったので74号機の顔を出せた..両尾灯点灯でした。
1999/08 槻木-岩沼 4089レ

200001[B0568-05]小繋3051tr
背後の木々がいい雰囲気だったので列車を右に寄せたアングルを作っていました。機番を読めていた訳では無かったと思いますが前ソ74号機、次位は土崎全検車に見えますからこれで正解かな😁。
2000/01 小繋-小鳥谷 3051レ

200005[B0613-02]小繋3067
新緑から初夏へ移る頃の峠道を行きます。次位が白ガマなんですが上手く隠れたかな?😁。
2000/05 小繋-小鳥谷 3067レ

200010[B0678-12]越河3055
100km/hの高速貨物列車スジを元気に牽引です。次位に74号機が入ると読めていたのか?連結面流しをやっていました。
2000/10 貝田-越河 3055レ

200010[B0682-04]越河3058
お立ち台ポイントを74+105牽引のコンテナ貨物列車が行きます。雨の中頑張って撮影していましたが、これが74号機の走りを撮影できたラストでした。
2000/10 白石-越河 3058レ

200010[B0684-08]黒磯4051
同じ日、翌日から出勤にも関わらずまっすぐ帰らずに夜の黒磯に寄っていました。逆順~105+74号機で北へ向かう列車の発車待ちです。74号機が引退間近という情報があったのかも知れません。実際これが74号機のラストカットでした。

この後間もなく廃車になっています。H6=1994年の全検から6年余り、検査切れでしょうね。1989年の車籍復活から10年、現役トップナンバーとして活躍した記憶に残る機関車でした。

最後までご覧いただきありがとうございました。

鉄道模型記事についてはAmebloの方へUpとさせていただきます。
Ameblo版も合わせてご覧いただければ幸いです。

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 写真ブログ 鉄道風景写真へ にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ Blog村へ
 
鉄道コム 鉄道.comへ   

ED75 74 [機番シリーズRe001-1]

Posted by Toyohara Yamato on   2 

今日は撮り鉄ネタ、ED75機番シリーズのNo.001 74号機記事をリニューアルします。2019年開始の”機番シリーズ”最初にUpしましたが非常にあっさりした内容で写真を6枚Upで終わりでした。今回写真を増やし、内容も見直します。74号機はJR化後の現役トップナンバーを長く務めた機番で写真は豊富、ネガ撮影時代だけで1回分の記事=Chapter-1になっちゃいました😅。

いつもご訪問頂きありがとうございます。以下本編です↓。

ED75 74 1966年落成[日立]
国鉄時代は仙台から長町..仙台地区所属で通しました。

198508[N005-24]白坂8106tr
国鉄時代に1度出会っていました。12系の臨時夜行急行を牽引です。露出が無く苦し紛れに流し気味で撮影したもの、トリミングが入っています。この時点ではデフロスタが付いていました。この後国鉄民営化前に一度廃車になります。
1985/08 東北本線(以下同様)新白河-白坂 8106レ

198904[N039-08]平泉5261
JRになってから2年になろうかという1989年春、好調な貨物輸送需要に対応するためJR貨物に”車籍復活”です。復活から間もない頃の撮影、綺麗に整備されて車扱貨物列車の先頭に立ちます。以後長きにわたりナナゴー現役車のトップナンバーを務めます。
1989/4 平泉-前沢 5261レ

198911[N056-15]東白石4085
ヒサシ付の車籍復活機が元気に走る姿を見れるようになったのは嬉しい出来事でした。蔵王連山が雲に覆われて見えなかったのでこんなアングルで撮影したんでしょう、曇天ながらカバー無しの床下機器もしっかり写って撮影当時は結構気に入っていた1枚でした。復活時にデフロスタは撤去されたと思われます。
1989/11 東白石-北白川 4085レ

199008[N087-04]白河8186
渋い車扱貨物列車を牽引して来ました。来ないこともある臨貨スジで編成短め、アングルとしてまとめやすい列車でした。
1990/08 久田野-白河 8186レ

199111[N136-10]白河4089
74号機は何故か?Hゴムのグレーが濃く、ちょっと変わった雰囲気に見える機関車でした。次位にパンダガマを従えた重連で高速貨物列車を牽引です。
1991/11 白河-久田野 4089レ

199112[N137-22]東白石3081
3枚目のリベンジ?晴れた蔵王をバックに撮影していました。これも高速貨物列車を重連牽引、次位機とのHゴム色の違いが分かるかと思います。
1991/12 東白石-北白川 3081レ

blog_import_5c8cf6042edcf.jpeg 
ヒサシ付の引き締まった顔立ちがイイ感じです。連結器左は旧式のKE63ジャンパ栓、丸みを帯びたスカートなど0番台中期車(50~100号機)の特徴が見られます。
1992/03 松川-金谷川 4089レ

199206[N162-21]白河単5170
車扱貨物のスジなんですが、この日は単回だと読めていたのかな~、好み?の後追いアングルでした😁。周遊券を片手に前日は奥羽本線鶴ヶ坂での撮影、青森から102レ急行八甲田車内で夜を明かし朝4時過ぎに白河到着、早速撮影を始めた朝の1コマでした。こんな行程を組めたのも懐かしいです。今は体力が続かないでしょうけど😅。
1992/06 久田野-白河 単5170レ

199206[N163-09]白河4087
同じ日、黒磯からの返し運用です。元気にコンテナ貨物列車を牽引して行きました。
1992/06 白河-久田野 4087レ

大変あっさり終わっていた初期の機番シリーズ記事を、こんな感じで写真や内容のリニューアルして行きたいと思います。74号機はChapter-2に続きます。

最後までご覧いただきありがとうございました。

鉄道模型記事についてはAmebloの方へUpとさせていただきます。
Ameblo版も合わせてご覧いただければ幸いです。

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 写真ブログ 鉄道風景写真へ にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ Blog村へ
 
鉄道コム 鉄道.comへ   

ED75 1039 [機番シリーズNo.171-3]

Posted by Toyohara Yamato on   0 

今日はED75機番シリーズのラストNo.171、1039号機のChapter-3です。1998~2001年撮影の写真をUpします。ポジScanをやっていてあれっ?と気づいたことも..

いつもご訪問頂きありがとうございます。以下本編です↓。

199812[B0411S-01]鏡石5173
1039号機は引き続きJR東日本 青森に所属し活躍を続けます。朝の車扱貨物列車を牽引、陽が昇ったばかりのイイ光線でした。
1998/12 東北本線(以下同様) 矢吹-鏡石 5173レ

199806[B0343S-09]盛岡3080
ナンバープレートと銘板を撮っていました。昭和51年製造=ナナゴーの末っ子 を示そうと撮影したものと思いますが..

199806[B0343S-09]盛岡3080tr
床下機器を拡大した写真、平滑リアクトル箱に矢印、”倚数号車用”の表示があるのに気づきました。これは何を意味するんだろう?確かに1039号機は奇数号車ですが、ニンベンが付いてるし???他に見た記憶が無い表記でした。
1998/06 盛岡駅 3080レ

199905[B0456S-11]三戸3080
次位がJR東日本機(赤確定)で後ろから狙った重連貨物列車、Chapter-2では真上から撮ってましたがこの時は118+1039号機だったのでサイドを出して..ナンバーに影がかかっちゃいましたが😞。
1999/05 三戸-目時 3080レ

199909[B0503S-12]白坂5170
首都圏~郡山を結ぶタンク貨物列車を牽引です。今も運転される列車ですが、緑タキは短期間?あまり撮影の機会が無かった気がします。
1999/09 白坂-豊原 5170レ

200006[B0625-10]小繋9528
12系改造の欧風客車オリエントサルーンを牽引、赤い機関車と客車で編成美です。オリサル塗色機より赤いP形の方が断然好みでした😁。
2000/06 小鳥谷-小繋 9528レ

200008[B0651-07]三戸9525
珍しく東北本線に津軽海峡線用の50系5000番台が入ったので撮影していましたが、車体にドラえもんのシールベタベタはちょっと..😅、であまり客車を強調しないアングルを選んだ記憶があります😁。
2000/08 目時-三戸 9525レ

200008[B0657-01]貝田4081
有名撮影地、峠道を1039先頭の重連が行きます。サミットまでもう少し..
2000/08 藤田-貝田 4081レ

200102[256-10A]石鳥谷9534
12系お座敷”ふれあいみちのく”を牽引です。”お座敷列車ゆったり号”として盛岡-一ノ関間を往復しました。真冬に企画列車があったんですね。
2001/02 日詰-石鳥谷 9534レ

200102[B0754-07]盛岡9545
一ノ関から盛岡へ戻るのは暗くなってから..1039号機が切り離されます。
2001/02 盛岡駅 9545レ

200102[256-17A]六原9534
3日間にわたり運転された最終日、吹きっさらしの跨線橋で待ちましたが、滅茶苦茶寒かった記憶があります😅。連日1039号機の牽引でしたが、これがJR東日本在籍時代のラストカットになりました。
2001/02 六原-金ヶ崎 9534レ

Chapter-3はここまで、Chapter-4へ続きます。
最後までご覧いただきありがとうございました。

鉄道模型記事についてはAmebloの方へUpとさせていただきます。
Ameblo版も合わせてご覧いただければ幸いです。

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 写真ブログ 鉄道風景写真へ にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ Blog村へ
 
鉄道コム 鉄道.comへ   

ED75 1039 [機番シリーズNo.171-2]

Posted by Toyohara Yamato on   0 

今日はED75機番シリーズのNo.171、ラストということでラストナンバーの1039号機Chapter-2です。1995~98年撮影の写真をUpします。

いつもご訪問頂きありがとうございます。以下本編です↓。

199506[106P-18]更科1221
Chapter-1に引き続き、1039号機は活躍を続けます。磐西の始発客レの先頭に立ってやって来ました。
1995/06 磐越西線 翁島-更科信 1221レ

199511[145P-26]小繋533
秋の峠道を客レが行きます。半逆光位で紅葉が映える..こういうのが好みでした😁。
1995/11 東北本線(以下同様) 小繋-小鳥谷 533レ

199602[177P-31]東白石4085
JR東日本機ですが、定期貨物列車の運用もありました。重連の先頭に立ってコキ車を牽引です。国鉄→JRになって10年近くでしたが、まだ緑に白帯=国鉄形C20コンテナが積載されているのが分かります。
1996/02 東白石-北白川 4085レ

199603[196P-02]小鳥谷524
春を迎えようかという頃、1039が50系を牽引、客レの引退が迫っていました。
1996/03 小鳥谷-小繋 524レ

199603[187P-28]小川原533
同じ日の返し運用、小川原湖をバックに真横から撮っていました。
1996/03 三沢-小川原 533レ

199608[B0018P-09]岩手川口3063
初夏の青空の下、1039+116の重連で高速貨物列車を牽引です。オレンジ色のコキ350000台が繋がっていました。
1996/08 好摩-岩手川口 3063レ

199705[B0154S-02]三戸3080
Upしたことのある写真かも知れませんが😅、後追いでカマ次位コンテナが抜けたのでヨカッタ..というアングルです😁。次位はJR東日本機の定期運用(赤確定!)、前ソはシロガマが読めたので真上から撮影したんだと思います。碍子が緑;土崎全検を通ってから日が浅く、綺麗な姿です。
1997/05 三戸-目時 3080レ

199708[B0212S-05]黒磯8009
夕暮れ時の黒磯で、24系銀カニ(銀帯のカニ24)に連結される1039号機です。

199708[B0212S-08]黒磯8009
その列車は..カートレイン北海道でした。
1997/08 黒磯駅 8009レ(2枚とも)

199708[B0213S-02]仙台8009
仙台へ先回りしてもう1回撮影 も、左の455系が居たので編成を出せませんでした😅。それでも後方に車を搭載したワキ10000の姿が見られます。
1997/08 仙台駅 8009レ

19980124[B0288S-03]盛岡3087
重連の次位で発車して行く1039号機です。9-1 土崎工の検査表記が見られました。
1998/01 盛岡駅 3087レ

1039号機のChapter-2はここまで、Chapter-3へ続きます。
最後までご覧いただきありがとうございました。

鉄道模型記事についてはAmebloの方へUpとさせていただきます。
Ameblo版も合わせてご覧いただければ幸いです。

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 写真ブログ 鉄道風景写真へ にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ Blog村へ
 
鉄道コム 鉄道.comへ   
 

該当の記事は見つかりませんでした。